工作 黒金星と呼ばれた男の作品情報・感想・評価・動画配信

「工作 黒金星と呼ばれた男」に投稿された感想・評価

Nux

Nuxの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

スパイとして入ったはずなのに最後は熱い友情で終わるのはズルい。
所長まじ最高。ラストの演出で加点、やられた。ただストーリーが難しい中で韓国語が難しく字幕を一度逃すと全く話がわからなくなるので吹き替えで見るべき。
eup

eupの感想・評価

4.0
もっと歴史を知っていたら楽しめただろうと思った…。とはいえ当時のことを殆ど知らなくても面白かった。

スパイものだけど、最終的には熱い友情ものという感じだった。最後のシーンは何だか感極まるものがあった…。でも熱い友情だの感極まるだの言っても結構淡々としてて、皆静かに胸に秘めてるような様子。

スパイものに普通あるようにバレそうバレそうの描写がちらほらあるけど、それにプラスして怪しいけど信じたいみたいな人の気持ちが見えたような気がした。
sweep

sweepの感想・評価

-
共産主義と資本主義

ロレックスとネクタイピン

会うべき人なら
いつか会えるだろう
817

817の感想・評価

4.3
欧米のスパイ作品と違い、緊張感がすごくて、地味なのに迫力があって引き込まれた。
韓国映画のこういう所が凄いと、個人的にいつも感心させられる。
★北朝鮮に潜入した韓国人スパイのお話。

#韓国映画は何故こんなにも面白いのか?間断なく惹きつけられ続ける

#北朝鮮というテーマがもうそそるんだけど、スパイ映画としてももう抜群に面白い

#北朝鮮側の淡々として血も涙もない感じが本当ゾッとなる

#黒金星のニコニコ営業トークシーン全部好き(笑)プロのスパイだよ

#ロレックスがバレてたの怖い

#総書記、似すぎてて笑っちゃった

#キツネとタヌキの化かし合い

#韓国側も腐ってるな

#捕まって連れて行かれる時にシャイニングのあの曲流れるのめちゃくちゃ格好いい、ラスボス感

#まさか直属の上司がそうくると思わなくて虚無の気持ちになってしまった。めちゃくちゃ安心して背中任せられる感じの上司だったのに

#総書記、話わかる風だけどやばい線に触れてしまうと爆発する感じが怖い

#北朝鮮の一般市民の皆さんの生活、こうだって知っていても見せられるときつい

#リ所長……漢だよ、、、家族いるのによくこの決断できたな、、、

#ネクタイピンのところ泣いてしまう

#『ローマの休日』しかり『ラ・ラ・ランド』しかり、こういう二人しか知らない秘密のやり取り大好き
北朝鮮に潜り込む韓国のスパイの話。
バチバチの緊張感と激アツ展開。
007みたいなのもいいけど、こういう静かだけど腹の探り合いをする話すごい好き。ラストの演出もすごい良かった。
欧米の人が見たら俳優たちの区別が全くつかなそう。あと北京が頻繁に出てきたから最初の方は??ってなった。
主人公は松重豊。
凄まじい見応えと緊張感ッッッッ!

もちろん脚色が加えられているとは思うけどこんなスパイ工作が実際に行われていたとは。

ファン・ジョンミン演じる主人公のパクが、広告事業と称して北朝鮮労働党中枢のリ所長(イ・ソンミン)と接触。そして金正日と会談するまでに至るスパイ活動と、祖国韓国の闇との間で苦悩する姿を描く。

まずインパクトがあるのはリアルに作り込まれたであろう北朝鮮国内の描写。平壌の金日成広場などかなりリアルに作り込まれているし、なにより金正日との接触の場面。ドッと疲れるほどの緊張感。というか金日成の役者似てるね…。制作に関わった人たちが北朝鮮の諜報員にマークされたりしなかったか心配になるレベル。北朝鮮の貧困層の目を覆いたくなるような実情までリアルに描かれていたから尚更心配。

リ所長に接触するまでの北京での北側諜報員のマークの仕方めちゃくちゃ怖い。情報収集力が本当にエグい。
平壌で自白剤を打たれて連れてかれるとこも怖かったなぁ。本当北朝鮮とか得体の知れない国ってなんでこんなに怖いんだろう。『ブリッジ・オブ・スパイ』のソ連での裁判のシーンも一瞬だったけど本当に絶望感あった。

そして韓国自身にとっては闇とも言える北朝鮮による選挙介入についての裏取引。武力工作の打診の交渉シーンの生々しさ。
自分が命を懸けて仕えてきた祖国が、選挙のために北側と裏取引をしていることを知ったパクの苦悩。

それまでは何を考えているのかわからず、緊張感のある腹の探り合いだったイ・ソンミン演じるリ所長とパクの関係性に変化が現れる。緊迫感のある演技合戦だったのが、ともに南北和解という理想を持つ者という関係性に変わった途端、表情の読めなかった2人が血の通った会話をし始める。

ファン・ジョンミンとイ・ソンミンのここからの演技がとにかく熱い。結局ベタ展開なのにラストシーンはたまらなく泣ける。

単なるスパイものでもなく、安易な南北友情ものでもなく、とても重厚な作品たった。
つまるところ韓国の人たちは平和的な南北統一を望む人が多いのかな。祖国が分断されてるってどんな感じなんだろう。日本だってあと少し終戦が遅れたらソ連とアメリカに分割されてたって言われてるし、決して他人事ではないはず。



ファン・ジョンミンといえば貴乃花親方激似でお馴染みですが、今回は松重豊にしてましたね。そしてイ・ソンミンは東京03の角田に激似でしたね。お互いメガネのせいでしょうか。
rrrrri

rrrrriの感想・評価

3.8
呼び方が課長とか所長だから、この人の本当の役職なんだっけ?と混乱した。

北朝鮮側の人達が国の状況を心配していたり、淡々と任務をこなす姿から徐々に人間味が見えてきて良かった。

選挙選で勝つために南北関係を悪用したり、勝手にスパイに仕立て上げたのに告発+懲罰したり、韓国政治は闇が深いな…

選挙結果に街中が騒いでるシーンが、日本にはない熱狂ぶりで印象的だった。

スパイ映画と思いきや最終的には正義と友情の物語だった。再開してお互いのプレゼント見せ合うシーン素敵。
kei

keiの感想・評価

3.8
商売人モードのときのテンションが素晴らしくて、映画全体のアクセントになってとても好き。
商売人のふりしてるときと他のときの顔も声も差が激しくて別人かとぼんやりしてると間違える。俳優さんすごい。

実際に命をかけてる状況だし、そういう現実を俳優さんも鑑賞側も理解してるからこの緊張感が生まれるんだろうな
そしてラスト良かった。平和な世界になってほしい
>|

あなたにおすすめの記事