孤狼の血の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

miya

miyaの感想・評価

-
役所広司がダーティな警官役でヤクザとの間を渡り歩き、なんでもアリの捜査を行い、それに振り回される部下の松坂桃李演じる正義感の強い警官。広島弁でドンパチする映画。痛快。松坂桃李の演技力に驚き、印象が変わった
mofu

mofuの感想・評価

4.2
評価が高くて、松坂桃李が出てることが理由で鑑賞。

結果的に見てよかった!!最初から豚のシーンで びっくりしたけど、役所広司の広島弁での演技、松坂桃李の若くて必死に食らいついてる感じかっこよかった〜

他にも俳優さんは、出てくる人、出てくる人みんな豪華で見ていて楽しかった。

話も ヤクザと警察のことやけど、2時間すぐに過ぎるくらい、飽きずに見れた。最後の日本刀のトイレでのシーンが 衝撃的で 目にも頭にも焼き付いてる。

ただ、女性が1人で見に行く映画ではなかったな〜。
あいこ

あいこの感想・評価

3.6
竹野内豊さんがなんだかミスマッチ。。。ド頭からあれ?なんか。。。という感じがしてしまった。
中村倫也さんが素敵。
裏社会を生きる不器用な人間たち。
とても切なく命を落としていく。
松坂桃李に泣かされるのは初めて。
ラスト、日本刀片手の江口洋介さんに思わずるろ剣!と思ってしまった
バイオレンス映画をあまり鑑賞しないわたしには(しかも映画館で!)目を塞いでしまうシーンが結構あり、鑑賞後はぐったり…。そこは狙いでもあると思うけどもう少し間接的な描写でもよかったかも。ストーリーよりも印象に残ってしまった。内容は特に目新しい訳でも読めない展開でもないけど、役所さん江口さんら安定感のある俳優陣、石橋さんピエールさんらヤクザものにうってつけなコワ面の方々に加えて、最近いろんな役に挑戦している桃李くん、個人的ブームな中村倫也くん!もはやイケメンがいないと見続けられないでは?
はらみ

はらみの感想・評価

3.7
役所広司のはまり役感。
ボコボコにされてボコり返す映画だと思っていけれど、蓋をあけたらあら感動。
綺麗な内容だから任侠系初心者の私でも観やすかった!
トイレ

トイレの感想・評価

3.7
血が滾るような映画。これはW主演でもいいくらいの作品。その過程が見事だった。
白石監督作品のテイストにはあまり惹かれない僕ですが、韓国刑事モノ"犯罪都市"を観た結果、日本はこの傑作にどう対抗するのか!っちゅうとこが気になり、鑑賞😋

結果、役所広司よりも松坂桃李の演技に釘付けになっちゃいました。
イイすね、イイすね、松坂桃李。
結構好きです。

話の展開やテンポは悪くないんですが、なんでやろう、エグさや暑さがあまり伝わんなかった。
あるんですけどね、そういう描写は。
これが役者の、はたまた製作陣の限界なのかは分からんのですが、後日鑑賞した県警対組織暴力はその点が凄過ぎた。

楽しんだのは確かですが、上位互換作品があるってだけで個人的にはこのスコアでギリギリです。
相対評価になってしまった…。
今までやくざ映画は北野武作品しか見たことはなかった。
けど、その時の印象はあまりに別次元過ぎて、話に入り込めないのがやくざ映画だと思っていた。
けど、今回の孤狼の血は、
やくざ世界のなかだけの話ではないので、
興味が持てた。
また、ベテランの強面俳優だけではなく、
松阪くんが出ていることで、
映画全体がマイルドになって、
さらに見やすくなっている感があった。
大好きな広島弁については、
多々、こんな言い方はせんじゃろ?と思う部分はあって、役所さんに不信感を抱いたが(こら)、それも気になったのははじまって30分くらいなもんで、あとは話に引き込まれて放言など気にならなくなっていた。
で、お目当ての倫也くんは、
後ろ姿でわかり、キャッ❤っとなるし、
インタビューでも言っていたセリフ、
注射をするヤバイシーンはやっぱり色気駄々もれで、
あの計算し尽くされた乗り込みのシーンはまばたきするのがもったいないほどの迫力あるシーンでした。
声が柔らかい分、それが逆に猟奇的に聞こえたり、とにかく、倫也くんの思惑通りってかんじでした(笑)
ぴうり

ぴうりの感想・評価

4.8
いいマル暴映画だった。
二転三転するストーリーと、主演ガミさんのどうしようもないけど愛らしさがたまらんです。
ナレーションが往年の実録映画っぽくて素晴らしい。
でもしばらくは見たくないです。
ポークカレーが食べられぬ。

[なんとなくツボ]
・薬局のお姉さんの呉弁可愛い。
・薬局のお姉さんが物凄いヒドイ目にあって、広大学士刑事がカチコミに行って返り討ちに。
ガミさんが更に復讐って流れかと思ってたたら全然違った。
・優秀な警察犬。←可愛い
・関取の乳首がピンク色。←可愛い
・シンケンレッドとデカレッドの共演。
・死体メイクが生々しくて実にいい❤
・パンチパーマだろうが竹野内豊は竹野内豊だった。

[演出意図がわからない箇所]
・警視役の滝藤さんの切れシーンはあれでいいのか?
エリートであれか? 好みの問題かなぁ。
18.6.21 大泉#7
「警察じゃけえ何をしてもええんじゃ」という大上の言葉は、「映画じゃけえ何をしてもええんじゃ」という白石監督の想いにそのまま置き換えられる。前者はカタギを守るため、後者は観客が見たいものを作るためと言えるほど、近年の自主規制圧力に一石を投じる作品。これを(失うもののない)インディーズではなく、そこそこ名のある監督が東映のバジェットでやってしまったという所に意味があると思う。

(年齢がばれてしまうが)私は本作の設定の翌年に社会人となった。日高と同様に、すぐに修行の目的で現場部署(警察機構で言えば所轄)に配属。そこでの汚れ仕事(もちろん本作には遠く及ばないが)を思い出し、感情移入できた。あの時の「自分の立場では何を言おうが現場には通じない」感じ!に時代感含めてとても共感できた。

養豚場の場面はいずれも凄惨極まりない。余談になるが「あしたのジョー」の少年院時代の一場面を思い出した(当時の子供にはトラウマ級)。本作もそこからインスパイヤされたのではないだろうか。

実は「ワンダー」を見るつもりだったのだが、どうにも気が進まずに当日窓口で変更。いい判断だった。平成最後の年に、昭和の終焉をレビューできたことも意義のある作品だった。
>|