あさひなぐの作品情報・感想・評価

あさひなぐ2017年製作の映画)

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:105分

3.5

あらすじ

主⼈公は、⼆ツ坂⾼校⼀年、東島旭(とうじまあさひ)。中学まで美術部だった旭は「(競技⼈⼝ が少なくインターハイに出やすい)薙⼑は⾼校部活界のアメリカンドリーム!」という謳い⽂句に惹かれ、薙⼑部に⼊部する。圧倒的な強さを誇る憧れの先輩・宮路真春(みやじまはる)、同じ⼀年⽣で剣道経験者の⼋⼗村将⼦(やそむらしょうこ)、⻑⾝のお嬢様・紺野さくら(こんのさくら)ら、薙⼑部の仲間たちと共に過酷な練習の⽇々…

主⼈公は、⼆ツ坂⾼校⼀年、東島旭(とうじまあさひ)。中学まで美術部だった旭は「(競技⼈⼝ が少なくインターハイに出やすい)薙⼑は⾼校部活界のアメリカンドリーム!」という謳い⽂句に惹かれ、薙⼑部に⼊部する。圧倒的な強さを誇る憧れの先輩・宮路真春(みやじまはる)、同じ⼀年⽣で剣道経験者の⼋⼗村将⼦(やそむらしょうこ)、⻑⾝のお嬢様・紺野さくら(こんのさくら)ら、薙⼑部の仲間たちと共に過酷な練習の⽇々を送る。⽬指すはインターハイ全国⼤会!仲間たちと⼒を合わせ、ライバルの出現や様々な困難に⽴ち向かっていく”なぎなたガールズ“たちの 強く!美しく!!楽しい!!!笑って泣ける正統派エンターテインメント。

「あさひなぐ」に投稿された感想・評価

観客があらかじめ彼女たちに持っているイメージに頼らず、映画内の人物としてキャラ立ちさせてほしかった。逆に生田嬢はあまりに素が生かされておらず残念。
ニエル

ニエルの感想・評価

3.5
部活×青春一直線映画としてはチアダンと張ります。映画の後に原作漫画を読んでほしい一作です。
努力する人ってすごくかっこいいなって思った作品。真摯に向き合う人になりたいって思った。そして乃木坂46の美しさにテンションあがる。
初日9/22(金)と10/1(日)の2回目は舞台挨拶にて。原作、乃木坂どっちも好き。贔屓目入るから、基本全肯定なっちゃうけど。荒い部分見えても、すごいおもろいから是非。小林先生。
ぺこ

ぺこの感想・評価

4.3
乃木坂ちゃんを拝みたくてという気持ちがおおかったのですが、話もとってもよくて、感動しました。 そして青春時代を思い出せるなんだか心温まる映画でした。
Waaave

Waaaveの感想・評価

3.0
友達に誘われて鑑賞
全く期待してなかった分予想よりは面白かった
薙刀はやりたくなる部活頑張ろってなる
Minoooo

Minooooの感想・評価

3.3
ひっでえ映画だった笑
ただ白石麻衣さんと西野七瀬さんかわいすぎだなと。
twkuni

twkuniの感想・評価

-
原作の漫画と舞台は素晴らしく楽しめたのだけど 映画は兎にも角にも詰め込み過ぎてキャラクターへの感情移入が出来ない
薙刀の実演が見事だっただけにもどかしい

いや ていうかもうずっと観てたいんですよ乃木坂ちゃんを!!!
AzMToS

AzMToSの感想・評価

2.1
アイドルの可愛さを見せるためだけの映画。

乃木坂ファンの弟に付き合って観ただけなので、自分には興味も何もなかった。 原作も好きじゃない。

何の狙いも無いくせに、不必要に微妙なスローペース一本調子で進行していく邦画にありがちな退屈さを全編通して徹底して観せ続けてくれるので、日本の映画業界の力の無さ、ヒットするものを作る発想もノウハウも何もないが予算だけは回さないといけないので、取り敢えずファンだけは確実に劇場に引っ張れる原作あり+アイドル主演の映画を作らざるを得ず、というそんな状況をいつまでも覆せない体たらくに否が応でも向き合わされ、客であるこっちまで寂しくなってくる。

延々と家で乃木坂関連の番組を見続ける弟の影響で、単純接触の原理によって乃木坂46に対して多少ひいき目に見てしまうようになっているため、スコアは中途半端な低さに留まっているが、もし乃木坂46と無関係かつ原作とは似ても似つかない役者で撮られていたら間違いなく0点を付けるだろう。

ちなみに、漫画原作の映画を撮るなら、ほとんど素人からでもいいから“とにかくキャラクターに似ている人たち”を見つけ出して、何が何でも映画に出られるように訓練させて、その人たちが物になった場合だけ、原作の完璧な再現を第一目標に本腰を入れて撮るべきで、そうでなければ何も作るべきではない、というのが持論である。 どうでもいいことだが。
KOKU

KOKUの感想・評価

1.9
わかりづらく入り込めない描写、キャラクター背景の表現不足、テンポを崩すギャグセンス、盛り上がりに欠ける結末など、支離滅裂さは大きいが、スポ根の良さもそこかしこにある。原作読みます。
>|