長州ファイブの作品情報・感想・評価・動画配信

「長州ファイブ」に投稿された感想・評価

machiki

machikiの感想・評価

3.9
彼らの意思と努力と活躍で今の日本の工業化が進んだかと思うと、皆さんに感謝。当時のイギリス、スコットランドの様子も描かれていて、勉強になります!
Rowena

Rowenaの感想・評価

4.0
後半の雰囲気すごく好き。

松田龍平素晴らしい。

伊藤博文の数々の軽い行動が史実だったことに驚き。
saki

sakiの感想・評価

3.3
当時のイギリスがいかに日本より発展していたかがよくわかる。
イギリス人に絡まれたシーンで木刀で倒したところの松田龍平かっこよかった。
知らない俳優さんだらけでキャスティングが少し残念…
YAMATO

YAMATOの感想・評価

5.0
社会人1年目に観てから14年ぶり。

「なぜ生きるかよりも、どう生きるかだ」

死も恐れず、幕府の禁を破ってイギリスに渡航した長州ファイブ。

自由がなくても自発は失わなかった志士たちと、松田龍平が父親の故郷・長州方言を話すだけでグッとくる。

るろ剣といい、とにかく幕末ものには弱い俺。
うさ

うさの感想・評価

3.8
記録

山尾庸三
井上勝(野村弥吉)
井上馨(聞多)
遠藤謹助
伊藤博文(俊輔)

ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン
アレクサンダー・ウィリアム・ウィリアムソン教授

「生きたる機械になる」
「忘れるな 技術者こそが真の革命家であることを」
yuuuk

yuuukの感想・評価

-
こんな映画に騙されるな‼️

黒歴史の教科書をなぞり
テロリストを英雄に仕立て上げた映画

長州藩と言ったら山口県田布施町がある山口ではないか
そこの出身者と言ったら安倍晋三(カバール)で有名

長崎のグラバー邸のグラバーは、英国武器商人で東インド会社(英国カバール) ロスチャイルド家系
天皇財閥の三菱財閥、麒麟麦酒のCEOとも付き合いがある

中国の東インド会社のマセソン商会は表では現在、小売、不動産、金融、配送、航空、自動車用品、ホテルと現在も経営している様だが、当時の表は、香辛料、紅茶を売買目的として商売していた裏では阿片、武器の売買、人身売買、臓器売買、など英国女王、ロスチャイルド家が儲かるシステムを創っていた  (カバール)

そして提供に文化庁だと英米植民地を隠蔽するわけだ
国が支援している時点で洗脳映画

長州藩、薩摩藩、土佐藩は秘密結社じゃなくエリートカルト組織に入会して英国カバールの手先となり日本人の粛正に人口削減計画が進められてきた

フリーメイソンの儀式は『フィルス』の冒頭過ぎたあたり
イルミナティの儀式は『アイズワイドシャット』の後半にあります。

そのために、明治維新とは明治天皇を神格化を策略した国賊カバールども

明治時代に日清戦争、日露戦争に民衆を向かわせ戦争という形で人口削減計画通りに
そして間接的に人殺しを完了した天皇は英国国籍を持ってる事でガーター騎士団の勲章を授与されている

そして、昭和天皇も第二次世界大戦に民衆を参加させ+地上起爆の原爆を2回実験した事により明治天皇と同じくガーター騎士団の勲章を授与されている

戦争屋と言われるカバール(軍産医複合体)、ディープステートともいう
こいつらは、金融資本主義、新自由主義(new world order)の天皇を絶対主義に置き、全体主義、共産主義を操る組織が似非民主主義を語り洗脳世界を創り
民衆は、📺を無意識に観て洗脳に気づかず
国民を騙くらかし税金を徴収(詐欺)し
お友達に税金を横流し(賄賂)するわ、無駄な税金を貪り食っているスーツ893どもだということを忘れないで下さい。

自分達のご先祖さまもこの事が分からずに戦争の兵士として命を落としてきた事を
今は、情報戦争という世界の中で今までの歴史に終止符を打とうではないか
そして苦しまれたご先祖さまこそ魂の世界にお帰りを願いたいものです。

そしてカバールどもは大人しくしててもらい、国民主権と言うものを個々1人1人が権利を勝ち取り自分自身に意見を持ちこれからの世界(社会)をどう変えていくか?力を合わせていきましょう。

それぞれが考え方が違うからこそぶつかり合うかも知れませんが、それがいい相乗効果を持ってわかり合う時が来ていることを
キレキレ時代の松田龍平氏
キラキラして見える国にも影はある。
イギリス人がケンカでやられるシーンとかに雑殴りユーモアがあって、その辺は監督ぽさが見えたような気がした。
過去鑑賞。五十嵐匠監督作品。松田龍平主演映画。長州五傑(長州ファイブ)と呼ばれ、幕末に長州藩から派遣されてヨーロッパに秘密留学した、井上聞多(井上馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(伊藤博文)、野村弥吉(井上勝)の5人の長州藩士の渡航前後の様子を描く。
※記憶によるレビューにつき、スコアはつけず

幕末に、イギリスに留学した5人の長州藩士の物語。

異国の地で、必死に学び、苦悩しながらも、輩に絡まれた時にふと忘れていた武士道の魂が呼び起こされるシーンがカッコ良かった。
2019.1.5
こんな素敵な作品があったとは知らなかった。どの時代でも海外を見て見聞を拡げることは大切なことだと思った。
>|