ちはやふる 下の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 下の句2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:103分

3.7

あらすじ

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、…

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「俺、かるたはもうやらん・・・」。 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。新に会って「強くなったな」って言われたい、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない…!「クイーンに勝ちたい。」千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、“競技かるた部”の仲間たちから離れていってしまう。そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつバラバラになっていく・・・。 果たして、全国大会の行方は? 今、泣きたくなるほど熱いクライマックスの、幕が上がるー!!!

「ちはやふる 下の句」に投稿された感想・評価

はつみ

はつみの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

上の句がよかったので視聴。
上の句に比べるとかなり残念なできでした。

見れなくはないけど、終始イライラ。
とくに冒頭から千早のうじうじうじうじシーンがずっとあるので、本当に個人で強くなると言い張って部活にも顔出さなくなり、太一に来なくてよいといわれててほんとよくぞ言ったぞ太一!って思いました。
千早が新のためにかるたをやるのは勝手だが、そのためにほかの部員4人を巻き込んでいるのがイライラするし、せっかくもらったファイルを雨のなかびしょびしょで待ってるのもイライラするし、結局団体戦やりたいのか新のためにやりたいのか、目的が分かりにくい。
一人でかるたをやったらだめなんだよ!だから部活作って仲間作ってっていうことを伝えたいんだと思うんだけどいらいらする!

しのぶはよかった。かわいい。

上の句で好きだったかるたのシーンも少なかったので残念。

あと最後の最後に、いきなりクイーン名人戦が千早、しのぶ、あたら、太一でやっててちょっとなんだろう映画としてのまとめがわけわからんかったなぁと感じました。
上の句だけでよいです。

てか結局今回も新なにもしてないじゃん
かぴ

かぴの感想・評価

4.3
上の句で期待しすぎた感は否めない。
が、とてもよかったー!!!!
jmtgaw

jmtgawの感想・評価

3.6

上の句の方が面白かったが、続編は上の句以上に評価が高そうなため期待!
こっこ

こっこの感想・評価

3.5
青春がとまりませ~ん。
気付いたら、何度も泣いてました。
…繋がってる。仲間って素敵✨
『結び』気になります。
mizero

mizeroの感想・評価

5.0
やられた!
大体が前編≧後編という評価になりがちだけど…
どこを切り取ってもmust(°▽°)!
名作の誕生だ‼️

ひたすら太一がかっこいい!
嫌われたくないのに嫌われるようなこと言ったり。

もっと私たちを頼ってくださいってとこでうるっときたり、北央のとこが最高だったり下の句もしっかり面白い。

お前の得意札がいつのまにか俺たちの得意札になってる。個人戦こそ団体戦、次にクイーンと戦うかもしれない仲間のために自分ができることをするところとか本当にいいチームだなと再確認して一緒に青春してる気になれる。仲間目線で見ちゃうから“ちはやふる”取った時本当に嬉しくなる。

クイーンと戦ってる時、まさにちはやふるだったね、すごくこの映画はちはやふるにこだわってる感じが出てて綺麗だった。

すずちゃんっぽさを残しつつちはやを演じてる感じで、でもそれも良かった。実写の場合、何もかも中途半端になることが多いけどこの作品は映画の中にちゃんと物語を作れてると思いました!
むーん

むーんの感想・評価

3.6
上の句に続いて映像が綺麗だった。

松岡茉優も出てきて、しのぶちゃん役にぴったりだと思った。

カルタの大会の結果もきになるけど3人の恋愛も気になる。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.6
原作と同じくらい映画も好きです!
役者さん同士も息ピッタリで、ずっと観ていたくなる作品です^ ^
Rachel

Rachelの感想・評価

3.5
主人公チームが勝てないからこそ面白さが続く。

来たる日のために鑑賞。
DVD鑑賞なので、前編から間も無く鑑賞できたので高まった熱が冷めることなく面白さを感じることが出来ました。

前作同様、競技かるたの奥深さを知ることができる展開があったので、なるほどなぁと勉強になることがありました。
人間関係についての部分は少し大袈裟じゃないかと思うことがありますが、ふと思い返すと舞台が高校生の部活と考えたらそんなもんだよなぁと腑に落ちる結果となりました。

今作で感じたことは、広瀬すずの存在感はもちろんですが、周りの役者の存在の大きさも良い相乗効果になっているなぁと思いました。
演技が上手い下手とかではなく、このキャラにこの役者ありって感じの、いわば適材適所というところでしょうか。
それぞれの今後が気になります。
中でも、松岡茉優の存在感や魅力に大きな衝撃を受けたのが一番の印象です。
彼女に集中してもう一度観直したいぐらいだと思えました。

原作未読なので展開の違いがあるのかないのかがわかりませんが、団体戦・個人戦の詳しい結果が知りたいなぁと思いました。
あえてはっきりと見せていないのかもしれませんが…
PUDDIN

PUDDINの感想・評価

2.5
序盤から観やすく、しのぶちゃんのイメージが松岡茉優ぴったりだと思ったのが個人的な感想。
原作ファンとしてはやっぱりそこは重要。
ぜひ次も観たい。
>|