3月のライオン 前編の作品情報・感想・評価

3月のライオン 前編2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:138分

3.6

あらすじ

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と…

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

「3月のライオン 前編」に投稿された感想・評価

桜小路

桜小路の感想・評価

3.5
加瀬亮さん、なんて素敵なんだ‼︎と思っていたら、終わってしまった…
最後勝ったのか負けたのか、後半観なきゃわからなかった。

将棋わからないのに身入れたのは、演出がいいのか、キャスティングが豪華だからなのかわからないけど、加瀬亮さんが素敵過ぎたのは確か。
みみみ

みみみの感想・評価

3.5
どの対局も、力んで見入ってしまうほど緊張感があった。

将棋のこと全く分からないけど、将棋の映画ってスポーツ映画に近いものを感じる。
見応えがあるなあ。

二階堂のキャラが絶妙。染谷将太の変わりようもすごい。

有村架純ちゃんも複雑な役だけど、上手だったなあ。
みみみ

みみみの感想・評価

4.0
軽くみようと思ったらかなり重い内容だった。いろんな人がそれぞれいろんな想いを抱えて、頑張っていて、見応えがありました。
アニメの実写化にしては素晴らしいキャスティング。
わお

わおの感想・評価

4.0
神木くん素晴らしい
漫画を読んでいないけど、逆に漫画を想像させるキャスティング。

神木くん横顔綺麗すぎる…
shi0ri

shi0riの感想・評価

4.0
普通に面白かった!
神木くん好きすぎて
盲目になってるとかある?
原作途中離脱組.incです。アニメも見てません。そもそも将棋のルールも分かりません。洋画でテーブルゲームを題材にした作品てあんまり見ない気がしますね。(実在のプレーヤーについての作品とかはありますが。)この感じがジャパンクールなのでしょうか?
…なんか感想の浮かび難い作品です。
とにかく恐ろしくビジュアル面の再現度が高くて、もともと当て書きなのでは?と思うほどです。撮影がとても綺麗綺麗で、外国人には「どうですか?ニッポンは美しいでしょ?中身はグロテスクなんですよ」と自慢したくなります。前編の辺りはまだ原作を読んでいた範囲内なので見覚えがあり、よくこんなに上手く圧縮したものだなぁと感心しました。反面、桐山くんがひっきりなしにイベントに巻き込まれている印象で、虚無感や孤独感は薄れてしまっているかな…。原作由来ですが、そもそも主人公の設定が特殊すぎて感情を移入し難いなと感じてしまいます。そうまでして描きたい事とはなんなのだろう…?
…むう、心が動かないなぁ。

比較的長い作品ではありますが、原作を知っているからか体感時間は短めです。「ココはこうすれば…」とかも全く感じません。神木隆之介と加瀬亮の並び立つ姿はまさにナイーブ無双!いやぁ腐った腐った…。漫画原作物の映画化としては凄くハイクオリティだと思います!
あと、もちろん猫が出てきます!ネコネコメーターは2…か3か。ちょっと自信ないです。三毛とは別に黒っぽいのが、2匹なのか1匹なのか。
…余談ですが、零の養父役の豊川悦司が、今の朝ドラと同じく才能のある子を内弟子にする役柄なのが愉快だったのと、ひなちゃん役の女の子が、元・生ハムと焼うどん(アイドルです)の西井万理那さんそっくりなのが凄くノイズになりました…。

では、後編観ます。
将棋はあまり詳しくないが、将棋を知らなくても楽しめる映画でした。前後編もあるんだと思っていましたが、前編を観た翌日に直ぐに後編を観ました。
まさに、ファンタジスタだ。
将棋の世界を知っている者なら、やや違和感があるかもね。プロの棋士の厳しさが伝わってこない。なんか無駄に長かった。暇なときに、分けて鑑賞された方がいいかもです。女の人のクダりが意味不明。将棋の過酷な世界がしょうもない人間模様で掻き消されてしまっていますね。
あと、対局中の駒を置き方、もう少し気を遣ってほしかった。総じてみんな汚い。プロ棋士はもっと丁寧に(いい音を出しながら)駒を置いてまっせ。

鰻屋の▲8三飛に匹敵するようなファンタ映画でした。
alpacino

alpacinoの感想・評価

3.3
ラスト30分でスコア0.3引き上げました。なかなか盛り上がらないんですよねぇ。神木君のメガネ、前髪で表情が生きないし、かといって、漫画みたいに内なる声を描き切れていない。後半に期待。
将棋が題材でありながらも個人や家族の複雑な過去と現在、心の葛藤が丁寧に描かれた作品。生きて行くための術として将棋と向き合ってきた主人公・零と、将棋でプロになりたくてがむしゃらに向き合ってきたもののその道を閉ざされた義姉。どちらも相手への無い物ねだりな面も感じられた。にしても義姉の当たりが強すぎて見ていて辛かったなぁ。
3月町の三姉妹が可愛くて癒し系で天使だった。あとは棋士らが素晴らしいくらい美男揃いで、さすが少女漫画原作作品って感じだった。目の保養でした。
>|