コンフィデンシャル/共助の作品情報・感想・評価

コンフィデンシャル/共助2017年製作の映画)

공조/Confidential Assignment

上映日:2018年02月09日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

北朝鮮の刑事イム・チョルリョン(ヒョンビン)は極秘任務を遂行中、上官チャ・ギソン(キム・ジュヒョク)の裏切りにより仲間と妻を殺されてしまう。ギソン率いる組織は世界を揺るがす機密を盗み、韓国へと逃亡。それを秘密裏に取り返さなくてはならない北朝鮮はチョルリョンをソウルに派遣する。国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は庶民派熱血刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)を任務にあたらせ、歴史上初の“南北共助捜査”を…

北朝鮮の刑事イム・チョルリョン(ヒョンビン)は極秘任務を遂行中、上官チャ・ギソン(キム・ジュヒョク)の裏切りにより仲間と妻を殺されてしまう。ギソン率いる組織は世界を揺るがす機密を盗み、韓国へと逃亡。それを秘密裏に取り返さなくてはならない北朝鮮はチョルリョンをソウルに派遣する。国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は庶民派熱血刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)を任務にあたらせ、歴史上初の“南北共助捜査”を契約する。しかし、韓国は北朝鮮の真の思惑を探るべく捜査を偽装してジンテにチョルリョンの密着監視を命じていた。かくして出会うはずのなかった刑事コンビはそれぞれの思惑を持ちつつ凶悪な犯罪組織との戦いに身を投じていく―。

「コンフィデンシャル/共助」に投稿された感想・評価

カコ

カコの感想・評価

4.3
やっぱり韓国アクションは凄いなぁ....とつくづく思う。なんでこんな爽快感出せるんだろう。とにかく戦闘シーン最高だった!
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.5
韓国映画です。主人公が北朝鮮のエリート軍人。仲間が国を裏切られたやつに全員殺され、南の韓国に逃げ込んだ。一人残された主人公が韓国の警官と手を組まなければならない状態になった。韓国の警官は上司からこの義務は極秘なので、誰にもいうな。ただ殺人犯を追ってると思ったら大間違いだ。アクションも最高だし、結構ユーモアもたっぷりあって、凄い楽しめる作品です。南北の凸凹コンビになり、悪党と戦う。これはあすすめできますね!
ストーリー、アクション共に卓越した完成度。下手なハリウッド作品よりよっぽど面白い。比較的楽観的な切り口だが、南北朝鮮の国民の距離感が何となく伝わってくる。

このレビューはネタバレを含みます

今、正にタイムリーな南北の和解ムードにピッタリの作品。北朝鮮側のイケメン兵士と韓国側のオッサン刑事とのバディものという最高の設定。この手の作品定番のカルチャーギャップはもちろん多く、韓国の作品だからか全体的に韓国に対する皮肉多め。(韓国に住んでる方の一般的な感情なのかもしれない)。そのためか韓国側の刑事さんが偉そう+そんな役に立ってないのが残念。後は二度目のクライマックスはちょっと食傷気味なのと、妹は捕まらなかったのかいなかったのがノイズになってしまった。しかし全体的にはとても面白かったです。あとトイレットペーパーアクション最高!確かに真似したくなる!
はるか

はるかの感想・評価

4.0
アクションエンターテインメント映画!
題材は重そうやのに思ってた以上に笑えるところ満載。そしてやっぱりアクションがいちいちかっこいい!!!!
義妹がかっこいい🙈てなるのも分かるぐらい北の刑事がかっこいい。
エンドロールの映像も良くて、またこのバディが観たいって思った。
Toshiaki

Toshiakiの感想・評価

4.5
こんな面白そうな設定で、しかもユヘジン。期待通りの作品でした。
アクションシーンやカーチェイスの派手さ、南と北の温度差もしっかり描けている。劇中の音楽にブレードランナーっぽさがあり、緊迫した場面にはぴったり。
政治的な意図はあまり感じない作品なのだが、南北の刑事の友情を通じ、国家や主義は違えど同じ民族であるということを改めて考えさせられた。
りお

りおの感想・評価

3.0
同日に同じ韓国映画の「悪女 AKUJO」を鑑賞してからの今作。
こちらは予告編観て面白そうだったので。
北朝鮮と韓国の刑事が合同(共助)捜査の中で反発し合いながらも国を越えた関係を深めていくバディムービー。
展開はお約束なんだけど、バディものはこうでないと!
表向きは協力し合うふりをして裏では北朝鮮の刑事の監視だけを任された韓国の刑事は、上司から与えられた裏の任務に疑問を持ち、やがて自らの意思で北朝鮮の刑事と行動を共にしていく。
また、妻でもあったかつての同僚を殺された過去を持つ北朝鮮の刑事は、心を閉ざして韓国の刑事の干渉を拒絶し、単独行動を繰り返していたが、共に騒動に巻き込まれていくうちに国の命令に逆らい自分のことを一(いち)刑事として真っ直ぐに接してくる韓国の刑事に心を動かされ、彼の協力を受け入れるようになる。
国も置かれてきた環境も全く異なる二人の刑事がお互いを認め合い、存在に感化されて共通の敵を追い詰めていく終盤はかなり見応えがあります。
人ってこんなに変われるんだなあ。
リアルでは政治的事情等でなかなかこうはいかないのが現実、と悟ってしまうぶん、この作品での二人の刑事の絆はとても美しく尊く感じてしまうのかもしれない。
ネ右

ネ右の感想・評価

5.0
上映最終日に滑り込み観賞、最高に面白かったです。キャラの違う刑事のバディものという定番設定に、ハイレベルなアクションと気前の良いカーチェイス、そして煩くない社会風刺を見事に織り交ぜた傑作。
主演のヒョンビン(현빈)は日本でいうところの竹内涼真に凄みと深み、そして筋肉を加えたような良質のハンサムガイでした。あのアクションをスタント無しでやってるのなら誰も太刀打ちできません。
そしてその憎々しさと、説得力のある色気が半端じゃない悪役のキム・ジュヒョク。内野聖陽(角度によってアキラ100%)を思わせる、男っぽさ満点の男前。
半年前に事故で亡くなっていたと知り残念。
記録
ちょっと韓国の大声テイストが久々だったので疲れました。アクションはすごいけど、意外とあっさりで痛さを感じる場面は少なかったかな。
バディものとしては物足りない感じ。色々と差がありすぎる?から。
韓国の刑事さん 破壊的な顔 素敵でした。ただ最近見た韓国作品では個人的にはパンチ不足かな。
設定、ストーリー、ファミリー感、
どれも韓国版『リーサル・ウェポン』(1,2,4の総集編)です。
2018年にこんなバディ・ムービーが観られるなんて、ありがとうございます。

ヒョンビンのスター感と、ユ・ヘジンの冴えない親父感がたまりませんなぁ。
キム・ジュヒョクの大物ぶりも悪役に相応しいものだったが、本作が遺作になってしまったようで残念。

近年のアジア映画は肉体の極地のようなアクション描写が話題になっている。
もちろんそういうのも大好物だが、俺的には本作ぐらいが1番好きかもしれない。

つまり、笑わせる時は笑わせる、締める時は締める、熱い時は熱い。
予定調和だが、この緩急の付け方が本作では絶妙だと思った。
>|