孤狼の血の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

フォロワーさん平均値4.1。

あれ?乗れない。
なんでだ⁈
キャスティングにワクワクしない。
桃李パートは良い。
あ、死んだ。
桃李覚醒。
あ、終わった。

オンタイムでスクリーンで観てない時点で分が悪かった。

〜〜〜

東映実録ヤクザ映画を云々語るのは無粋なんでよしておきます。

ピエール瀧にしろ、石橋蓮司にしろ、既視感しかないキャスティングは絶対NGだと思う。
抜群の集客力があるんならともかく…
アウトレイジ一作目二作目は、意外性と適材適所がドライブ感を産んでいた。
続編やるんなら、仁義よろしく役所広司を全く違う役どころで出しちゃっても面白いと思う。
本作は役所広司と桃李の対峙が全てだから。

皆さんの"私のキャスティング"アイディアをうかがってみたいですね〜

私見を思いつくまま、
腹黒大物枠で唐沢寿明、
クレイジーキャラ枠で松ケン、
お笑いの人怖い枠で東京03豊本(メガネなし)
脱げる枠で伊藤沙莉、
シャブ漬け枠で岸井ゆきの、
素人考えです(^^;;
kocharo

kocharoの感想・評価

4.5
グロいしイタいしエロいし。
広島が舞台のヤクザ映画。
ヤクザ映画ってくくっていいのか分からないけど、とりあえずめっちゃ怖い。
役所広司、本当怖い。

役所広司の圧倒的なボス感。
負けず劣らずな迫力の松坂桃李。

いやー いい映画観たな。
松坂桃李って可愛い顔してるのにあんな役も出来るんだなぁ、と感動。
nogsing

nogsingの感想・評価

4.2
血と汗でギラギラ、これぞバイオレンス映画。コンプライアンスに煩い今の世で、よくぞこれだけのモノを作り上げたと溜飲が下がる思いです

暴力ものというだけじゃなくて、ヒューマンドラマとしてもしっかりと成立しているのが素晴らしい
こういうジャンルって、ともすると誰にも思い入れできない話になりがちだけど、本作では登場人物に感情移入しまくりで思わず涙ぐむ

役所広司の演技はいつもながら見事
そして特筆すべきは、もう一人の主役というべき松坂桃李。この映画の大部分は、彼のキャラクターと演技でかなり底上げされている印象です
ぺぇ

ぺぇの感想・評価

4.9
面白くないとこがなかった。イケメン嫌いやけど松坂桃李好きになった。
この監督はどの作品もすごい面白そうに見えるというか個人的にツボなんだけど、なんかひとつふたつツボ的なボタンのかけ違いがいつもあり、なんとなく微妙な感想になる…なぜ…
遅ればせながら、ようやく鑑賞。そしてとても満足しました。とにかく面白い!
スタッフやキャストの意気込みや楽しもうという空気が感じられました。やっぱり作り手がそういう想いで作ると、受け手は感じるものがあると思います。
もちろん描写の激しさに好き嫌いはあると思いますが、それをわざわざ論じるのはナンセンス。こういう映画は一定数、存在してほしいと思います。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.3
近年稀にみるガチのハードボイルド日本映画。ヤクザ映画と言うよりはマル暴映画。なかなかシビアな内容だし、冒頭含め何箇所か観てるのが辛い痛いキビシイシーンが。。役所さんめちゃくちゃいい味出されてる。漢、って感じ。そして松坂くんに引き継がれていく孤狼の血脈。真木さんってこんなにセクシーやったんや。。
Chonpe

Chonpeの感想・評価

4.0
やくざ映画は好きじゃない。

が、

ストーリーが面白い。
役所さんはさすがの演技。
スクリーンから臭いがしそうな映画。
飛行機で見ていたのですが、指詰めのシーンが痛そうすぎて、機内食のソーセージが食べられなくなりました。
みつ

みつの感想・評価

3.7
東映ロゴの映える映画。

あの波ざっぱーんってのも本編の一部かと思うくらいにマッチしすぎてからの、
本編のこちらにまで蒸し暑苦しさを感じさせる映像。

グロい汚い、目瞑りたくなるシーンも多く、
映画でなかったら、テレビ放映だったら思わずチャンネル変えてしまいそうな苦手ジャンルだったにも関わらず、脳裏に残るざらついた爽快感。

血が滾る、なんて普段は使わないような言葉さえ浮かび書き連ねたくなる。

正直、テレビやDVDでもいいかと思う作品もしばしばある中で、映画館で観なければしっかり観ることのなかったであろう作品。
映画館という独特のある種逃げ場のない、暗い齧り付く環境でないと味わえなかった感覚。

ああ、これが昭和か。これが任侠、極道か、これがダークヒーローか。

観たい気持ちはありつつもこれだけ評価が高くなければ観に行ってなかったかもしれない。目を瞑りたくなるシーンの応酬に観なければよかったと思う気持ちと、観てよかったと思う気持ちと、そんな相反する気持ちにさせられる。


ベテラン俳優と若手イケメン俳優などキャストのバランスも秀逸。人物相関図見るだけで、これは観るしかないと思わされた。


豚小屋の臭いもタバコの臭いも血の臭いも女の臭いさえも嗅いだような気持ちにさせられる没入感は、やはり凄い。
>|