あゝ野麦峠の作品情報・感想・評価

「あゝ野麦峠」に投稿された感想・評価

もう一度観たい観たいでこないだついに観た!
地井さんがまじめ(?)なころ。
当時は友里千賀子さんと古手川さんが好きだったんだよなー。
テレビでみたのか映画館でみたのか記憶にないけど
飛騨がみえるー、はずっと覚えていた。
今みるとやーっぱり大竹しのぶさんはなんという素敵な女優さん。
そしてすっかり忘れていましたが原田美枝子さんの美しさったら。。。
旅行で富岡製糸場へ行ったことで興味が出て見てみたが…
天真爛漫でまっすぐな少女たちを、大人の都合で、使い捨てるようにひどく働かせていたのが見ていて辛かった。
成長していく日本の中での犠牲について知られるため、ぜひ一度は見ておくべき映画だと思う。だがわたしにはあまりにも辛すぎたので、2回目は見れない…
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.3
同名のノンフィクション文学の実写映画化。
明治時代の製糸工場の女工たちの物語。


本当に辛い…。まだ10代(という設定の)少女たちが現代からは想像つかない劣悪な環境で働かされ、だけど彼女たちはお国のため、家族のために働き続ける。

彼女たちの貧しい状況と、当時の鹿鳴館などでの上流階級の人々の踊る様子が対比されて描かれているのがよかった。

尺が長すぎるかなと思ったが、そこはそうでもなかった。

それにしても大竹しのぶさんが本当にかわいい!!笑顔を絶やさず、いつも人のことを気にかけていて優しい明るい女の子がとても似合っていた。
原作はノンフィクション小説

高校の歴史の授業で鑑賞
大竹しのぶが若い!
ブラック企業なんてもんじゃない
柊

柊の感想・評価

4.0
鹿鳴館で踊る淑女達のドレスの陰には、日本の貧しい農家の娘達の悲しい境遇があったのです。遊郭に売られるのと変わらない生糸工場での話過酷な労働。貧しい者をとことん使いつぶす明治政府とは…
やっぱり維新のクズな生き残り達が作った世の中だわ。己の利益しか眼中になかった成り上がり者の集まりだから。
中学の授業で観に行きました。映画館で号泣しました。このころから大竹しのぶは大女優と呼ぶにふさわしかったと思う。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.4
現在よりも江戸時代にずっと近い頃の、飛騨から諏訪へ出稼ぎに来た女子職工さんたちの青春像。

先日泊まった飛騨古川の「八ッ三館」が登場するとのことで久々に観てみた。
チョロっと出てたね。

テカ、
酷いねー!
劣悪な環境なんてもんじゃない。
時計を動かして就業時間を操作する…
ブラック過ぎる。
ウチの会社が優良に思えましたww
hiko

hikoの感想・評価

3.2
授業で鑑賞

12〜14歳の少女たちが家族のために
出稼ぎに行って過酷な労働環境の中
強く、明るく、前向きに生きてく実話

生々しく描かれてて、
大人たちの都合に振りわ回されて
どれだけ辛かったか
今法律で守られてる自分たちが
どれだけ幸せなのか痛感しました。
もちこ

もちこの感想・評価

3.5
女工さんの話。木曽の方へはよくスキーに出掛けていたので、この映画を観てから複雑な気持ちになった。
aichim

aichimの感想・評価

3.0
凄絶。天皇陛下らが来られたシーンが特に心に残っている。
蚕が益々無理になったトラウマ映画…^p^
>|