ウィッチの作品情報・感想・評価

ウィッチ2015年製作の映画)

The Witch/The VVitch: A New-England Folktale

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる…

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

「ウィッチ」に投稿された感想・評価

あかた

あかたの感想・評価

3.5
スプリットでアーニャ・テイラー・ジョイが気になり始めて鑑賞。
出てくる生き物が主人公以外気持ち悪い
主役の女の子かわいい

犬飼いたい
三味線?琴?のような弦の音色
この作品の雰囲気と合わさると怖い
(↑オープニング辺りだったかな?)


今の時代で 信じられていること
何世紀か先の未来には
おとぎ話的な 迷信となっていること
て なんでしょうね

現代においても
家族に限らず 崩壊しつつある
あるカタチのもの
それが何か分かれば
闇と光以外の救いが
あるのかもしれない

そんなことを感じました

シンプルでありながら
少し僕には難しかったです

ps:
『哭声』を少し思い出した
気味悪すぎてハゲる。

ずっと夢中になってこの奇妙な世界観にのめり込んでしまったのですが、最後まで何がなんなのかわからない。
しかしそれもまた怖し。

霊的な怖さとかそういうのではなく、宗教的な怖さが大きい。
魔女がどうたらみたいな話が大まかなんですけれども、果たしてこれは本当に魔女なのか、はたまた宗教に執着しすぎる彼らが生み出してしまった何かなのか…
考えても全くわからないんですけど、この謎めいたストーリーがまた不気味でいい。

しかし何が一番怖いかって、宗教への執着だよ。
彼女を魔女(仮)にしたのは彼らのそういう部分だったりして。

ちょっと自分で何言ってるのか意味わかんなくなってきたし半年ぐらい前に観た映画なのでこのへんで。
Kefu

Kefuの感想・評価

3.6
闇に堕ちるには理由が有るし、完全に堕ちてしまったら幸せかもね、と思えるラストの笑い。
ホラー的な恐さは少なめだし、暗い鬱々した雰囲気は最高。
そしてアニヤちゃんの顔めっちゃ好み。
青の

青のの感想・評価

3.5
見ていない方はご注意を


















●トリアーの『アンチ クライスト』が男女間の性をキリストと魔女のメタとしたのなら、それよりもうんと具体的にオカルト。
史実をベースにした家族の苦難〜みたいなモノを期待して見ると、色々裏切られます。

で、この結末が現代へと紡がれていき、やがて『ブレアウィッチ・プロジェクト』と成るわけです(嘘)。
ですから『ブレア〜』がギャーギャーとうるさいだけで退屈と感じるかたは向いていないのかもしれない。
POVではありませんが、空気感がどことなく似ています。
そう「疑心と混乱による不和」こそが悪魔や魔女の狙いなわけで、今作もまんまとそうなります。




☆以下結末まで話しています。

●イングランドからの移民であった一家は、入植地からも追われてしまう。
偏屈な親父が、時の教会に異議をしたのが理由のようだ。
ここまでだとヒステリックな教会を相手に、異教徒扱い覚悟の上の親父の反抗に見える。
ところが、親父のほうがだいぶイカレていた。
何かにつけて「神、神よ」なのだ。
しかも今までどうやって家族を養っていたのか?つーぐらい無能である。
狩も農業もデキない男。
そしてそんな親父に連れられ、一家は明らかに農作物の収穫も見込めなさそうな荒野に落ち着く。
しかし、やはり次第に生活は困窮していく。

●「食い物なくても祈ればなんとかなる」って親がいたら子供たちは大変である。
現代なら児童虐待防止法に抵触するかも。
国全体がカルト化していく時代、無能なくせに威張っている親父を頂点に、まるでオウムや連合赤軍のような洗脳ファミリー。
双子は喚き騒ぎ、ただうるさいだけ。
末子を亡くした母は壊れ始め、長女トマシンの美しさに嫉妬。
弟ケイレブですらトマシンの白い肌を意識しだす。
親父は問題をぶん投げて、ただ祈れと言う。
魔女に誘惑されたケイレブは「我が主よ!」と叫んで逝ってしまうが、ここでの「主よ」はやはり悪魔のことであろう。
そもそもの彼らの性質が呼んだのか、あるいは土地の所為なのか、もとより見初められていたのか、一家は森の魔女の術により破綻していく。
いや、魅入られていたのはトマシンだけだった。
オープニング、末子が生贄に捧げられた時点で魔女の段取りは始まっていたのだった。

●段取り通り、ひとりぼっちになったトマシンに抗う気力はなく契約書にサインをすることに。
そして満月の夜、彼女は魔女達の宴サバトに加わる。

●そして彼女がのちのち何百年と生きながらえオープニングのようなオババ魔女になり、ブレアウィッチプロジェクトのヘザーやジョシュを襲うのだろうな。
と、勝手に僕の中で完結いたしました。
PORK

PORKの感想・評価

3.7
魔女モノ故の悪魔崇拝モノ。ある一家が謎の誘拐、失踪、病気、エトセトラに苦しめられる。

拙者ホラー苦手侍なりに、このホラーは気持ち悪い・上手いの作品に類すると、思うよう(秋山森之進並感)。無音・引き画・ライティングが怖ええのなんの。

粗筋からかき乱される系かと思いきや意外とストレートでね。「この家族」の行く末においては、当然の結末よっつう怒りがビンビンに伝わってきますた。

そして、アニャ・テイラー=ジョイたん。おじさんはね、この子大好きです。上白石萌音と池脇千鶴の要素が入っておるのじゃよ。しっかしめっちゃホラー向きの顔。
ちゃみ

ちゃみの感想・評価

3.0
夜中に見だして一気見!
なんとも言えない当時の背景が…つらい。
魔女本当にいたのかな?
弟の幻とかではないのか?
謎が残る。
日本人が好むホラーテイスト
お化けや殺人鬼が怖いのではなく、得体の知れない何かが怖い
子供の頃感じた襖の向こうの暗闇に何かがいるかもしれない、トンネルの奥に何かがいるかもしれない そんな種類の恐怖
また、本作ではそれ以外にも、村落から離れた土地で少人数で孤立した人間関係の怖さも伺える
作中家族は次第に疑心暗鬼に陥りバラバラにお互いを憎むようになっていく その過程がリアルで恐ろしい

また、作中では晴天のシーンが一切ない
全てのシーンは薄暗く、荒廃感が最初から最後まで漂っている

似たような作品でシャイニングと比較されることがあるようだが、シャイニングよりはわかりやすい怖さだと個人的に思う

あと、アーニャ・テイラー・ジョイが可愛い😍
るな

るなの感想・評価

3.5
悪魔やら魔女系の割には、わざとらしい悪魔の演出がなくて雰囲気で表現してくるところが多くて良かった。
悪魔系は悪魔の演出でチープになりがちだけど、わざとらしい演出がなかったおかげでそれも感じなかった。

ただ両親に愛されたかっただけなのに、長女が最初から最後まで可哀想すぎたけど
仲間がいて生きていけるのはある種の救い。
>|