エル・クランの作品情報・感想・評価

エル・クラン2015年製作の映画)

El Clan

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

1980年代アルゼンチン。史上最悪な独裁政治から7年以上が経ち、徐々に民主政治を取り戻していた時代。裕福で、近所からも慕われるプッチオ家は、父アルキメデス(ギレルモ・フランセーヤ) を筆頭に妻、息子3人、娘2人で幸せに暮らしていた。そんななか、マルビナス戦争(フォークランド粉争)の結果政府が転覆。政府の情報管理官として働いていたアルキメデスは無職になってしまう。 ある日、長男アレハンド口(ピー…

1980年代アルゼンチン。史上最悪な独裁政治から7年以上が経ち、徐々に民主政治を取り戻していた時代。裕福で、近所からも慕われるプッチオ家は、父アルキメデス(ギレルモ・フランセーヤ) を筆頭に妻、息子3人、娘2人で幸せに暮らしていた。そんななか、マルビナス戦争(フォークランド粉争)の結果政府が転覆。政府の情報管理官として働いていたアルキメデスは無職になってしまう。 ある日、長男アレハンド口(ピーター・ラソサーニ)は、同じラグビーチームの友人に車で家まで送ってもらっていた。そこへ突然、見知らぬ車が割り込んでくる。その車から出てきた銃を持った男たちは二人の頭に布を被せ、さらっていった。友人は車のトランクへ、アレハンド口は助手席へ放り込まれた。なぜか運転席の男は乱暴されたアレハンド口を気遭う。そこで、覆面を取ったのは、 父アルキメデスだった一 翌日、アレハンド口が練習場へ到着すると、チームメイトが誘拐されたことが既に広まっていたが、誰一人アレハンド口を疑っている様子はない。 皆、姿を消した友人を心配しており、複雑な心境になる。犯入が捕まらず街に不安な空気が流れるなか、プッチオ家はいつもと変わらない生活をしていた。タ飯の時間になると、アルキメデスは妻エピファニア(リリー・ポポヴィッチ)の作った料理を、キッチンではなく、2階の奥にある鍵のかかった部量へと運んでいく。なんとその部屋は、プッチオ家に特設された(監禁部屋)だったのだ。 アルキメデスは人質に対し、身代金を用意させるため、家族あてに手紙を書くよう指示をする。その後、多額の身代金受け取りに成功したアルキメデスは、人質を監禁部屋から車のトランクへ運び、アレハンド口が見守るなかプッチオ家をあとにする。しかし翌日、アレハンド口はチームメイトから衝撃の事実を告げられる。なんと、人質になった友人は殺害されていたのだ。その夜アルキメデスに理由を聞くと、人質から逆に脅され、家族を守るため仕方なく殺害したことを打ち明けられた。さらに、「私を信じてほしい」と次の"仕事"に向けて協カを仰ぐのだった。 数日後。アレハンドロが経営するサーフショップの開店祝いで町の人々やチームメイトに祝福されるプッチオ家。その姿は以前と変わることなく仲睦まじく、誰もが羨む光景だった。家族の秘密を知るものは、未だ誰一人いなかったのだ。ある日、アレハンドロが店番をしているときに若い女モニカ(ステファン・アコエッセル)がやってきた。モニカとアレハンドロは互いに惹かれあい、自然と恋人関係になった。店の経営も恋人と の関係も順調なアレハンド口は、普通の生活を望むようになり、次の"仕事"から抜けることを父アルキメデスに伝えた。そこから徐々にプッチオ家の歯車が狂い始めるー

「エル・クラン」に投稿された感想・評価

MEMO

MEMOの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

興味深い事件だったけど、バッググラウンドが未だ不明確なのか淡々と描かれていた印象。パパの目が素敵だった。ラストが胸糞悪いです。
alpacino

alpacinoの感想・評価

3.2
なんだか全然受け付けなかった。合わないのかな。
ここまで胸糞悪い実話はなかなかないのでは。
誘拐身代金殺人を悪びれる様子もなく、デイリーワークのようにする首謀者の父親。
最後のエンドロールまで、自分は悪くないの一点張りで。サイコパスな人よりもずっと怖いわ。
たま

たまの感想・評価

3.5
いまだかつて多くの映画を見てきたけど、映画を見ながらこれほどまでに腹を立てたことがあるだろうかと思うくらいに父親が腹立たしかった。
自分が勝手に犯罪に手を染めるのは仕方がないかもしれないが、息子に強要したり、反発すれば誰のおかげでここまでになれたのかと脅す父親に憤った。だからラストは思わずNo!と叫びたかった。
アルゼンチンの時代背景もあるだろうが誘拐をビジネスにしていたのが実話とは驚く。
誘拐の場面では軽快な曲が流れるところもラテンらしい。
風来坊

風来坊の感想・評価

3.0
映画を観る前にテレビの「世界まる見え」か「アンビリーバボー」で事件のドキュメントを見て、エリート一家が転落して、家族ぐるみで誘拐を家業にしているなんてと衝撃を受けた事件。事の顛末等は先に知ってしまっていたので映画を観ての新たな驚きはありませんでした。

誘拐という犯罪が家族の生活に当たり前のように入り込み普通に生活している様は本当に怖い。父親は家族というものに悪い意味で縛られ、それを維持しようと家族を巻き込み誘拐を重ねる…行き着く先は破滅しかない先行きに背筋が寒くなります。

しかも誘拐した人達は知人だったりして一体何を考えていたのか…。貧困や家族を犯罪に走った理由にしているが言い訳にもならない…。家族は寵愛し他人は何とも思わない…自己中の異常者にイライラさせられます。そういった意味では父親を中心に異常な家族の実態を細かに描いていてリアルなんだろうと思います。

ただ…父親をフォローする訳ではないですが、この映画は結構映画的に脚色されていて、息子が誘拐を言い出したのもあって全部父親主犯というものでもないんですよね。

テレビでも思いましたが犯人のその後はお国柄なんでしょうか?そりゃ罪は償ったのでしょうが服役で全部終わったような感じは何とも言えないやりきれなさ…。最後までわたしは無実と言い張ったそうですし、終身刑で僅か20年で釈放で弁護士資格とって新しい嫁貰ってウハウハの生活って全然懲りてねえ(´・ω・`)まあ没後は遺骨等の引き取り手がなく無縁仏のようで人生を現しているなぁと思います。まあ私も人の事は言えず今のままだと無縁仏確実ですが( ;∀;)


重いお話しなので少しでも観やすくする配慮か音楽は軽快な物が多いのですが、私は映画に合っていないような感じがして違和感を感じました。肝心の部分を配慮からか見せなかったり物足りなさが残る。細部の表現ではテレビのドキュメントの方が勝る印象です。

映画的に面白いかどうかは微妙なんですが、アルゼンチンでこんな異常で奇妙な事件があった事を知る教材的な感じにおいては意味のある映画かなと思います。
nago19

nago19の感想・評価

3.5
自己中親父。仕事がなくなったのも人質を殺したのも全部人のせい。
matsunikki

matsunikkiの感想・評価

3.3
なんといっても主役の人の目。怖かった〜。
意外と音楽も好みだったなぁ。
>|