あさひなぐの作品情報・感想・評価

あさひなぐ2017年製作の映画)

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:105分

3.5

あらすじ

主⼈公は、⼆ツ坂⾼校⼀年、東島旭(とうじまあさひ)。中学まで美術部だった旭は「(競技⼈⼝ が少なくインターハイに出やすい)薙⼑は⾼校部活界のアメリカンドリーム!」という謳い⽂句に惹かれ、薙⼑部に⼊部する。圧倒的な強さを誇る憧れの先輩・宮路真春(みやじまはる)、同じ⼀年⽣で剣道経験者の⼋⼗村将⼦(やそむらしょうこ)、⻑⾝のお嬢様・紺野さくら(こんのさくら)ら、薙⼑部の仲間たちと共に過酷な練習の⽇々…

主⼈公は、⼆ツ坂⾼校⼀年、東島旭(とうじまあさひ)。中学まで美術部だった旭は「(競技⼈⼝ が少なくインターハイに出やすい)薙⼑は⾼校部活界のアメリカンドリーム!」という謳い⽂句に惹かれ、薙⼑部に⼊部する。圧倒的な強さを誇る憧れの先輩・宮路真春(みやじまはる)、同じ⼀年⽣で剣道経験者の⼋⼗村将⼦(やそむらしょうこ)、⻑⾝のお嬢様・紺野さくら(こんのさくら)ら、薙⼑部の仲間たちと共に過酷な練習の⽇々を送る。⽬指すはインターハイ全国⼤会!仲間たちと⼒を合わせ、ライバルの出現や様々な困難に⽴ち向かっていく”なぎなたガールズ“たちの 強く!美しく!!楽しい!!!笑って泣ける正統派エンターテインメント。

「あさひなぐ」に投稿された感想・評価

終始ふわふわしてた。
漫画であった、ここだぁー!みたいな盛り上がりがなかった
kwr

kwrの感想・評価

3.0
最近映画見てない!何か見なきゃ!というかこれをネットでレンタル配信してたんだったということで、見ました。

どうしてアイドルを映画に撮ると、みんなこんな感じになっちゃうんだろう?と不思議な気持ちに。
せっかくのスポ根ものなのだから、もっとガチに寄せた方が、かえって彼女たちの魅力も出たんじゃないかなあと思う。
(ガチっていうのは映画としてガチってことで、ああいう合宿みたいなのはもう時代遅れでがっかりでした)
原作を読んでいないのでどこまでが原作要素なのかわからないけれど。
それにしてもなぎなたはマイナーだし、アイドルたちにさせるには色々と不向きな題材なのでは無いか…(防具で顔が映らない)
あとギャグ的に挟まれる顧問とのくだりが、若干本気でイラっと来る(笑)
総合するとまあ、可もなく不可もなく。ちなみに自分はエンドロールで何人か顔の分からない乃木坂の子の名前を確認した程度の距離感です。
iakanuy

iakanuyの感想・評価

3.9
乃木坂ファンのための映画としては5つ星の満足度だろう。バラエティ要素もたくさんおり、それぞれの個性が良く出てた。なにより顧問役の中村倫也がこの映画の隠れたキーマンであることは言うまでもない。改めて七瀬推しになる。
S

Sの感想・評価

2.5
「肉くいてー」からの白石麻衣さんの「食いいくよー!」がめっちゃよかった

先生もいいキャラしてる
乃木坂全然詳しくないけど、えり先輩役の人がかなりタイプで興味わいた

でも
剣道経験者から言わせてください
真夏に防具をつけての練習は灼熱地獄です
夏休みは毎日面つけたままゲボ吐いて練習していたもんです

なのに合宿中も閉めきって練習してるし、みんなキレイな顔してるしクーラー何度設定?と細かいとこが気になってしまいました
汗だくでぐしゃぐしゃなとこ少しでもいいからみたかったです
自分乃木坂好きなんすよ。
乃木坂工事中は毎週録画してるし!!
そんな乃木坂の面々が実際に薙刀やる薙刀ムービーなんて最高でしかないでしょ!!

と「ちはやふる」みたいなものを勝手に期待して観てしまったのがいけなかったのか、割と残念な出来でした。

そもそも彼女らが実際に薙刀やってるのに面でほとんど顔が見えないという状況…。
これはアイドル映画としていかがなものなのか。
声とか殺陣とか迫力あるんだけど、実在感が無い。
現在ルックスNo.1アイドルと言われる乃木坂のどこか現実離れした存在とも重なってなんとも言えない空虚さが漂っていました。
それでいて個々のキャラクターの描き方が希薄で一貫性がなく、さらにシリアスな場面でおちゃらけてしまう事で「この子達は本当に薙刀好きでやってんの?」と思わされてしまう。

残念とは言ったけど、ちょっとした工夫で名作になりうる惜しい出来ただったと思います。

一箇所だけでもいいから、素顔から面を被り試合をし、終えて面を脱いでという流れをノーカット長回しで撮るなんてシーンがあれば「女は度胸!」という言葉にも説得力が増すのではないかと。

今作で乃木坂よりもいい仕事をしていたのが中村倫也でした。
端正な顔立ちでありながらムロツヨシ、佐藤二郎的立ち位置で笑いを誘う顧問の先生役。
だけどここぞという時でもヘラヘラしてるもんだから水を差していたというのも事実。
シリアスになりすぎないようにあえて笑いを入れる手法は良くあるが、間や塩梅がかなりシビアで、今作ではそれがほとんどうまくいってないように感じました。

本当に勿体無いなぁと思わずにいられない作品でした。

だけど可愛くて綺麗だったからま、いっか。




カワイイは正義!!
乃木坂の西野七瀬主演の薙刀ムービー

最近は鳥人間コンテスト、競技かるた、チアダンスなどマイナーな部活動にスポットが当てられがちですが、この薙刀部も初めて見ました。エンドロールで結構部活動あるんだなとその数に驚きました。

メガネで地味な女子高生がひょんなことから薙刀部に入部し、仲間との繋がりやライバルとの戦いで成長していく様子を描いています。

ライバルとしては同じく乃木坂の生田絵梨花。生田のいる学校と西野の部活動は明らかに対比されており、仲間との絆や励まし合うことでチームとしても個人としても強くなれることを表しています。

同時期には舞台もやってて、齋藤飛鳥や生駒里奈など映画には出ていない人たちでやっておりました。
mi

miの感想・評価

3.2
西野七瀬と白石麻衣がひたすら可愛くて綺麗で、眺めてるだけで幸せな映画。
元々そこを求めて鑑賞したのだけど、ちゃんとスポ根的要素もあって絵に描いたような綺麗な青春が詰まってた。
え、そこで終わり??感は否めないけど、薙刀を扱うシーンはいい緊張感と迫力があったし、笑いを誘う脱力ポイントもあったし。
ただのアイドル主演の映画ではない、ちゃんと映画として楽しめる作品。
乃木坂好きなんでほぼ満足です。もう少しみたかった。続編を期待します。
ま

まの感想・評価

-
まりっか推しにはとても良かった〜〜
(たくさん台詞があるから)
剣道部だったので勝手に親近感湧いた
マーチ

マーチの感想・評価

3.2
【省略レビュー】

前半はテンポも良くてコメディとスポ根の配分がちょうどいい具合に進行していたんだけど、合宿に入ったあたりから不穏な空気が漂い始め、見せ場であるはずの新人戦やリベンジ練習試合が助長に感じてしまいました。

これは脚本の構成が原因で、結局のところ合宿がストーリー上で何の機能もしていないことが問題だと思います。単なる通過点とその後の試合に寺の人が現れるためだけのきっかけにしかなり得ていないのです。どうせなら合宿での厳しい練習を機会に、獅子奮迅再起を図るとかならプロセス上問題なかったと思います。

邦画にありがちのキラキラ映画ではありますし、原作を数巻読んでいる身としては無理矢理アイドルグループ内でキャスティングしてしまっているので原作の面白さを活かしきれていなかったり、そもそも原作のキャラと違っていたり、演技が下手だったりするのですが、恐らくファン向けに制作されているのでそこまで細かく作り込む気は無かったのだなという所が伺えてしまって非常に残念です。

観終わった後に監督が英勉さんだと知ってなるほどなと思いましたよ。過去作を観てる人なら分かると思いますが、英監督の作品は比較的助長しがちで、今作も例外ではありませんでした。毎作設定は面白くても活かしきれずに終わってる感がとても強いので、さすがに考えものですね。

ただ、中村倫也さんの役はスポ根の生真面目さを緩和するコメディリリーフとしていい配役だったと思います! 結構笑わせられましたし、何よりあの手の役を全力で演じている時の“俳優 中村倫也”が個人的に大好きなので、今作の彼の演技はかなり好みでした。

【p.s.】
元カノが薙刀をやっていてですね、たまに応援しに見に行っていたのをこの作品で思い出しました 笑

しかも今作の八十村さん役の人に元カノがかなり似てるっていう 笑

はい、すいません、超余談でした。。


【その他】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
>|