幕が上がるの作品情報・感想・評価

「幕が上がる」に投稿された感想・評価

当時テレビで観て、案外面白かったのを覚えています。
ももクロの演技がとにかく良かった…!正直、黒木華さんを喰ってました。
それくらいももクロ五人が光ってた。
とし

としの感想・評価

3.5
高校演劇部に力を注ぐ青春群像劇。ももクロのメンバーを軸に演劇の葛藤や人間模様が交わる。人は何かに夢中になり挫折しそうになってもまた立ち上がるパワーって熱い。演劇部のメンバーでほとんどセリフもないのに芳根京子や吉岡里帆が出ていて驚いた。
ももクロが好きで観に行った映画。予告トレーラーで黒木華ちゃんが蜷川幸雄ばりの指導をして弱小演劇部が、とスパルタ系だと思って見に行ったのにそんな要素はどこにも無く蜷川幸雄を模したシーンはまさかの夢。
キャスティングもももクロと関連ある人ばかりを単発でだしたり
青春映画であるとともにただのアイドル映画だった
K

Kの感想・評価

3.6
ももクロが大好きで観ました。

今となってはもう見ることのできない5人の演技。

心に留めておきます。
良い子

良い子の感想・評価

2.5
全体的に軽い仕上がりだが、さくっとは観られなかった。裏方にスポットを当てることにより作品に幅が持たされたが、フワッと明るい感じが主体となっている。主人公に感情移入出来れば良いゾーンに入れるかも。
eyes

eyesの感想・評価

2.5
部活内のももクロメンバーと他のメンバーとの関係に温度差が見えて、大会に向けて一致団結しているように見えなかったせいか、集中して見れなかった。学生らしいフレッシュさは感じるが、演技に入り込めてないシーンも多く気になった。黒木華とムロツヨシが支えた映画だった。だけど、百田夏菜子はやっぱり華があるなぁと思った。
てるる

てるるの感想・評価

3.7
演劇に青春をかける女子高生たち。

部活メンバー全員ももクロかと思ったら5人だけなんですね。
ももクロは主役の子くらいしか知らなかったけど、みんなそれぞれ違和感なく演技してた。
元々人に魅せることを生業としてる人って、演技も出来るんだな。

とはいってもプロの女優の黒木華のほうが比べてみるとずば抜けて上手い。
ムロツヨシだけは通常運転だったけど笑

演劇にも大会があることすら知らなかったけど、スポーツ並に厳しい世界で興味深かった。
しかも主人公が出演じゃなくて演出するほうなのも面白い。
演劇にハマってやめられない人がいるのも分かる気がする。

表向きは普通でも心の中で毒づいたり、些細なことで嫉妬したり、落ち込んだり…そこで成長していく青春ものってなんだかんだ楽しめる。

少し前のNGT問題とかアイドルって闇が深いイメージだけど、エンドロールとか見てるとももクロは仲良さそうで微笑ましかった。

全然関係ないけど、今やってる女子高生の無駄遣いってアニメが面白いです。
E

Eの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

色々あるけどアイドル映画にしては珍しく完成度が高めな気がした。

▼以下不満点
1)明らかに政治的/広告的な雰囲気を感じるシーンがなければもっと好きになってたと思う。ムロツヨシと黒木華と部員以外の配役はだいたいそんな感じ。とはいえ正直そこまでを含めてスタダっぽさはある。
もし部員で3Bjuniorが目立つ配役で出てきたら本作は悲しみで溢れまくった。
でもフジテレビ関係者と松崎しげるは出なくて良いと思う。豪華だけどかなり無理があったし最後のシーン、ギャグっぽい。

2)(鑑賞後原作読んだけど)あくまでももクロ主演とはいえわび助くん(男性)が居ないのは残念。演劇の甲子園であるなら男性俳優がいた方が部活的には優勢ではあると思うけど、アイドル映画だから完全に排除した感はやや感じる。

▼満足点
1)それぞれの配役が本人のキャラクターと被ってるのはとてもイイ。うるさいけど憎めないお調子者ガルルと孤高の転校生中西さんはまさに[高城れに]と[有安杏果]という感じがなんだか良い。

真面目で孤独な中西さん(ももクロ途中加入の有安杏果)を救う部長のサオリ[百田夏菜子]とかもうモノノフからしたら「アカン!(最高!)」ってなるし、そんなサオリと仲良い中西さんに嫉妬してしまうゆっこ[玉井詩織]はもはやももたまいで「アカン!(最高!)」ってなる。

後輩の明美ちゃん(グループ最年少の佐々木彩夏)もなかなかバッチリ。

2)モノノフが大好きであろうメンバー達のワイワイきゃっきゃが程よく劇中であるのもファンからしたら美味しいとは思う。

3)正直メンバーが演技できんのかヒヤヒヤしたけど撮影前の集中稽古の経験もあってわりと観れる。

4)ストーリーを得たうえで主題歌の青春賦はちょっと染みる。特に歌詞。
HO

HOの感想・評価

-
最初はふーんと思って見てたけどラストはめちゃくちゃに泣いた どこにもたどり着けない、だとり着きようがない、それでも駆けることをやめられないってみんな眩しかった
にお

におの感想・評価

2.0
前評判が良かったので期待しすぎたかも。
アイドル映画〜とは思わないけど、ももクロじゃなかったらみないタイプの映画かも。
ももかがすごい可愛く見えた。
結構詩的な映画でした。
あーりんかわいいよあーりん。でもちょっと太めでした。
>|