アウトレイジ 最終章の作品情報・感想・評価

アウトレイジ 最終章2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる…

《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

「アウトレイジ 最終章」に投稿された感想・評価

Aircon

Airconの感想・評価

3.6
今回は狡猾キャラがちょっとバカっぽい。
もう悪人いなくなっちゃて小物しか残ってない感じ。

これまでの不安感とか恐怖とか、
殺されてかわいそうとか、
そういうのもなくてぬるい感じ。
やくざ映画なのに全然怖くない。
泰造のときのチャン会長が一番緊張感あったかな。

西野、中田、花田の話にしすぎた感。
大友と市川のチーム、警察の繁田が全然描写できてなくてシンプルすぎた。
特に大友は最初に復讐の動機が与えられただけで、
基本感情がよくわからない。
1作目2作目の1/5くらいのキャラクター描写だった。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.0
予想通りの展開だった。だけど面白かった。北野たけしはそのまんまなんだけど、そこが凄く良い。アウトレイジ大好きだったから、終わっちゃったの悲しいけど、このままダラダラ続編が続かなくてよかった ~。
3部作のラストとしてはまあまあ満足のできる作品だった。
エンタメ寄りの1、2に比べて、今作は昔のたけし映画寄りな味わいがあり、3部作通して観ると良いバランスかも。

前作までに美味しい役どころがほとんどフェードアウトしてたので不安だったけど、今作の役者陣もみんな良かった。チャン会長怖かった。。

誰が何と言おうが今作の主役は西田敏行と塩見省三でしょう。二人とも大きな病気を乗り越えた直後の映画出演という背景の中で、魅力的な役を演じ切っていた。
特に塩見さんは多少キャラが変わってしまってはいたが、奔走する中間管理職ヤクザの悲哀が加わって、キャラに深みが増していた。

逆にピエール瀧は少し出オチ感が強い。もっと振り切れたキャラで起用してほしかった。。
前作よりも内容がシンプルで観やすかったような気する〜( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)

大友さん、かっこいいですね〜( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)
まぁ、綺麗にまとまったんじゃないでしょうか。

バカヤロー、コノヤロー!
2017年公開
監督 : 北野武
==
ふとしたいざこざから日本と韓国の組同士の抗争がはじまり、狂犬が復讐に突っ込んでいくお話。

人間、「見えてる側」と「見えてない側」に分かれていて、後者ってかわいそうだけどしょうがないよねっていう物語。そこにどんでん返しはないというか、やっぱり「見えてる側」は最後まで生き残るわけで。生き残るから幸せなのかどうかはわかりませんが。あと、自分と完全に違う価値観を大事にして行動する人って、怖いよね。ヤクザさんがおっかないのって、そういうことだからなんだろうなあ。

オラオラした話というより、ネチネチした話でした。価値観描こうと思うと、そうなるよね。
西田さんをはじめとする方々の、不自然な関西弁に違和感。
やくざの凄みを、大きな声や、汚い言葉だけの表現に終始していた印象。「バカヤロー」には、うんざり😨
この作品に限ったことではないが、銃の乱用が目についた。
これまでの作品のキャストに比べると、仕方ないとはいえ、二枚も三枚も落ちる。
最終章にせざる得なかったのだろう・・・💦💦
やっぱ、1作目、2作目が凄すぎたのか、
物足りなかった。

いい意味での役者陣の無駄遣いは、
さすが。
その男凶暴につき
と続けて観たらすごく味わい深い
萎んだ感じが逆に沁みた
緊張から弛緩へ
勃たない良さ
Linla

Linlaの感想・評価

3.8
これで観納めか~
すごく好きなシリーズってわけではないけど
ついつい観ずにはいられない
そんなクセになる魅力がある

シリーズを重ねる毎に
残虐な描写は抑えられる感じ

本作も
役者個々の演技を見せつけ、
ストーリーよりもひとりひとりコイツは次どう出る?
コイツここでキレちゃう?
そんな表情や言動にすごーく惹き付けられた。

結果観れば観るほど
何つうか、、、
たけしのやっちぁえ感つーか
やけっぱち感つーかー

実はこれ笑かそうとしてる?
って思ったのは自分だけ!?

あの世界の恐さ壮絶さを
それぞれのキャラを通して
やり過ぎギリギリの演技が
何なら笑えるでしょ?って
言ってる気がしてならん~

お馴染み西田氏の安定感。
大杉氏のある意味自然な演技

しかしながら
松重氏、塩見氏のー
すっとんきょうさが自分には
新鮮だったなぁ~

アウトレイジ
最終章だよ、最終章!
集大成にして完結。
こう来ましたか~って。

歳を重ねていく事で滲み出る北野武の感性やセンスが
益々楽しみになってしまう!
>|