ちはやふる 下の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 下の句2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:103分

3.7

あらすじ

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、…

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「俺、かるたはもうやらん・・・」。 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。新に会って「強くなったな」って言われたい、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない…!「クイーンに勝ちたい。」千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、“競技かるた部”の仲間たちから離れていってしまう。そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつバラバラになっていく・・・。 果たして、全国大会の行方は? 今、泣きたくなるほど熱いクライマックスの、幕が上がるー!!!

「ちはやふる 下の句」に投稿された感想・評価

青春モノは観てて爽快、観終わっても晴れ晴れした気持ちになる

結び 観なくては
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.8
上の句とは違う広瀬すずの繊細な演技。やっぱ面白いなあ。上質のエンタメ映画でした。
新にイラつく。かるたの試合中がやばい。すごい。(語彙力〜)目が離せなかった。松岡茉優かっこよすぎる。
なみき

なみきの感想・評価

3.5
松岡茉優さんの演技がすごい。穏やかなとき、嫌味なとき、凄みを効かせるとき、はしゃぐとき、それぞれ声色も顔つきも変わりつつしっかり人物の同一性が維持されています。それにしても上の句でも少し気になってたけど、映像の光と色が強すぎる感じが見づらい。もっと自然な明るさでいいのに。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

私の中で結構重要だと思ってた団体戦の結果がうやむやにされてしまった。結局どこを目指したの。個人戦こそ団体戦ってそういうことなんか?あんだけチームチーム言うてたのに団体戦優勝するかどうかはどこ行った。前編よかったのでちょっと残念。
あみご

あみごの感想・評価

3.8
広瀬すずの元気な感じもいいし野村周平が支えてくれる感じが最高にかっこいい
結びを見に行きたくて上・下一気に見たけど思ったより良かった、
終盤というか最後の終わり方が物足りなくて、続きが気になるのは俺だけではないはず!
「ピンポン」でもそうだけど原作が漫画だと個性のあるキャラが出てきて面白い。

ドSの須藤(清水尋也)。あのキャラ好きです。

お目当ての松岡茉優。
新とかるた取りをするシーンの佇まいが正にクィーン。こいつ強いって構えだけで分かるのが凄い。
「団体戦なんてお遊びやったって、全員に言わしたるわぁ。」のあのセリフ。鳥肌立つくらいカッコ良い。
欲張りなんでもう一箇所位自分好みの、がつ〜んとくるやつ欲しかったかな。

全体としてちょいちょい挟むギャグは笑えましたが、上の句でのメインだった団体戦と恋愛はどこかにいってしまったままなのがマイナス。

続編は松岡茉優の出番少なさそうだから観るか迷いますね。

食べ物例え。
劇中で出てきたセリフがちょうど合ってるんで使わせてもらいます。
肉まんミンチ。
suzume

suzumeの感想・評価

3.3
松岡茉優って松嶋菜々子に似てるー(笑)
気になってググってしまった(笑)
とにかく映像綺麗!真剣な眼差しが下の句もgd!
『自分の選択に疑問を持っているあなたへ』
上の句に比べて、エンタメ要素を削りドラマ要素大盛りといった感じ。
その分、気持ち的に終始高揚感とはいかないけど、『なぜカルタをやるのか』というテーマはたぶん色んな人にも突き刺さるところかと思う。

上の句では団体戦、下の句では個人戦と考えて区別してるのは観客を楽しませようとする強い気持ちの証拠。
>|