やくざの墓場 くちなしの花の作品情報・感想・評価・動画配信

「やくざの墓場 くちなしの花」に投稿された感想・評価

部屋で爆音で洋楽レコード聴いて通報を聞いてかけつけた警官を殴る警官渡哲也
越後屋

越後屋の感想・評価

3.9
フィルムフィルムのフレームコマ飛びまくり~!w
さっすが新世界東映!
作品は初観賞!面しろかった!

初観賞!渡版『県警対組織暴力』の様相!
誰もが悪人ばかりの中にあって黒岩の漢気と仁義,岩田との友情が光る!
暴力を暴力で上塗りする警察とやくざ社会の癒着や浸透感,在日問題にも力を入れ切り込み啓子との”熱”愛と任情の逝き付く先は!?秀作!
渡哲也がなんしかカッチョ良い!
「ど好かんのや!」と言って札を燃やす姿に惚れ惚れする!わしに出来るか?w
主演級俳優陣が少ない分妙なリアルさが在り西田組はまんまと視まごうばかり!
雰囲気的には"こっち"の方が好きかも!?
拓ぼん『県警対』の鬱憤晴らしか?w
舟子

舟子の感想・評価

4.0
仁義の墓場と追悼渡哲也二本立て、こちらも映像が素敵で賭場さえおしゃれな70年代当時の家具とサイケデリックビカビカ、バナナを食べる金子信雄と成田三樹夫のオッケ〜☆にハート鷲掴みされました

梶芽衣子の背筋が伸びるかっこよさ、渡哲也と作品の熱量、とはうらはらにタイトルにもありますが、くちなしの花のエンディング曲はちょっとパンチが足りなかったように思いました(いい曲)
takoya

takoyaの感想・評価

-
映写が2回止まってフィルムのコマがガッツリ飛んでるシーンもけっこうあったけど(新世界東映だもの…)、映画自体は面白かった。県警対組織暴力をもうちょいウェットなバランスにした感じかな?
あと、金子信雄の安定のクズっぷり。
くちなしの花言葉「とても幸せです」とは真逆の物語。死に様と散り際。
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.5
県警対以下略&仁義の墓以下略の既視感はありつつも、爆音で洋楽レコード聴いてて通報されて警官殴る警官は新鮮やった。ヤクザと警官の杯も。
Np2

Np2の感想・評価

3.5
梶芽衣子がいい役をもらっている。正義でなく力に憧れて警察に入った男がヤクザに飲まれていくってのは結構ありがちなんだけど、昔殺した奴の女を自分の女にしちゃうとかクスリとか朝鮮人とかめずらしい要素が多いかなあと思う、割と異色作。

このレビューはネタバレを含みます

警察上層部とヤクザ組織との癒着を知り賄賂の札束を渡された瞬間にライターで燃やすシーン、いよいよ警察に失望し自室でレコードを爆音で流し寝転びながらウイスキーを飲み干すシーンがやたらとカッコいい。
主演又はそれに準じる役しか似合わない絵になる男・渡哲也の魅力が伝わる作品。

梅宮辰夫との殴り合いから友情が芽生え、センズリ兄弟が爆誕。

脇を固める役者はいつもの面々だが、なぜか大島渚が警察トップ役で出演。

ラストの討ち入りもなかなかだが、同じ深作欣二&渡の傑作「仁義の墓場」と比べると狂気性が足りなく映った。
tomharak

tomharakの感想・評価

4.0
渡哲也のレイバンはこの映画が最初だそうな

夜中に窓開け爆音でクリエイションを聴く渡哲也、、、不良映画におけるゴーゴーダンスでの精神的解放に同じ

梶芽衣子の蒼ざめた美しさ、砂丘での神話的交歓

辰兄とダブルセックスでの和解の儀

乱闘の最中ニッコニコでバナナを頬張り、百万円はするという虎の剥製(どうみてもつくりがあまい)を贈られてゴッキゲンの金子信雄
警察、ヤクザ、ヤクザの妻。立場は違えど寄る辺なき三人が権力と暴力の世界で翻弄される。東映でヤクザを演じてきた役者たちが今作では権力側の人間を演じていて可笑しい。渡哲也は今作で8割のグラサン着用率。表情で見せず心情を台詞で言うこともない。佇まいのみで哀しさがにじみ出ている。
>|