ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式の作品情報・感想・評価

「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」に投稿された感想・評価

葬式で、故人の趣味は暴露しない方が、生きてる人たちの交流のためだし、葬式では派手なことは自重した方がいい(おうちに帰ってから吸いましょう)。
葬式コメディとしてはベスト。
(他にあったら教えてください。)
父の葬儀を執り行うことになった青年が、父親の秘密を握っている人物によって、高額の手切れ金をゆすられてしまう。葬儀に集まった人々が織りなす、ドタバタ群像劇。マペット操者として有名なフランク・オズの作品。

冒頭部分は「葬式」という行為をミニマムに描いている群像喜劇の雰囲気。「めんどうくさいけれど、やらないと後ろめたい気持ちになる感覚」だとか、「喪主のまったく知らない人が式場に居座っているときの気味の悪さ」だとか、世界共通項とも言える要素が活用されている。

中盤部に入り、幻覚剤というアイテムが登場すると、一気にブラック風味のハリウッド・コメディへと変容。幻覚剤を誤用した参列者のラリラリ劇と、生前の父に関連した「ゆすり」行為が並行して展開する。

幻覚剤の混入はともかくとして、父の趣味嗜好に関するシークエンスでは「取るに足らないことで揉めているだけ」という印象が強い。言うほどショッキングではないと感じられるが、偏った映画ばかり鑑賞している私のほうに問題がある可能性大。
リリコ

リリコの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

好きなコメディ映画のひとつ。
葬式に集まった人がどんどんバカをしていくというシンプルなストーリー。
なにも考えずにただ楽しめる映画。
豆男すきだわー
前半スカした感じで何か匂わせつつ、後半のいかれ具合がいい。
お葬式という絶対笑ってはいけない状況なのがまたね。自分は関係ないし
お葬式という暗いテーマをここまで笑いに変えられるのはすごい。
みつを

みつをの感想・評価

3.5
カオスオブカオスな葬式の映画。けど現実にもありそうな親族同士のイザコザがリアルで、くすぐり笑いが絶えない系でした。最後の弔辞は見応えありで、やっぱり葬式の後って何故か身内同士が打ち解け合う傾向にあるなと再確認しました。
短くて見やすくて、ドタバタでほっこり♪
良かったです(´ᴗ`*)
どこかの謳い文句に「ハリウッド版おくりびと」とあったんだけど…え?です笑
ドタバタホームコメディー。ワンシチュエーションとは思えないほどに次々とハプニングが起こって、最後まで勢いのある映画だった。サイモンのキマり具合が真に迫ってて好き。しかし全体的に少し詰め込み過ぎな気がして、途中で気持ちが切れてしまった。終わり方も、無理やりとまでは言わないけど、なんとかこじつけた感じがしてしまって残念。最後のシーンは好きだったけど。
クリップからの観賞作品

本当にちょっとおかしな感じで鼻笑いから始まり、いつしか声が出る笑いへ引っ張られてしまったな~流れがうまい!
色々なトラブルが無理なくスムーズ!そして大袈裟じゃないリアクションをしなくても自然に笑えるてのがこの映画の面白いところかも!

全然笑いを誘ってないんですよ!親戚一同皆真剣なんだよね~そこが笑える!

誰一人知らない俳優さんばっかりなのに(知識不足です)演技力ありすぎ、特に表情いいね!

最初の棺の中身はト◯ンプ大統領?!じゃないよね??

5分て意外と長いんやな~と思った1本となりました。
所詮ブリティッシュコメディ。馬鹿なことやるにもいちいち理由つけて生粋の馬鹿が出てこない感じが英国っぽい。ピーター・ディンクレイジは100点。
MAITY

MAITYの感想・評価

4.2
これは相当おかしい!父親の葬儀。見知らぬ男が父の秘密を暴露。あっちこっちで散々。みんなキャラ濃すぎ最高。真面目に必死すぎてめちゃくちゃおもろい!笑っちゃダメなのってどうしてこんなに笑えるんだろ。ツボすぎた。最後いいこと言ってんのに全然響かないひたすら笑える。オープニングもエンディングも可愛い☺︎

✎監督 ヨーダ
Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.5
サイモンの一人勝ちかなー。かなりイっちゃってる。登場人物が多いので人間関係がちょっと複雑。まー、そんなの気にしないでも普通に楽しめるけどね。
>|