ちはやふる 下の句の作品情報・感想・評価・動画配信

ちはやふる 下の句2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ちはやふる 下の句」に投稿された感想・評価

QOne

QOneの感想・評価

3.9
漫画原作としては成功作!

なんといっても松岡茉優が演じるしのが素晴らしい!

彼女の独特なしのぶのキャラクターの特徴を掴むセンスは天才的✨

ひょろくんやドS須藤役もいいね。

青春映画の続編としても傑作に入る。

小泉監督の才能はもっと評価されていいと思う。

個人団体戦を軸に仲間との友情が前面に出た熱い青春が加速してる🔥
EDDIE

EDDIEの感想・評価

4.0
「かるたが一番楽しかったのはいつやった?」
初心を忘れ、新に認められたい想いに取り憑かれた千早はクイーン若宮詩暢との対戦を熱望する。
“上の句”の疾走感そのままに、瑞沢高校かるた部とのすれ違いを描き、人間的にさらにステップアップさせる。
次回作への期待を高める二部作の後編!

前作“上の句”では、かるた部のない瑞沢高校にかるた部を作り、部員を集め、そんな部員と一致団結していく模様が爽快でしたが、今作“下の句”は全国大会出場が決まることと千早がかるたを始めたきっかけである新との再会を機に迷走し部員とすれ違っていきます。

さらには今後ライバルとなるかるたクイーンの若宮詩暢の登場。

喜怒哀楽に素直でおてんばな綾瀬千早(広瀬すず)と冷静沈着な若宮詩暢(松岡茉優)の対照的なライバル関係はスポ根ものにおいては必須要素。
詩暢は普段冷静なのに、大好きなキャラクターの“スノー丸”のグッズを見つけると妙にテンションが上がる高低差が松岡茉優の役柄として合っています。彼女だからこの違いを自然に表現できたと言ってもいいでしょう。

太一(野村周平)を中心に、瑞沢高校かるた部の面々も成長を見せ、途中主に千早とのすれ違いがありながらもチームとしての成熟を見せるのがいいです。

また前作“上の句”では、競技かるたの迫力ある演出を魅力としながら、“下の句”では詩暢の登場により迫力だけでなく鮮やかさや美しさも表現してくるあたりニクいですね。まだまだ魅せる武器を持ってまっせという小泉徳宏監督の挑発とも取れる演出の数々に唸らざるを得ません。

あまり大きな見せ場はなくとも初勝利を飾るなど成長を見せる机くんこと駒野(森永悠希)の活躍がいいです。

最終章“結び”では新田真剣佑演じる綿谷新の見せ場はやってくるのでしょうか。彼の競技かるたの強さをちゃんと見てみたいところですね。

※2020年自宅鑑賞307本目
上の句から間を空けてしまって鑑賞。
アニメ視聴済みで観たけど違和感が無くて魅入った。
所々の笑いポイントもしっかり笑えた。
クイーンの独特なキャラ表現はアニメ以上に良かったかも。
呟き

呟きの感想・評価

4.6
松岡茉優ちゃんの演技がどの作品も好きで、勝手にふるえてろのときもすごく自分の中でツボで、今回もツボでした、単純に(笑)

ちはやとたいちの駆け引きもうわぁ、素敵すぎると久々にキュンとしてしまった^_^


p.s. 後、何と言っても続編が決定した時の舞台挨拶の映像がすきで、、
瑞沢かるた部そのままで、これ観た日気持ちが凄く落ちていたけど、ほっこり元気になれた
上の句から引き続き観賞。

松岡茉優の演じるクイーンが大好きです‼️
この作品のキャスティング、どの人物もホントに良いですね。
mewmew

mewmewの感想・評価

4.0
青春やなぁ。

やはりキャスティングが秀逸です。

かなちゃんに引き続きしのぶちゃんが原作に忠実ですごく良い。
ヒイロ

ヒイロの感想・評価

4.2
アツすぎるー!!前作ではつくえ君、今作では肉まんが良かっなぁ〜。クイーンを演じた松岡茉優さんの天才の佇まいとお茶目さ、振る舞いも最高に良い!ん〜🤔…と感じる部分もあったけど好き!
Ked

Kedの感想・評価

4.4
原作でも詩暢ちゃん推しなのですが松岡茉優を起用してくれた人に全力でありがとうと言いたい
過去鑑賞

まさに青春映画でした!

カルタのスピード感や、緊張感がこっちまで伝わってきました!

これも主題歌がパヒュームで良かった!
Haruka823

Haruka823の感想・評価

4.0
青春カルタムービー🎦
ロングのすずちゃん可愛すぎた😍💕
私部活やってなかったから部活やっとけばって後悔💦
仲間と部活って憧れる✨
>|