ウィッチの作品情報・感想・評価

ウィッチ2015年製作の映画)

The Witch/The VVitch: A New-England Folktale

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.7

あらすじ

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる…

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

「ウィッチ」に投稿された感想・評価

Jem

Jemの感想・評価

4.5
原題の「vvitch」について、現代英語でのWという文字はゲルマン語からもってきた二重音字「V V」でこの文字vvは16世紀を境に使われなくなったと教えていただきました。

前半は実態の掴めない"魔女"による恐怖、後半は物語の核でもある"家族"による人間の恐怖が描かれる。人間が抱く得体の知れない何かからの恐怖と家族を守ろうとする行為からくる人間の脆さを描きずっと気持ち悪かった。そして何より怖いのが照明と音響による恐怖。僅かな太陽と蝋燭や暖炉による明かりだけで恐怖を煽り、ほぼ全編不協和音と無音が続き自然の世界の深淵にリアリティをもたらした。そして、動物達が神秘的で不気味。ラストも良かったし総じて面白かった。
がけ

がけの感想・評価

3.7
家族が狂っていく、怖い。登場人物が少なく余計な展開がないのが良い。
hakim

hakimの感想・評価

5.0
本当に自分好みの映画だった、スローペースな作品なので、退屈な映画だと思う人は、少なくないと思うが、ゴヤなどの絵画のような、自然光とロウソクの火だけを使った、美しい影像と、俳優の演技や必要最低限に省略したグロ描写や不気味な音響が素晴らしかった、とくに音響は、場面の緊張を感を増大させるやくわりを示していた、とにかく素晴らしい映画だった
りんご

りんごの感想・評価

1.0
自分が好きな気狂い怖い映画とこの映画の気狂い怖いはジャンルが違ったようでひどくつまらなかった。

音楽は好き。
sk2

sk2の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの原住民のエピソードを読んだばっかりだったのでしっくりきた
入植者たちが生きた未開のアメリカが雰囲気抜群に撮れていて素晴らしかった。夜と森はサタンの領分であったというのが現代の我々でも分かるように映画になっている。
魔女という怪異を非実在のオカルトとジャンル映画的に処理するのでもなく、かといって人間心理の精神分析で全て理に落とすわけでもない、絶妙なバランス感覚も新人離れしている。かつてニューロティックスリラーと呼ばれたようなジャンルが近いか。
彼らにとって神も悪魔も紛れもなく実在した恐怖だったんだなぁと納得させられた。
レク

レクの感想・評価

4.5
アニヤ・テイラー=ジョイも然る事乍ら、ケイレブ役の男の子大好きですね(笑)

こういう作品、好みすぎてやばい。
今年ベスト1。
まじで途中で興奮してゲロ吐くかと思ったくらい。

魔女とサバトに関する考察内容はブログに書いたのでここでは書きません(笑)


原題「THE VVITCH」
何故「W」の表記が「VV」なのか?
理由として、当時は「W」の文字は使われておらず、「VV」と記したからだそうです。

また、Wは、ラテン文字(アルファベット)の 23 番目の文字で、西洋では 23 は 13 と同様に凶兆を表す数字である。
因みに、 23 の二十進法は 13 です。

「vvitch」の「w」を取り除くと「itch」が残ります。
「itch」には痒い。むずむずする。の他にもこんな意味があります。

「強く落ちつかない欲求」
正にこの作品を意味するものかもしれません。

単なるこじ付けですが、これも一つの考察として軽く流しておいてください(笑)


映画「ウィッチ」は魔女狩りを描いた映画で基になっているのは、1692年にアメリカのニューイングランド地方のマサチューセッツ州セイラム村で起きた「セイラム魔女裁判」。
しかし、史実をドキュメンタリーとしてではなく、ダークファンタジーとして描いた点は非常に良かったと思います。

魔女狩りの本質をテーマとして描かれた童話や御伽噺。
そんな陰湿な雰囲気が漂う森で月夜が照らし出すのは人の心の闇。

こういう閉鎖的空間での精神的描写、特に負の感情の増幅(今作においては主に猜疑心)が堪らなく好きなんです。
むぎこ

むぎこの感想・評価

3.7
あの時代の信仰は、生活の一部であり全てだったのかな?
少しづつ家族に蔓延っていく狂気が下手なホラー映画より恐ろしい。


スプリット同様にアーニャちゃんの目ヂカラが半端ないので、惹きつけられますね。
町を追放され森のそばに越してきた家族。しかし、森には魔女がいた。最初に赤子を連れ去られ、祈りむなしく長男も呪い殺される。長女のトマシンが魔女と疑われ崩壊して、父と母が死ぬ。トマシンは悪魔と契約し森の中へと入っていく。
茶色を基調によい雰囲気を作っている。しかし、主人公の美しさに魅せられる場面が多いかな。怖さはそれほどでもない
bunta

buntaの感想・評価

4.0
アーニャ・テイラー・ジョイはホント迫害される役が似合う。
>|