3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:138分
    監督
    大友啓史
    脚本
    岩下悠子
    渡部亮平
    大友啓史
    原作
    羽海野チカ
    キャスト
    神木隆之介
    染谷将太
    有村架純
    倉科カナ
    清原果耶
    佐々木蔵之介
    加瀬亮
    前田吟
    高橋一生
    岩松了
    斉木しげる
    中村倫也
    尾上寛之
    奥野瑛太
    甲本雅裕
    新津ちせ
    板谷由夏
    伊藤英明
    豊川悦司
    あらすじ
    中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

    「3月のライオン 前編」に投稿された感想・評価

    まず、ハマリ役の多さ。あっぱれ。
    ただ、将棋の内容が少なかったかな、万人ウケは良さそうですが、良さは少しなくなってしまったかも。
    主人公は中学生でプロ棋士になるという設定だが、将棋は物語の要素に過ぎず、主人公の境遇による葛藤が描かれている。島田と後藤の対局シーンは痺れる。
    神木くんがとてもハマリ役だった。
    原作を知ってる人も知らない人も楽しめる映画。
    神木くんイイ◎そんだけ
    私も強くなりたい、優しくなりたい、と思える。
    おっさんたちが足掻きかながらガチで将棋に臨む姿がかっこいいし、その中で奮闘する桐山零も、またかっこいい。
    みんな報われてほしいと願ってしまうくらい、登場人物たちが魅力的だった。
    将棋とか全然知らなくても楽しめるし、勝負するときの役者の本気さがとても伝わってきて鑑賞側もドキドキさせられる映画だと思う。川本家のほっこりさには癒される!
    将棋のことを全然知らなかったけど
    役それぞれの個性のおもしろさが出ている演技がとてもよかった。
    >|