ヒーローショーの作品情報・感想・評価

「ヒーローショー」に投稿された感想・評価

ryo

ryoの感想・評価

3.5
大阪で実際に起きた集団リンチ事件を元にした映画。

序盤アウトレイジ的な「全員悪人」な感じかな、と思ったら違った。
「全員バカ」だった。
主要ヤンキー達はもちろん、脇を固める光石研、吉田羊、升毅が演ずる役も一人残らずバカ。
だからこそ救いようがない。
誰にも同情できない。

ジャルジャルが演じてる時に、
「これはコントじゃない」と脳が理解するのに若干時間がかかるが、
慣れたら後藤も福徳もハマり役に見えてくる。

一番強面な阿部亮平が一番健気で愛くるしかった。
8本目
暴力的な後藤と弱々しい福徳は本当に性癖がぶっ壊れるな
kaz

kazの感想・評価

3.0
井筒和幸監督の「無頼」の紹介をアトロクでされているのを聴き、その際、宇多丸師匠が本作を褒めていたことから鑑賞。

主演、ジャルジャル。何故。

しかも、ジャルジャルの後藤が怖いお兄ちゃん役なのだが、私の中で漫才師の印象が強く、全然しっくりこない。

2人組のいかつい金髪の兄ちゃん役の人達は、ばっちりはまっていただけに残念でならない。

芸人さんが演技をすることに全く抵抗はないが、芸人の印象が強いと観ている側は、その役に集中できない。芸人の印象がノイズになるなぁ。

とりあえず、暴力はやめましょう。

話せば、分かる。話しても分かってくれないなら、私は逃げる。

映画としては、何だかぼやけた作品だった。暴力を描きたいのだろうけど、ジャルジャルの2人も描きたい、みたいな。私はあまり楽しくなかった。

星は3つ。3.1とか。


あと、ヒーローショーのお姉さん、エロい。
アノ

アノの感想・評価

4.4
一度暴力が始まると加害者ですら飲まれてノンストップで進んでしまう恐ろしさ。
阿部亮平らがリンチされている場から遠く離れてショーの真似事をさせられる福富が天才的。生き埋めにするためにやってくる重機運転手の飯島洋一の意味不明な怖さも最高。
夜のシーンが印象的だが金策巡りのために公衆トイレで身支度するシーンの光量も素晴らしい。

ヒーローショーの衣装を纏っていることの批評性が冷やかし揶揄レベルの浅いラインで収まってるのが惜しい。
あとEDがピンク・レディーなのもクソダサい。
福徳の弱っちい感じは似合うけど、後藤のオラつきが合わない映画

一方で、対峙する相手がガチもんかってくらい良い怖い顔してる
いかつい兄ちゃん2人いたのに片方しか活躍しなかったのが残念
細いほうももっと出てほしかった

ストーリー的にも特筆すべき点はないもののつまんないわけじゃなく、楽しんで見れる

合間に挟んでくる福徳の笑いが面白い
悪役の悪役感いい!
輩どもの薄っぺら人生感いい!

ただの電話じゃなく、外からおばはんの圧や儲け話が話しかけられるなど、飽きない。

コンビニ店員、短いシーンで不遇を表現できる。
結末が邪魔され語られない会話。

BGMが説明しすぎててダサい。
いやむしろそれが良くなってくる。

田舎のろくでなし感。
バイオレンスはやはりドキドキする。

埋めた後の自己正当化リアル。

後半の無軌道はわざと?
急に目的地が分からなくなる。
人物たちの素描。

究極の場面での心情の吐露はいい。

ラスト、なんだかんだいい。
よくわかんないけど、ジャルジャルがM-1って口にするだけで胸熱。
saw13

saw13の感想・評価

-
圧巻なのは、だんだんと暴力がエスカレートする前半。そして、その暴力を間近で見たジャルジャル福徳が暴力の実行者相手に心身ともに服従していく様を、じっくりと見せる後半。いろいろと投げっぱなしで終わるが、軸がしっかりしてるので特に気にならない。
hoteltokyo

hoteltokyoの感想・評価

3.8
大阪で起きた実際の事件を基にした映画。
ジャルジャル出演してるいるしと軽い気持ちで観るとバイオレンという名の想像以上のカウンターパンチを食らうので注意。引くに引けなくなって殺人を犯してしまう人間の心理描写が凄まじい。これほどまでにジャルジャルがジャルジャルに見えない映画はあっただろうか。

さすがパッチギを撮った男、井筒監督。
本当スケベな人やで。
しんじ

しんじの感想・評価

3.5
実際に発生した集団リンチによる殺害事件を基にした映画!!

意外と笑えるシーンが多くて見やすかったけど、ちょっとしたことから暴力が発生してどんどん取り返しのつかない状態になっていくのがリアルで良かった!!

事件後の精神状態や行動が1人1人違ったのもリアルな感じがした!
1人だけ事件後も行動が変わってなさそうなやつがいて、そいつはイカれてるなと思った笑
>|