幕が上がるの作品情報・感想・評価・動画配信

「幕が上がる」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

5.0
ももクロさん目的で小学生の時に
初めて観ました。
ファンでは無くても青春を感じられる
とっても良い作品です!
この映画を観て演劇部に憧れ、
高校は演劇部に所属しました💭
演劇の知識を得た後に観るとまた違った楽しみ方があり、何度も観てしまう作品です!
吉岡里帆 芳根京子 伊藤沙莉 今では大活躍している女優さんが出ていてぶっ飛びのびっくり!しかも全然セリフが無い
zume

zumeの感想・評価

3.3
ももクロ好きの人は観るべし!

とりあえず、「走れ!」が
良い曲ってのはよく分かった。
 正直あまりメジャーでは無い演劇部を題材にした本作。語彙力皆無ですが部活物の作品って率直に良いなと思いました。
楽しい事ばかりじゃ無く辛い事や八つ当たりしたい心情や丁寧に描かれていたと思います。

 主演がももクロという事でファン向けの映画かと思いましたが、ファンで無くとも充分良作である事は変わらないと思うので是非観て貰いたい一本です。
しおりんとももかが、各自黄色と緑色のペンキで小道具を塗ってたり、かなこぉ↑↑のベッドにしおりんが入り込んで一緒に寝たりとかは、ももクロオマージュなのでファンサービスです!
高校演劇経験者のレビューです

部活ものにおいてスポーツ題材の作品は多いですが演劇など文化部系のものは比較的少ない中、高校演劇テーマの映画となればお前ら経験者見ろよ!!と言われてるようなものなので吸い寄せられるように観ました

目標に向かって努力する彼女ら、その成長を側で経験する最高の作品でした

ただ、演劇を知らない人に観てもらったところ微妙な反応でした おすすめなことには変わりませんが



レビュー書くために少し見直したんですが青春の輝きに途中で死にそうになりました
劇部経験者は気を付けてください 本当細かいところひとつであぁ、、ってなりますので

高校演劇の亡霊たちには是非「エキストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート」も観ていただきたい 最高です
友雅

友雅の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ももクロは本職はアイドルなのでお芝居をしているなと感じるシーンもありましたが、ストーリーとしてはアイドル映画ではなく青春映画として成り立っていたと思います。

男子生徒が一切物語に絡まず、高校青春時代の一瞬にそれぞれがやりたい事に本気で向き合って取り組む一貫した流れで好きでした。
ただエンディングにももクロの曲でメンバーが踊る映像を見て、表情の作り方や立ち振る舞いがガラッと変わってやっぱりアイドルとして輝いているなぁと感じました。
原作がある中でこのキャスト構成になった経緯を個人的に知ってみたいと思うメンバー陣で、今では第一線級の役者さん達が多数出演しているのも魅力的でした。

黒木華さんなどの流石の演技力も必見です。

タイトルコールは物語冒頭に入る事が多い中、ラストシーンの本当に最後の最後に幕が上がると同時にタイトル挿入→エンディングの流れもお洒落で素敵でした。
青春映画。シーンを重ねる毎にメンバーの演技により磨きがかかるのが良かった。ファンムービー的なテンションで見に行って意外に感動したのを覚えてる。
ももクロ映画なんだけど、ももクロ興味ない人がどう思うのか気になる。
めっちゃ好きだけどね。
づっか

づっかの感想・評価

3.5
芳根京子目当てで鑑賞
伊藤沙莉、ムロツヨシも出演している
芳根京子ぜんぜん出番なかったな…w
仲間達との友情や葛藤、成長していくのがよかった
吉岡先生が熱くすごくいい

2021年110作品目
高校演劇が題材とあって、観に行かないわけにはいかなかった。ももクロに対する興味ゼロで、彼女たちのファンが多い中で異質な観客だったと思う。

結果「すげえ良いじゃんかよ!」と当時の私はツイートしてる。「ものづくりを志す子たちの高揚感とか葛藤が丁寧に描かれていたよ。タイトルコールが出てきた瞬間、ぞわっとしますた。高校生に戻れたら芝居やりたいなぁ」だって。

映画と舞台化にあたって、原作の平田オリザがももクロに指導したらしい。それは台本の順番で稽古する、という内容だったらしいけど……その成果をうかがい知ることはできなかったような。
>|

あなたにおすすめの記事