おしんの作品情報・感想・評価・動画配信

「おしん」に投稿された感想・評価

Mustang

Mustangの感想・評価

3.5
理不尽にさらされ、それでも生きていくしかない、小さな子供がそれを受け入れ歩んでいく
戦争で身も心も傷付いた脱走兵や家族を守るため自己犠牲で生きる母親も見ていて辛い
ガッツ石松さんと泉ピン子さんはなんかもうまともに芝居できんのかとか思っててごめんなさい
偏見はやめましょう
あき

あきの感想・評価

3.5
小さな女子が頑張る姿とソレを見守る大人、そして母親の愛をほんの2時間で表した作品。
このスジなら世界にだしても恥ずかしくない逸品。
ちゃ

ちゃの感想・評価

3.0
それぞれのパートがあまりにもサクサク進むので感情移入も余韻も無い。子役の子は上手だなあ。稲垣吾郎には最後まで気づかなかった笑
公開当時客の入りがとても少なかったけど

おしんを知らない世代、にはアピール力が少なく
おしん知る世代、にとっては総集編未満だから評価が少ないのかな?なんて

自分みたいになんとなくしかおしんを知らない世代にとっては、新鮮とまでは言わないがちゃんとおしんという作品の流れを知れるし

演者の演技もしっかりしてるから十分見応えある
たしかにちょっとだけ展開は走ってる感はあるけど

なんだったらこの後のおしんの物語も知りたくなった
けどテレビ版を観ていくのはなかなかなハードルだなあ
NM

NMの感想・評価

2.5
昔見て心がすごい痛くなった思い出。
無理やり見させられたというのもあって色々な意味で苦痛だったけど、また見たら何か違うのかな。もう一度見てみようかな……、いや、もう見ないな🤐
gen

genの感想・評価

3.5
差別や偏見、過度な嫌がらせなど苦境ばかりがおしんに襲いかかってくる。観てて心が痛くなる。

それでも生きていかなきゃいけない、家族のためにも死ぬわけにはいかない、そんな思いがここねちゃんの演技から見てとれた。


頑張ってれば必ず明るい未来が待ってるっていう王道スタイルじゃないところがまた魅力的だと思う。
どんなに苦難を乗り越えても、濡れ衣を着せられたり、身近な人が死んだりする。自分の力じゃどうしようもないことも起こる。この世の理不尽さを全て背負ってるほどにつらい。
それでも、なんとか生き抜くおしんの強く美しい姿を、美しい真っ白な雪が際立たせていた。
悲劇の連続、泣かせちゃうぞ~という意気込みが見え隠れしているものの、それに負けてちょっとウルっとしてしまいました。この畳み掛けは、フランダースの犬の劇場版に似ている。泉ピン子の芝居、あんま見た事なかったけど、良いですね。
ザン

ザンの感想・評価

3.4
そりゃ、グローバルにヒットした朝の連ドラを2時間にまとめるのは無理がある。昔のキャストをあちこち散りばめるのは良いとしても、今回のキャスト陣に当時の人たちと同じ働きを求めるのは酷だ。いや、ここねちゃんは健気で十分好感が持てましたが。
ろっち

ろっちの感想・評価

4.1
面白かった

子供の頃、ドラマを観てました。
大人になって映画を観て、泣きました。

小林綾子との奇跡のコラボ(笑)
泉ピン子は名女優ですね。実はこれも奇跡のコラボ(笑)
ガッツは実はただのおバカでは無いですよね。ちょいちょい映画出てますが無難にこなし、今回の特典インタビューもまともな事言ってるしね。

ストーリーはドラマを観てた人からすると物足りないでしょうね。なに分、映画と連ドラじゃ、尺が違いますから。
私には充分に伝わりました。分かりやすくまとめていると思いますよ!

多くは語るまい(笑)の私が語りました!

このレビューはネタバレを含みます

橋田壽賀子の代表作。今の朝ドラとは全然ノリが違う。完全に「主婦」、それも三十路を過ぎたあたりの年代を狙った作品。当時はNHK総合でしか放送してないから、主婦をターゲットにした作品がウケるのは当然。しかし今はチャンネルの数、放送回数も格段に増え、視聴者の層も変わった。そして主演女優も無名の新人から宮崎あおい、杏、松下奈緒、堀北真希といった「実力派」が起用されるようになった。

作品自体は面白い。「これでもか」とばかりにトラブルに巻き込まれる主人公、姑とのトラブルに悩む主婦が自分と重ねて観るにはピッタリ。ちなみに今回の「おしん」は少女時代で終了。ここからが面白いのに。続編に期待したい。

ちなみに朝ドラヒロインなら、「おんなは度胸」の桜井幸子、「かりん」の細川直美、「ゲゲゲの女房」の松下奈緒、「ふたりっ子」の菊池麻衣子、「てっぱん」の瀧本美織あたりがタイプ。