長州ファイブの作品情報・感想・評価

「長州ファイブ」に投稿された感想・評価

野菜

野菜の感想・評価

4.9
珍しく長州藩が主役だった大河ドラマにもこんな彼らが見られたらな、と期待していたけどそれは叶わず。閑話休題。

書生然とした嫌味な輩か吉田松陰の狂気に当てられた無謀で見境のない連中か、はたまた明治以降に政府で暗躍する長閥勢……といったステレオタイプの姿ではなく、ひとりひとりが青臭くても決意と情熱を持ち、動乱の時代をがむしゃらに生き抜いた若者として描かれた、大好きな作品です。
mikepop

mikepopの感想・評価

3.2
渡英した日本人の覚悟。自分の能力で与えられた使命を全うできるのか、普通なら怯んでしまいそう。やり遂げるという気概の大切さを感じた。
shinichiro

shinichiroの感想・評価

3.0
山口県の映画館で観ました(笑)
映像で見ると、更に頭の中で当時の人達がくっきりとしてくるような。
某動画にて視聴

コメディかなと思ったが。

史実歴史ストーリー

山尾とエミリーとの切ない恋
江戸時代末期の現実との葛藤

伊藤博文の描写は、
最高だった。
(女好き)
Ayamon

Ayamonの感想・評価

3.0
歴史のお勉強ですな(´・ω・`)
侍時代の長州の若者5人が命を懸けてイギリス留学し、知識と技術を日本へ持ち帰ろうってゆーお話。

この長州ファイブ、全員偉い人だったんか。名前知ってる人だ。。
しかしながら、こーゆー人々のお陰で現在の日本が存在する訳ですから、そう考えると凄いなと、しみじみでした。
日本が鎖国してる侍時代に、イギリスでは鉄道が走ってるんだもんなー。今じゃ想像しづらい不思議な感覚。

ラストがやはり物足りない感がある。
いきなり終わるのです。(´・ω・`)
びっくりするのです。。
J

Jの感想・評価

3.9
命がけの留学って、、これのことだ。
生ぬるい留学や海外暮らしなんてよくあるけど、自分への自戒も含め、何かを成し遂げるためのエネルギーや使命感というのは、とても大事なことだと再認識。国へ帰れ!なんて自分も言われたことある。そんな怒りも使命の大きさに比べたらちっぽけなものだろうな。そうやって、大きなものを成し遂げるためのプロセスを見るって、いいね。

こいつら誰だよ、に止まるのではなく、そういったプロセスから発せられるエネルギーを感じればいいじゃん。
松田龍平の脱力感のない律儀で男気のあるキリッとした演技が新鮮やった
Lizzy

Lizzyの感想・評価

3.5
来月ロンドンに短期留学する山口県民なので鑑賞^ ^

シンプルだけど上手かったです。
狭すぎる日本からロンドンに行ったときの衝撃、感動、そして文明国ゆえの階級格差を目の当たりにしたときの衝撃。

本当にあったことかは分からないけど、ヨーゾーとエミリーの話は本当に美しかったです。

あの時代にあって、日本を守るためにも海外から学ぶ必要性を感じられた人というのは、本当に賢かったと思いました。
最後あっさりしすぎてて、これで終わりかって思った気がする。幕末好きには楽しめた作品でした。
提督嬢

提督嬢の感想・評価

3.5
江戸から明治へと移っていく、そんな激動の時代を作り上げるのに携わった彼らの生き様が、少しでも分かったと思う。
>|