ちはやふる 下の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 下の句2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ちはやふる 下の句」に投稿された感想・評価

下の句も好き
真剣佑はお芝居が上手いなぁ
広瀬すずはとっても声がいい

2016
iwapuuuu

iwapuuuuの感想・評価

3.5
ブルーレイで鑑賞。
原作コミックは未読。

3部作中の2作目ということで全編ハイテンションとはならず、中盤盛り上がりに欠ける。

そのかわり、終盤、ラストはちゃんと盛り上げてくれるので、がんばって観ましょう!
クン

クンの感想・評価

3.7
上の句と続けて鑑賞しましたが広瀬すずと松岡茉優の演技がすごすぎる…
原作を読んでいたので内容の部分では物足りないところもありましたが二人の役に入り込む演技に引き込まれました。
松岡茉優ちゃんが登場すると、雰囲気が引き締まり、不思議な魅力に包まれる。タオル萌えのギャップも可愛すぎ。すごくイイキャラだし、演技も好き。

上・下続けて鑑賞。
物語としては、下の句はトーンダウン。元気な千早も空回り、太一も新たも、前半部分が非常に地味な展開。
reif

reifの感想・評価

3.5
下の句、いいじゃないですか! 試合のシーンが多いからかな。学園ドラマが全然ダメってことかも。上の句でチラ見せだった真剣佑がいい!! ほぼ棒立ちでとつとつと話すだけ、体軸がブレない。さすがサニー千葉の息子(って言われたくないよね、ごめん)。君はアクションはどうだね? 岡田准一一門に加わってアクションしないかい?

詩暢ちゃん。美しーい。女子高生、に無理がある大人顔。この二人のキャスティングが勝利してるわ、ちはやふる。

千早が走ったので好きになった。走る姿が美しい人が好き。中田ヤスタカの「ちはや、ブルー」はいいのか、ブルーになって
あさひ

あさひの感想・評価

3.5
上の句に引き続きカメラワークは最高。相変わらずの臨場感。ただ、団体戦の前作から個人戦になったからか、いまいち盛り上がりに欠ける。ラストもお粗末。ちょっと酷すぎるわ。

で、★3つけて終わりたいところだけど、松岡美優が凄すぎる。上手すぎる。主演の広瀬すずの熱演も評価できるけど、松岡美優は完璧に主役を食ってる。これぞクイーン!映画の感想が「松岡美優」になった。
さん

さんの感想・評価

3.6
もっと本気になれるものを見つけたかった高校生活って感じの映画です🎬一生懸命な人ってカッコいいです👏

野村周平演じる太一、カッコよすぎだろ✨ イケメンで何をやらせても完璧な男が実はかるたの才能に恵まれずコンプレックスの塊。そんな彼が千早の為、メンバーの為になりふり構わず努力する、その姿に心打たれました。部長として厳しく千早を部から追い出し、帰ってきたら優しく迎える、そしてその間に地方大会でサクッと優勝してA級入りしている、部のメンバーに力を与える為、大会ではサクッとかるたをとりノールックでその札をかかげる、個人戦、苦戦する千早の肩に無言でポンポン...
ここまでされたら、、そりゃ好きになるでしょ👏

松岡茉優も流石の演技力でした。まさにクールビューティーっていう感じです。その美しさは広瀬すずを喰うぐらいの存在感があって、また演じた若松詩暢というキャラが良かったです!!美しさに加え超毒舌は氷の女王という感じで風格バッチリ👍 それでいて私服は超のつくクソダサさw
ゆるキャラTシャツをパンツイン、水筒幼稚園掛けファッションってww

作品としては、とてもまとまっていたと感じました。
高校で再会した幼なじみの太一と一緒に競技かるた部を作った千早は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だったが、全国大会のために仲間たちと練習に打ちこむ——。


引き続き松岡茉優を目当てに鑑賞。

ずいぶんと私見が入るが、若宮詩暢のダサ可愛さを松岡茉優が演じると、こんなにも素敵なのか。クイーンスマイルも完コピ。松岡茉優の演技は、原作への敬意が感じられて、本当に好き。

あれ、感想が松岡茉優だけに。
上の句から流れで観た。テーマは個の力とチームの力。ありきたりなテーマだけれど上の句同様丁寧に描かれていた。

でも、上の句ほどカタルシスに高揚感がなく期待を超えるほどではなかった。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.0
松岡茉優の悪い顔いいわー。

ドSの「あれ持ってこい!」よかった。

上の句で気持ち入ったまま観たからもうね。色々経てからの快進撃。アツい!泣きそうになった。

あそこで勝たないところがまた良い。
>|