孤狼の血のネタバレレビュー・内容・結末

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿されたネタバレ・内容・結末

自分のやりたい物語の構成
主人公と相棒
3大勢力対2人
2人が全てをかき回す感じ

もっと2人が仲良しなら良かった。
小説ではそうらしい

小説にはない、穴埋めが上手い。
ラストシーンを際立たせるために
2人の仲をそんなによくなくした。
ガミさん以外に主人公を見るキャラを女の子、その子すらガミさんの株を上げるためのアイテムってなってるらしい。
めちゃくちゃ上手く穴埋めして作ってる
刑事とヤクザ
東映っポイ
最後役所広司が豚のくそ食らわされて殺されるが、さほど悲しくない。
やっぱり仁義なき戦いが最高
松坂桃李はなかなかよかったけど…
序盤から淡々と掟破りが始まり、狂気に満ちていて笑えるシーンも多かった。その点は『地獄でなぜ悪い』に近いものを感じた。

松坂桃李の成長(?)ぶりが、さながらサイヤ人編でピッコロに鍛えられた孫悟飯のようで、一番見応えがあった。

暴力やエロ描写も見応えがあり、豪華キャストなだけあると思った。
美人局役の女優、初めて見たけどすごく良かった。
音尾琢真、重要なシーンということもあり、滅茶苦茶痛そうだった。

欲を言えば、全体的にもう少しアクションが見たかったかな。

任侠映画、全然観られてないからこれを機に色々観ていきたい。
松坂桃李かっこよい!
策士な上司に振り回される部下。
退屈せず観れる、任侠映画のこってこてな展開というよりは、ストーリーや人間関係も入りやすく丁度良い抗争具合でした。
汚れた刑事ガミさんだが実は正義を貫いて生きていたのだな。広大くんは二代目として後を継ぐのか。
白石監督の今まで物足りないと感じてたところを全部見せてくれて興奮しっぱなしでした。暴力、暴力、暴力、腐乱死体、水死体、暴力、綺麗な血飛沫(貴重な1回)、生首便器素晴らしすぎて拍手しながら見た。そんなんがエンタメとして生きていつつ、出演陣それぞれにちゃんと名シーンが存在して、ボロボロ泣いてしまうストーリーでよく出来た映画だった…。


中村倫也の特攻シーンが本当にかっこよくて…、、私はいつまでヤク中の死んじゃいそうな男が好きなんだろう、、、

娼年で女抱きまくってこの映画で豚小屋で暴れまくって楽しいことが遊戯王の松坂桃李を2019年は応援しまくりたいです📣
松坂桃李の一番最後ハマってるなー。白石監督にしては、エゲツなさ少なめで正統派のストーリー。広島っぽく一本スジの通った戦い方に好印象。野暮ったさが格好いい的なとこあるなー。
昔からよくあるパターンのヤクザ映画…かと思ったら、それだけでは終わらない。後半の松坂桃李、完全に主人公。

タイトルの「血」は、「本性」という意味で使われていると思う。で、「狐狼」というのは本来「悪者」に使われることが多い言葉。最初は役所広司演じる主人公が「狐狼」かなと思っていたんだけど、実はそうじゃない。それ以上の「狐狼」がゴロゴロいるからこそ、主人公も「狐狼」になった。そう考えると、秀逸なタイトルだと思う。と思ったら、実は「孤狼」。「一匹狼」とも掛けて作ったタイトルセンスは、改めて凄いと思った。
大上は最初はヤクザを脅しているなんてヤクザ以上のクズじゃん!
やっぱりヤクザと警察って紙一重なのかな?と思ってたけど、実際はこの人のおかげで均衡を保っていてそんな役回りを一人で背負っている姿が格好いいなって最後思えた。
この映画で一番好きなシーンは日岡の内偵書みたいなのに大上のコメントが書いてあるのを見ているシーン。
このシーンは大上の鋭さと人情深さが分かる良いシーンでした。
ヤクザ映画をみたくなりました。
冒頭からハード描写が炸裂
劇中もちょいちょいエグい描写が登場し、なかなか見応えがあります
主演が警察ということもあり、後半はサスペンス・ヒューマン寄りの展開になっていくのですが、個人的にはバチバチにやり合い続けてほしかったなぁー。
役所広司ってなんでもできるんだなぁ
>|