アウトレイジ 最終章の作品情報・感想・評価

アウトレイジ 最終章2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる…

《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

「アウトレイジ 最終章」に投稿された感想・評価

二兵

二兵の感想・評価

3.8
最終章ということで、これまでのシリーズ以上の各々の暴れっぷりを期待していたのですが、ヴァイオレンス描写も罵声のやり取りも過去作と比較すると些か控えめ。

むしろ『ソナチネ』の頃の北野映画を彷彿とさせる乾いた作風と、全体的な雰囲気として『老い』を感じさせる、そこはかとなく哀しみが漂う作品となっておりました。

『悪い奴らが如何にして殺されていくのか』、その見せ方をじっくりと描いてくれるのがこのシリーズのキモだったはずだったと思うのですが、ユニークな殺され方(?)をされたのが大杉漣とピエール瀧くらいで、正直後は普通。それでも人が死にまくってはいますが…。あと日本なのにM4カービンぶっ放しちゃうし。
最終章なのに、中途半端な出番のまま終わってしまうキャラクターが多いのもなあ…。

しかし『河野直樹くんを励ます会』には笑わせてもらいました(笑)。確かに趣旨として間違ってはいないけど!

そして、故・大杉漣さんの名演。最後まで素晴らしかったです。改めて、ご冥福をお祈りします。
おかぴ

おかぴの感想・評価

3.9
シリーズ3作目、淡白だったけどそれが良かったと思う。
ピエール瀧が役者ver.の瀧じゃなく電気グルーヴver.の瀧みたいな役で面白かった。
ライフルを撃つ大森南朋の表情がいい。エンドロールの無邪気な彼にグッときた。
YukiSano

YukiSanoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ソナチネの高齢者リメイクバージョン。

一作目の残酷ギニョールから、二作目は仁義なき戦い、三作目はやはり自己回帰。

ブルーが抜けた北野死生感。
何度も見た、あの風景へ最終的に回帰した時にアウトレイジは監督の長いフィムモグラフィーを一周させたかのような円環を見せてくれた。

結局、彼は常に死に場所を探してるのだか実際に年齢的に死が見えてきた今になって不思議な希望がラストに見えた。

解放の時が迫って来たのが嬉しいのか?
後一個くらい、何かを見せてほしいと願う。
このシリーズの最後にふさわしい映画だった。相変わらずハチャメチャだったけど面白かった。
最終章なのに
このシリーズ初めて観た!

銃でバンってやったら
すぐ死ぬし
頭がいい人が勝つんだ

不思議な世界だ
reo

reoの感想・評価

-
緊張感とか諸々含めて前作がピークだったかな。全体的に落ち着いた雰囲気だし、笑える箇所が増えているのに加えて、その質もたけしのすきなお笑いセンスが強まっているので、ヤクザ映画を見てる気がしなくなってくる。見せ場と最終作のケジメみたいのは用意しましたという意思表示を感じたけど、随分あっさり終わった。監督、もう辞めたかったのかな。
ピエール瀧と西田敏行が好きなら見るべき。
探偵ナイトスクープの局長が、電気グルーヴのデカイ方がびっくりするぐらい悪役。
僕は一作目見て二作目見ずにこれ見ちゃったのですが、それでも面白かった。
シリアスなんだけど、殺され方とか死に方はちょっとギャグ入ってるんだよね。
これが大友流って感じで。
とし

としの感想・評価

3.6
R15指定。前作からの流れもあり途中まではかなり引き込まれたけど終盤にかけてとても淡白に感じた。セリフがバカヤロウコノヤロウ連発。ヤグザでも政治でも覇権争いで姑息な手段で出し抜こうとしたらドツボにハマったり。マシンガンぶっ放しはセーラー服と機関銃みたいだ。それにしても警察は無力。
jun

junの感想・評価

3.8
うるせぇ、バカヤロー!
とにかく、セリフがうるせぇ、バカヤロー!ばかり。
これが、この作品のテーマなのかな?と勝手に思った。
大杉漣さんの遺作になるなんて、信じられない作品。
こん

こんの感想・評価

4.1
無印、ビヨンドより迫力に欠けるという意見は確かに納得。でも物語を終わりに向かわせるにはこれが一番良かったのかなと思う。
前作二つより哀愁や寂しさを感じるシーンが多かった。冒頭釣りの場面が平和だったから、あれと本編を比べると少し切なくなる。

個人的に
大森南朋が虚無顔で銃をぶっ放すところ
「河野直樹君を励ます会」
がとても好き。

結局最初から最後まで仁義を突き通したのは大友だったなと改めて思った。
>|