サスペクト 哀しき容疑者の作品情報・感想・評価・動画配信

「サスペクト 哀しき容疑者」に投稿された感想・評価

これは劇場用ムービーですね。
迫力満点です。


アクションシーン満載の韓国映画。
主人公チ・ドンチョルを演じたコン・ユが凄い!
北朝鮮の元工作員という設定だが、実際の工作員を知らない私からすると、本当の人達もこれくらい強いのか!?と思えてしまうほどの熱演。

また、ある事件をきっかけに彼を追うミン・セフン大佐を演じるパク・ヒスンも熱い!
いつも思うことだが、韓国映画を見るたびに日本版でリメイクするならこの俳優を使うなぁなんてことを考えるのも楽しみの一つなのだが、なぜか顔や雰囲気の似ている俳優さんが日本にも結構いるんですよね。これって、在日韓国人の方やルーツが大陸の方が多いからなんでしょうね。
でも、女優さんに関してはピッタリ当てはまる方が少ないのも不思議なところです。きっと、映画に起用される方の顔や雰囲気の基準がお国によって違うのかもしれませんね。

おっと、大幅に脱線してしまいましたが、いつもながら韓国映画のきめの細やかさは好きですねー。日本の映画なら尺の関係でここらへんでブスッとエンディングにつなげちゃいましょう。余った尺は起用したジャニーズの曲をバックにイメージカットの多いシーンを使いましょう、なんて感じで作っているイメージ。←かなりの毒を吐いてしまいましたね。;^_^A

この作品のエンディングが、これまた秀逸。
もちろん、賛否は分かれると思いますが私は好きですよ。
マイクロチップの真相になぜか「北斗の拳」を思い出してしまいました。

まぁ、オールアクションシーンで見ごたえある映画。
この作品はできる限り大きな画面で見てみてください。オススメです。
トシ

トシの感想・評価

-
【鑑賞履歴】
2021.7.4 dTV
2022.6.30 H
aikido

aikidoの感想・評価

4.0
韓国版ジェイソンボーンといった感じの映画で、展開が早くテンポも良いので長い上映時間でも飽きずに観られ、アクションもカーアクションにパルクール、格闘シーン等、バラエティに富んでおり、見応えがありました。
また、裏切りや工作、不正や家族愛等、エンタメ要素てんこ盛りの物語も良かったですし、最後にホロリとさせられるドラマも韓国映画らしくて好きでした。

コン・ユは寡黙で表情の少ない役柄を演じていましたが、表情の使い分けが上手く、セリフなしでも感情を上手く表現していて凄いなと思いましたし、アクションもキレのある動きだったので素晴らしいパフォーマンスでした。

大佐や彼に従う部下等、脇役もキャラが立っていて魅力的な人物が多かったので、そういった部分も作品の魅力だと思いました。

アクションシーンのカメラワークが忙しなく、何をやっているか分かりづらい箇所があったので勿体ないと思いましたし、もっとじっくり観たかったです。

手に汗握る展開とアクションシーンのカッコ良さが魅力的な映画で、結構好きなタイプの作品でした。
chiyomi

chiyomiの感想・評価

4.2
特殊部隊の元エリート工作員が家族を殺した者を追うが殺人現場に遭遇してしまい濡れ衣を着せられ追われる事になる。コン・ユが主演なので鑑賞。鍛え抜いた肉体美とハリウッド顔負けのカーチェイスが素晴らしかった。
ミオ

ミオの感想・評価

2.6
寡黙コンユのアクション鑑賞
肩バキバキー!!のところはもはやホラーかもしれない
本人がたくさんスタントしてるって知らなかった、信じられないレベル
カイ

カイの感想・評価

3.2
アクションが、凄かった印象でした。1VS1でやり合う所は、迫力があって良かったです。
おひさ

おひさの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2022/06/04
dtv

すごいわー、アクションが。

首吊りからの関節外して綱掴んで 脱出。
日本の映画でやったら 笑っちゃうシーンも かっこよく見えちゃうのは なぜだろうか。
身体も鍛えられてるし コン・ユ 凄いわ。
あなたを初めて見たのは 「トガニ」でした。なんとなく 弱々しいイメージでいたけど 今回の作品で 大きくイメージが変わりました。
代表作の「トッケビ」も見たいけれどー
長いのよね。
まっ そのうち。

パク・ヒスンも 反逆的で よかったです。
タバコを買いに行ってる間に しっかり逃してくれて うんうん 自分も助けられたしね。

ガム噛んでた部下も よかったよー
JG

JGの感想・評価

3.5
これぞ期待を裏切らない韓国ノワール作品。
トガニや新感染のイメージが強かったコンユまで凄い肉体してるのにビックリ!
みや

みやの感想・評価

3.8
こんなに主演が話さん映画あるんかと思うくらいセリフが少ない。
ほぼノースタントって思えんくらいアクションすごい。
落下式絞首刑で死なん人初めて見た。
緑青

緑青の感想・評価

3.9
スパイものだってどうしてだれも教えてくれなかったの……めちゃくちゃ刺さった……。
コン・ユ、「演技がうまい」という言葉すら不自然なほど存在で全てを説明していた。スタイルの良さを活かし切ってありあまる芝居の力。台詞が3頁くらいしかなかったのではと思うレベルで寡黙なキャラクターなのに、その少ない台詞を凄い完成度で発してる(言語がわからないのにどういうテンションや感情なのかがスッと入ってくる心地がする、ダークナイトのヒースレジャーみたいな)し、台詞が一切無くても立って歩くだけで完成していた。このひとの話す韓国語は、わたしには意味が聞こえないのに本当にかっこよくきこえる。「見るな 情が移る」は「ホントにそれな」と真顔で思った。メタ台詞じゃん。ほんとわかるよ。
あとこの映画の特筆点はカーチェイスです。執念で逃げることを体現したかのような逃走劇。感服した。本当に素晴らしい。
韓国映画における「北」との関係性に驚かされた映画でもあります。そういう感じなのか、と衝撃でした。もっと観たい。
>|

あなたにおすすめの記事