紅い襷 La Chronique de TOMIOKA 富岡製糸場物語の作品情報・感想・評価

「紅い襷 La Chronique de TOMIOKA 富岡製糸場物語」に投稿された感想・評価

TS

TSの感想・評価

3.4
【近代日本の発展に貢献した工女等】74点
ーーーーーーーー
監督:足立内仁章
製作国:日本
ジャンル:ドラマ
収録時間:100分
ーーーーーーーー
 前日富岡製糸場に行った時に、売店に売っていたので購入して鑑賞。はっきり言うと、映画としてはかなり脆弱な部分があり、予算から見るクオリティは朝ドラレベルかと思うのですが、説明的なところも含めて勉強になりましたのでこの点です。ただし、残念ながら映画としての完成度はあまり高くないです。

 明治維新期、日本で最初の官営模範工場となったのが2014年に世界遺産にも登録された群馬県の富岡製糸場です。当時の日本の技術の吸収は凄まじく、何とか列強に追いつこうと、自国の文化を脱ぎ捨ててまで切磋琢磨していきます。繭からとれる絹の生産に目をつけた日本政府は、フランスからポール・ブリュナを迎え、大量生産を考えていくのです。その絹を作り上げたのが工女と言われる方々です。今作は実在した工女である横田英を主人公に話が進んでいくものになっています。

 歴史をあまり知らなくても丁寧に解説が加えられてます。ここが映画的ではなく、資料館の各コーナーで説明されてるかのような仕様ですが、敢えてここは気にしないでおきましょう。工女の1日の暮らしや苦労も垣間見れたので面白かったです。意外だったのが、そこまでブラックではなかったということ。まあ実態はわかりませんが、一応形式上勤務時間は一日7時間45分。また工場内は緊張感はあるものの、みな一等工女を目指し励まし合い仕事をしています。一等工女になると赤の襷をもらえるので、今作のタイトルはそれを目指す工女たちの物語となっています。

 近代日本の発展に貢献した産業遺産とその人々を追うドキュメンタリータッチの映画。歴史を知るには良い教材であると思います。
Junichi

Junichiの感想・評価

3.4
深谷市民として渋沢栄一の描き方がカッコ良くて嬉しかった。努力や気持ちが報われるのがいい。出身地差別のシーン、フランス人がいなかったら、なあなあで差別したままで押し通してた気がする。
俳優陣の演技に芯が通ってていい。

挿入される文字フォント、建物が景色のみのシーンが少しチープに感じられるものの退屈な時間は無く、堅実な映像作品だと思った。漫画原作ばかりの邦画より随分マシですよ。
松嶋秀

松嶋秀の感想・評価

2.5
歴史を勉強できる映画と、"話"を見せる映画のちょうど中間くらいといった感じ。
なので、見やすいは見やすいが、悪く言えばどちらをとっても中途半端。
もうちょっと富岡製糸場の裏話など、掘り下げて欲しかった。
鶴ちゃんのくだりは必要だったか?
磨

磨の感想・評価

3.4
すごい気になってたのに、上映館が少なすぎて観るかどうか迷ってた作品。
時間があったので急遽観る事に。
案の定、駅から少し遠いミニシアターで名古屋市内で迷う。なんとかギリギリに到着(苦笑

だいたい想像通り、良かったですよ
なんかNHKスペシャルかBSの特別ドラマみたいだったけど‥
一部の話を除き、概ねいい話ばかりだけど、わかりやすくていい。

主人公の英ちゃんは《富岡日記》を著した実在の人物。弟がいたけど、後で調べたら2人とも後の判事と大臣との事。

全国国民的美少女のグランプリ獲得の吉本実憂ちゃん、久々に見たけどかわいかった
nan

nanの感想・評価

4.0
女性は美しいなあ。
日本やフランスの服飾や文化なども堪能できた。
ひらが

ひらがの感想・評価

3.5
舞台挨拶付きで鑑賞。
明治初期に外貨獲得のため日本の輸出産業を支えた生糸を生産した富岡製糸場。そこで活躍した工女達の史実。
NHKのドキュメンタリードラマ風の映画になっていて資料映像としての価値もあり。
小難しい構成になってるでもなくすんなり入ってくる人間ドラマと時代背景が分かり易く観れました。