エル・クランの作品情報・感想・評価

エル・クラン2015年製作の映画)

El Clan

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

1980年代アルゼンチン。史上最悪な独裁政治から7年以上が経ち、徐々に民主政治を取り戻していた時代。裕福で、近所からも慕われるプッチオ家は、父アルキメデス(ギレルモ・フランセーヤ) を筆頭に妻、息子3人、娘2人で幸せに暮らしていた。そんななか、マルビナス戦争(フォークランド粉争)の結果政府が転覆。政府の情報管理官として働いていたアルキメデスは無職になってしまう。 ある日、長男アレハンド口(ピー…

1980年代アルゼンチン。史上最悪な独裁政治から7年以上が経ち、徐々に民主政治を取り戻していた時代。裕福で、近所からも慕われるプッチオ家は、父アルキメデス(ギレルモ・フランセーヤ) を筆頭に妻、息子3人、娘2人で幸せに暮らしていた。そんななか、マルビナス戦争(フォークランド粉争)の結果政府が転覆。政府の情報管理官として働いていたアルキメデスは無職になってしまう。 ある日、長男アレハンド口(ピーター・ラソサーニ)は、同じラグビーチームの友人に車で家まで送ってもらっていた。そこへ突然、見知らぬ車が割り込んでくる。その車から出てきた銃を持った男たちは二人の頭に布を被せ、さらっていった。友人は車のトランクへ、アレハンド口は助手席へ放り込まれた。なぜか運転席の男は乱暴されたアレハンド口を気遭う。そこで、覆面を取ったのは、 父アルキメデスだった一 翌日、アレハンド口が練習場へ到着すると、チームメイトが誘拐されたことが既に広まっていたが、誰一人アレハンド口を疑っている様子はない。 皆、姿を消した友人を心配しており、複雑な心境になる。犯入が捕まらず街に不安な空気が流れるなか、プッチオ家はいつもと変わらない生活をしていた。タ飯の時間になると、アルキメデスは妻エピファニア(リリー・ポポヴィッチ)の作った料理を、キッチンではなく、2階の奥にある鍵のかかった部量へと運んでいく。なんとその部屋は、プッチオ家に特設された(監禁部屋)だったのだ。

「エル・クラン」に投稿された感想・評価

yoshis

yoshisの感想・評価

2.2
すごい家族。父親役の役者が怪演。最後の飛び降りシーンはなかなかの衝撃。けど退屈な映画
mynnnno

mynnnnoの感想・評価

3.4
実話なんですね、、
にしても中々に重い内容・重いシーンに対して音楽が陽気…これはねらってこうしたのでしょうか?
お父さんが冷静すぎるし、弟があまりにも変貌していて、そこにつっこみたくなりつつ……
弟…嫌だ、っていって出ていったのに帰ってきた上に誘拐の手伝いしてますやん、、と思いつつ…

一家を支えるために誘拐身代金で稼ごうっていう思考が凄すぎるのですが、もうそれしか手がなかったのだとも考えられる…
だからといってこれを正当化することはできません。

当時のアルゼンチン情勢は、私には想像できないほど不安定で失業率も高かったのでしょう。
emi

emiの感想・評価

3.5
こんな恐ろしい話が実話というから驚く。特に父親役は力演で凄味がある。
Kota

Kotaの感想・評価

3.6
中々クレイジーで猟奇的で面白かった。実話ってやばいね。80年代アルゼンチン治安悪すぎ。でも、なにがって弟の変わり様が一番驚いたかな(観た人ならわかるハズ!)。ストーリーとはアンマッチに音楽が全部めちゃかっこよかった。
メル

メルの感想・評価

3.4
1980年代にアルゼンチンで実際にあった事件。
連続誘拐の身代金で生計を立てていたという一家の話。

日本では「フォークランド紛争」として知られているアルゼンチンとイギリスの戦争で軍事政権が崩壊したアルゼンチン。

軍のエリートだった父親は職を失い、一家7人どうやって食べていこう…という時に富裕層の誘拐を思い立つ。
長男、次男は父親に強要され加担しているが、他の家族も気づくはず。
特に母親から息子への強いハグと熱いキスは意味深で、あれは「一致団結よ!」の証し?

秘密の監禁部屋を持つ家で何事もない様に食事をする場面は不気味。
そして流れるBGMはやたら陽気で ( ペドロ・アルモドバルが製作に関わっているのですが ) アルモドバルの影響なのかな…。

最後の最後まで陳腐な自己弁護を貫く父親のふてぶてしさには呆れるけど、事件が明るみに出たその後もスッキリしない結末に、それも南米らしさなのか…とふと思う。

エル・クランとは「一族」「一家」という意味…ナイスです。

このレビューはネタバレを含みます

今更のスコセッシフォロワー。とてつもなく遅れているしダサい。ロックの名曲をバックに暴力シーンのハイライト。(グッドフェローズの例のシーンな)
そこにセックスシーンまでカットバックで入れてくるダサさ。

ラスト、主人公が飛び降り自殺するシーンでカットを割らずにそのまま墜落するまで撮る。黒沢清の『叫』と同じだが、これももうダサいんだよな〜
Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

3.4
親父はヤ◯ザのボスみたく冷静。ずっと冷静で展開もサラッとしている。
過激な描写も少ないけど、ピンポンのペコか!と突っ込みたくなるラスト。ザ・キンクスの曲がしみるぜ。
家族の話というか、冷静親父とハッピー息子が主です。
痛快な詐欺映画を期待したのに

こっちが詐欺にあったような感じに…

時代、住む世界、への知識不足からか
何一つわが身に置き換えて観れなかったな

みなさん
いっちょカモられるならエルクランじゃなく
スティングで(u_u)
父ちゃんが、やばい!
眼つきがいっちゃってます!
これも世界の情勢を知る映画。
Sayu

Sayuの感想・評価

2.8
誘拐、身代金受け渡し、殺害
雑だなぁ~と思いながら
実際もこんな感じでやってたなら怖い。

罪の意識など皆無!!
親父の神経どうなってんだ!! 流れるロックがなんとも…👍
家族のその後が衝撃!!特に親父!!
これが実話…凄い。

ってかこの時代のアルゼンチンどうなってたんやろ…

面白かった~とは思わなかったけど
実話だと思ったら見て良かった🔫
>|