ウィッチの作品情報・感想・評価

ウィッチ2015年製作の映画)

The Witch/The VVitch: A New-England Folktale

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる…

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

「ウィッチ」に投稿された感想・評価

セイゴ

セイゴの感想・評価

3.2
〈魔女〉本作は、ただこの二文字をコンセブトに・・・また!!
この二文字の為に情熱をかけて作られている映画!
ですので、魔女映画というカテゴリーでは、飛び抜けている映画!!
ラーメン屋によくある、とんこつ、醤油、味噌、塩味何でもありますよ!
じゃなく、とんこつ一本!さらに餃子などありません!!
ラーメン一本です!!当店は💢😠💢!

って感じの魔女専門の映画!
あれもこれもじゃなく、専門はやはり
面白いね!!
ねっとりした、不気味な映画でした!
Boo

Booの感想・評価

2.0
暗く集中がかけてしまいその間ビクッとしたり怖いものが出てくるけど耐えた結果非現実な終わりがあんまりだった
luuna

luunaの感想・評価

2.5
TSUTAYAのホラー特集コーナーで、いつも貸し出しされていて、たまたま私が行った時に1つだけあったので借りてみました。あらすじも何も見ずに鑑賞したのですが、期待したほどではありませんでした。
キリスト教信者の家族が、赤ちゃんの失踪と、娘が悪魔に魂を売って魔女になったのではないかという疑いから崩壊していく話。なんとも不気味な世界観ですが、なぜか引き込まれていく要素がありました。
ただ、子供の叫び声や泣き声などが、普通の話し声より大きくうるさかったです笑
あまりすっきりしない終わり方でした。
Manzo

Manzoの感想・評価

4.2
大自然の中で息詰まる様な悍ましい物語。父の声、母の巨大な目、長女の妖しさ、長男の豹変、双子の真っ黒い瞳、素敵なキャスティング。ムード重視のゆらりユラリと狂って行く物語。美術的に強烈なインパクトの瞬間が散りばめられた掘り出し物。嫌〜な気持ちを堪能したい方に。

このレビューはネタバレを含みます

モツあり宗教ホラー

英語音声英語字幕で見たので、古い英語あまりわからないからちょっと大変でしたけど面白かったです。キリスト教ならではの動物モチーフ(黒山羊は悪の象徴など)が多々ありまして、その辺のこと知ってる人は楽しいと思います。
メインキャラクターの俳優さんが透明感のある綺麗な人でとても良かった。
終始冬間近の張り詰めたような空気感と青褪めた色合いで、そう言うとこ好きな人はホラー以外にも見てて楽しめるんじゃないんでしょうか!
星半分マイナスは、犬が酷い目にあうからです(ネタバレ要素これだけ)。
この映画に出てくる魔女は本気で魔女やってるんで、「ああ、こりゃ狩られるわな!」と思っちゃいました。きっとトマシンを魔女にスカウトするために魔女が家族崩壊を引き起こしたのではないでしょうか。森を恐ろしいものとして描いといるのもいいですね。
世界観とか衣装とかすごい好きそれだけで見る価値がある
終わり方がサラッとしてて説明とかが無いから考察する感じ
好き嫌いははっきり分かれると思う

このレビューはネタバレを含みます

個人的な見解だけど。
魔女という存在を現代において科学的に読み解くと、こうして魔女たる人が生まれていったのか、と悲しくなった。

町や人から離れ、外界との接触がなくなる。”普通”という概念が消え去る。
閉塞的な環境で、次第に家族の中での愛と秩序のバランスが崩れ、それぞれの見えないストレスが家族への疑心や嫉妬になってお互いをどんどん追い詰めていく。

多感な時期である弟も、閉塞的な環境ゆえに間違った方向に性が目覚めてしまう。弟はその罪悪感から逃れるために、自らの、いや父からの脅迫的な強い信仰心によって自分の首を締めるかのように追い詰められ、狂って死んでしまったのではないか。

父は黒山羊の角に刺されて死んだけど、実際のところは、トマシンが殺したのではないかと思っている。いくら憎むべき存在とはいえ、自分が父を殺すという事実が受け入れられず、自分以外の者が殺したという事実が欲しかったんじゃないだろうか。
黒山羊の暴走も、悪魔の囁きも全部追い詰められたトマシンの幻覚・幻聴。
母親殺しにしたって、正当防衛とはいえ途中からあまりに刺しすぎな気がする。愛と怨恨が入り混じる異様なシーンだった。

精神的な病についての知識や見識が今ほどなかった時代に、ひとりの女性が狂っていくことに名前をつける術が”魔女”しかなかったのだろう。
そして、そうした名のついた女性たちが歴史上で次々に吊るし上げられ、処刑されてきてしまったんだろう。

それらがあまりに恐ろしく、夜な夜なこの映画を思い返しては布団の中でガタガタと震えてしまう。
これほど気味が悪く身の毛のよだつホラーを久しぶりに観た。感服。
yucco

yuccoの感想・評価

5.0
文句なしの星5。絵画のような映像、厳格なクリスチャンの家族が悪魔によって徐々に崩壊していく恐怖、ラストも含め全てが完璧
すごい世界観!思ったのと全然違ったけど、この世界観は好き嫌いが大きく別れる。ダークファンタジーと呼べるかホラーとも違うし、オカルトとも違う。パンズラビリンスよりファンタジー感がなく人間味が強い
感想川柳「困難は 力を合わせて 乗り越えよ」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

1630年のアメリカ・ニューイングランド。信仰心の厚いキリスト教徒の一家が村外れの森の近くに移り住んでくる。ある日、生後間もない赤ん坊が突如姿を消す。一家に不穏な空気が流れる中、父ウィリアムは、愛娘のトマシンが魔女ではないかと疑い…というお話。

いわゆる魔女が恐れられていた時代のお話。(×_×)悪いことは何でも悪魔のせい。(;´д`)敬虔なキリスト教徒ほど「お前は悪魔と契約した」とか「魔女だとか」言ってくる。( ̄▽ ̄;)いつも思うけどこういう状況ほど「悪魔」とやらは喜ぶのでは?(゜゜;)お父さんもお母さんも「自分が正しい」オーラ出してるのがヤダな〜。(-""-;)弟めっちゃ良い奴なのに。こういう時に家族でまとまるんじゃなくて、疑念を深めてどーする(; ̄Д ̄)


物語の雰囲気も重々しくゴシックホラーのような感じもあり、「ヴィレッジ」のような感じもする。( ̄ー ̄)どちらかと言えば「ゾワッ」とする怖さ。自分は人間の怖さの方が伝わってきたかな。( ̄З ̄)

ラストはよく分からんが。(ー_ー;)

トマシンが「スプリット」に出てたアニヤ・テイラー=ジョイだとだいぶ後に気付いた(;゜∀゜)金髪だしかなり幼い感じするし。と思ったらこっちの方が古いのね。(-o-;)まぁ可愛いから良し。
>|