孤狼の血のネタバレレビュー・内容・結末

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿されたネタバレ・内容・結末

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・昭和の香りがする演出や小道具に興奮。『仁義なき戦い』を想起させる赤いテロップとか、その広島弁とか。一番興奮したのは、缶ビールのタブ。そうそう、前はそのまま取れたんでした!

・水死体の造形がガチガチでグロくて最高でしま!

・バディ物(師弟)としての面白さ!!二人の立場の違い、キャラクターの差、役所広司・松坂桃李の演技!!

・白石映画常連のビエール瀧!

・全然関係ない話だけど、「龍が如く」もこのくらい面白いストーリーになってくれたらまた遊ぶのに〜。笑
『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石監督。両方とも救われないストーリーですが、その突き抜けた感じが好きでした。

さて、本作ですが、役所広司のキャラが前半と後半で大きく変わる、という白石監督にしては意外な展開。個人的には、この展開は「うーん」でしたね。そういうのは、他の監督がすでに何度もやっていること。白石監督には、悪の悪の極悪の方へ、下の下の底辺まで、とことん救われない領域まで突き抜けてほしかった。
ちょっと残念。でも、まぁ原作がそうなら、仕方ないのですが。


役所広司の死体を見たときの、松坂桃李の表情はよかったです。震える怒り・悲しみ。スーパー戦隊シリーズ出身の役者の中では、最も成功している俳優ですね!本作でも見事でした。


また、江口洋介!私は江口洋介ってあんまり好きじゃありませんでした。いつも正義の主人公で、薄っぺらい正義の御託ばっかり喋ってる印象で、正直うんざりでした。でも、今回はヤクザの若頭役!カッコよかった。江口洋介は絶対悪役の方がいい!似合ってると思います。


役所広司がすごいのは、もはやレビューする必要もないので、省略で。


公開:2018年
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李、江口洋介、竹野内豊、真木よう子
昭和の最終も最終盤、広島のマル暴の話。嶋田久作&石橋蓮司の暴力団組織VS江口洋介(と服役中の伊吹吾郎)の地場のヤクザの縄張り争いが起こる中でユビで済むかと思いきや上の金にまで手を出していたことから消されることになってしまった嶋田久作側のヤミ金のニイちゃんが処分されるところから話が始まる。

役所広司演ずる実は殺人の疑惑がある暴力刑事とその下に疑惑について調べるために送り込まれた松坂桃李。

松坂桃李がお坊っちゃんらしく可愛いと思いきや後半にかけて過去の疑惑や進行中の事件の真相が明らかになるにつれて役所広司の矜持も明らかになり、松坂桃李も狂ったような熱に侵されていく。

いわゆる汚い役所広司映画かと思いきや、MEGUMIとの取り調べとか養豚場での暴力、ハニートラップとおちんちんに埋めた真珠の回収など見どころになるシーンが多々あった。

薬局の阿部純子にくらべると真木よう子が世界観から少し浮いていたのと今回はヤクザではなく右翼団体代表のピエール瀧の恐妻家のくだりそんなに必要だったかな?と思った。あとは水死体のメイクに驚き!!
(細かい諸々は置いといて、)覚悟を決めた男達の目がかっこよ過ぎて気がついたらニヤニヤしながら泣いてました 昭和の日本の男はいいぞ!!男の色気!
死を恐れず自分の正義を貫く男達の生き様はなんとかっこいいものか…わたしも男に生まれたらこのぐらい潔く散りたい。

個人的な性癖の話ですが兎に角、狂犬中村倫也さんに噛み殺されたくなりました 覚悟を決めて突っ込んでいくシーンとシャブをキメるシーンが兎に角どエロいので大変です…そこだけ200回くらい観たい…
あと、松坂桃李さんが豹変していく様が凄い。感情の伏線を丁寧に置いていっているこの人の演技力素晴らしいな。最後の豚小屋シーンの感情を失った眼の凄み、暫く忘れられない。あと海辺のシーン。ヤクザ映画に海はやっぱり欠かせないね
役所さんはどろどろになっても温かい心が滲み出てて凄かった、インタビューで「この世界に舞い降りた天使だと思う」ってコメントしててぐっときた。船上で合掌するシーンは名場面だと思う。

監督の覚悟を感じました、ここまでやるか…と口が開きっぱなしになってしまったシーンが多々。鉄と油と血のギトギトな臭い。ここまで嗅覚に来る映画撮れるの凄い。あと湿度。そして今まで見たことのないリアルな屍体がすごいです。美術さんに拍手。
MEGUMIさんと真木よう子さんのおっぱいが素晴らしすぎて立ち上がって拍手しそうになりました
豚🐖煙草🚬
思わず顔をしかめてしまう場面もあったほどに皆さんやりたい放題暴れ回ってて、面白かった!日岡が途中覚醒する場面や、大上のジッポで火をつけたところで終わるラストもイイ。
豚に始まり豚で終わる素晴らしき豚映画だった。
役所広司演じるガミさんはカッコ良すぎるし頭はきれるしで、ラストの流れは「うんうん、知ってたよ」となるものであった。
決して悪いことではない。だからこそ説得力のある筋書きだったのだから。

(まぁ、たたみかけるガミさんはエピソードら、もう分かったからー!となるものではあったが)

また極道のキャスティングが最高で「俺の考える最高のヤクザたち」って感じだった。テンプレではあるものの、テンプレの中身がぎゅうぎゅうにつまっているから面白い。それは警察、新聞記者、ヒロインにも同じことがいえる。

そんな構図を一身に受け止めているのが今回の豚さんたちなのである。
生きていく為に食べる。食べる為に飼われる。利用されているのを理解しながら生きて行く。

それは我々カタギも同じなのだろう。
今の世の中にはもうガミさんはいない。
カタギの人間は、警察、ヤクザ、両者から蝕まれる存在になったと噛みしめる。

そんなスカッとしながらも憂鬱になる最高の映画でした。
映画館を出るとタバコ片手に広島弁を使いまくりたくなった。
汗臭い、血生臭い、土臭い、男臭い映画。
画面の向こうからブワッとそういった雰囲気が押し寄せてくるようでした。

やっぱりクレイジーな役所さんはかっこいいんです!!!「渇き。」の時もそうでしたけど、一癖ある役の、底知れない怪しさがピカイチですね。今回のはそれが「ヤクザと堅気のバランス感」にフィットしていたんだと思います。

松坂桃李さんは「日本のいちばん長い日」でのラストシーンでどハマりしたんで今回も期待してましたが、やっぱりすごかった。養豚場で血泡吐かせるまで殴っているときの顔!

でも何気に好きなのは音尾琢真の小物臭だったり。
アウトレイジが可愛く見えるくらいSAWシリーズ並みのグロ要素(死体や残酷な仕打ち)が比較的多いのに要注意。

原作とは大筋の構成は似ていても、ガミさんとママの関係や主人公との関係や報告書の黒塗りの扱いなどなど細部がだいぶ違うので、かなり違う印象のお話でした。

まあ、真木よう子のうなじと阿部純子の呉方言でだいぶ元は取ったからよしとしませうか。
ピカレスクロマ、うべえええええええええ!!!!!というかんじ
太鼓の鳴り響く中で仇を追い詰めて刺し殺す江口洋介の演出だけでもう最高。
>|