エル・クランの作品情報・感想・評価

エル・クラン2015年製作の映画)

El Clan

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

1980年代アルゼンチン。史上最悪な独裁政治から7年以上が経ち、徐々に民主政治を取り戻していた時代。裕福で、近所からも慕われるプッチオ家は、父アルキメデス(ギレルモ・フランセーヤ) を筆頭に妻、息子3人、娘2人で幸せに暮らしていた。そんななか、マルビナス戦争(フォークランド粉争)の結果政府が転覆。政府の情報管理官として働いていたアルキメデスは無職になってしまう。 ある日、長男アレハンド口(ピー…

1980年代アルゼンチン。史上最悪な独裁政治から7年以上が経ち、徐々に民主政治を取り戻していた時代。裕福で、近所からも慕われるプッチオ家は、父アルキメデス(ギレルモ・フランセーヤ) を筆頭に妻、息子3人、娘2人で幸せに暮らしていた。そんななか、マルビナス戦争(フォークランド粉争)の結果政府が転覆。政府の情報管理官として働いていたアルキメデスは無職になってしまう。 ある日、長男アレハンド口(ピーター・ラソサーニ)は、同じラグビーチームの友人に車で家まで送ってもらっていた。そこへ突然、見知らぬ車が割り込んでくる。その車から出てきた銃を持った男たちは二人の頭に布を被せ、さらっていった。友人は車のトランクへ、アレハンド口は助手席へ放り込まれた。なぜか運転席の男は乱暴されたアレハンド口を気遭う。そこで、覆面を取ったのは、 父アルキメデスだった一 翌日、アレハンド口が練習場へ到着すると、チームメイトが誘拐されたことが既に広まっていたが、誰一人アレハンド口を疑っている様子はない。 皆、姿を消した友人を心配しており、複雑な心境になる。犯入が捕まらず街に不安な空気が流れるなか、プッチオ家はいつもと変わらない生活をしていた。タ飯の時間になると、アルキメデスは妻エピファニア(リリー・ポポヴィッチ)の作った料理を、キッチンではなく、2階の奥にある鍵のかかった部量へと運んでいく。なんとその部屋は、プッチオ家に特設された(監禁部屋)だったのだ。

「エル・クラン」に投稿された感想・評価

とり

とりの感想・評価

3.5
テンポが絶妙な逸品。誘拐(&殺害)がファミリービジネスの一家の実話は一見ミスマッチな選曲とカットバックとかの編集がシュールで映画ってこういうこと出来るよなって思い出させてくれる。昔のロック好きね、ツボ押さえてる。と同時に歩いているのを後ろからついていくときとかカットを割らないタイミングとかを心得ている気がする。特に最後が圧巻!人生皮肉なものだ。時にスコセッシ作品のようでもあってそれらが暴力を浮き彫りにする。実際の事件を事件を知らなくてもたのしめるし映画としてはダークでスキャンダラスで恐らく良く出来ていて面白いけど、題材のせいか夢中になるほどではなかった。本国アルゼンチンでは大ヒットしたらしい。
アレックス!アレックス!医者を呼んでくれ!
勝手に関連作『アニマル・キングダム』
TOMATOMETER89%AUDIENCE77
As shockingly compelling as it is dispiriting, The Clandelivers hard-hitting lessons even for viewers unfamiliar with the real-life history behind its story.
KentF

KentFの感想・評価

3.2
実話である上、冒頭シーンが効果的なため、「上手くいっているようにみえる家族がいかに破綻していくのか」に視点が集まる。少しずつ歯車が狂い始めるけれど、その中で父親の存在感は異色。
susu

susuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

軍政から民主政への移行期(80年代)のアルゼンチンにおいて、家族ぐるみで誘拐と身代金要求を生業とする男の物語。もともと彼は軍関係の仕事を担うエリートだったものの、民政移管に伴い失職してしまう。そこで、ほかの没落エリートと同様に、彼もまた誘拐で金を稼ぐようになる。なお、誘拐には軍も一枚噛んでいるため、誘拐犯たちは大胆に次々と人を攫っていく。ところが、軍の覇権が衰えるにつれて同業者は次第に逮捕され、ついには自分たちも逮捕されてしまう。

興味深いのは、一連の犯行の様子がさも当たり前の日常であるかのように描かれることだ。あたかも、引っ越し業者が仕事をこなしていくように。男が誘拐を取り仕切る一方で、それを手伝う彼の息子は従順に命令を遂行する。そして彼らは誘拐で得た金で生活し、旅行し、ガールフレンドとデートするのである。これほど穏やかに誘拐事件が展開される様子は、どこか非日常で狂気じみている。

しかしながら、この誘拐事件の動機をこの男の狂気と強欲のみに求めることは短絡的な見方かもしれない。むしろ私は、劇中に男が言ったように、「自分たちは被害者なのだ」という立場を検討してみるべきだと考える。つまり、彼は国の政変に巻き込まれたのである。事実、彼は民政移管によって権力を奪われた軍部から仕事を切られ、その代わりとして誘拐業務を請け負ったのである。それにもかかわらず、時代とともに軍は隠れ蓑を提供できなくなり、最後にはトカゲのしっぽのように見捨てられて破滅する。腐敗の末端である彼が逮捕糾弾される様子を見ると、私にはとてもこれが遠い国の問題だとは思えない。

はたして、この男は本当に気狂いの犯罪者なのだろうか?男が最後に放った「強要された」というのは、苦し紛れのでたらめだろうか?
mrbean

mrbeanの感想・評価

3.7
南米ってもうなにが普通なんだかわからんイかれてる

アレックス被害者に見えるけど、立派な悪人だよ

途中消えた次男坊が一番偉い

実話かあ
凄まじいねえ
sachi

sachiの感想・評価

2.5
実話とのことで最後までみてしまいましたが、とにかくずっと嫌な気分。最後の崩壊していく様はちょっとだけすっきり。でも後味がわるいー

アルゼンチンってそんなに誘拐普通にあるのか?政府の仕事っぼかったけどなにそれ?息子も可哀想な部分はあるけどなぜ協力しちゃう??
納得いかないけど、現実にあったのか!と驚き。
Chop

Chopの感想・評価

3.3
誘拐ビジネス一家の実話。

題材めちゃ好みやったけど、期待し過ぎたかなー…。
テンポよろしくなかった。

サントラええかも。

最後、息子の行動は衝撃!
ju

juの感想・評価

-
実話だと知らずに鑑賞w
まず、音楽が素敵

後は父親がクズ

100回成功しても一回の失敗で命取り
日本警察じゃ、とっくに捕まえてるよ。

飛び降りのシーンリアル

自殺しても死なないって

あるいみ最強かも。。
とろろ

とろろの感想・評価

3.5
期待してたせいか思ったより胸糞悪いシーンが淡々と進んでいった印象で少し物足りなかった。
冒頭の誘拐シーンとラストの飛び出すとこはゾクゾクさせられました。
kyoko

kyokoの感想・評価

-
アルゼンチンの映画初めて観た。
テンポが悪すぎて途中で飽きる。音楽は良いけどなんか浮いてて残念な感じだった。
蟹

蟹の感想・評価

2.8
寒さ苦手そうな顔ってどんな顔

父親が中心に回ってる家族まじで胸糞悪くて犯罪とか関係なしにそこにムカつく
結婚報告に驚かず、母親が「父親の為にやめてあげて」とか反対したり雑い雑い
兄弟が亡命したり残ってる次男も辛いの見るだけ、面白いと思わない
>|