仁義なき戦いの作品情報・感想・評価・動画配信

仁義なき戦い1973年製作の映画)

上映日:1973年01月13日

製作国:

上映時間:99分

4.0

あらすじ

みんなの反応
  • 豪華な俳優陣が勢揃いしている
  • 広島弁や血生臭い描写が熱気を醸し出している
  • テンポが良く、男臭くてカッコいい
  • 戦後の混乱と暴力を描いている
  • 菅原文太の演技が素晴らしい
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『仁義なき戦い』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

知らない人はいないタイトルと音楽。ドキュメンタリーというかノンフィクションってことか。
とにかく景気が良い。ホラーと任侠映画はコメディと紙一重という感じの思わず笑ってしまう勢いで99分突き進んでいく…

>>続きを読む

ローテンションで早急に兄弟になるのが良い。方言が良い。音楽が良い。鮮烈な血糊が悪くない。ゴットファーザーでは社会性を感じたが、こちらでは刹那性を感じた。あのテーマが担うところは、死の鮮烈とそれに伴う…

>>続きを読む
キヲシ

キヲシの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

4K版が出てるのか…ちょっと再見しようっと。まあ4Kだからどうということはないが、やはり面白い。
「わしがやっちゃろか?」で松方弘樹から渡された拳銃は最初は不発…。懲罰房で梅宮辰夫と腕を交わして互い…

>>続きを読む
RUI

RUIの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

やはりこの時代の邦画は迫力があって惹き込まれる。菅原文太演じる主人公がヤクザの鑑とも言える男でカッコよかった。それに比べて親分や兄弟分達は、金儲けの為に仲間内で争ったり裏切ったりする始末で、あれだけ…

>>続きを読む
人

人の感想・評価

4.8
「盃がないけん、これで腕切って血すすろうや」のシーンが1番好き❣️
パパがママからの着メロを仁義なき戦いのテーマにしてたから懐かしかった
まあこ

まあこの感想・評価

4.0
暴力が発生するたびに例の音楽流れるのがもはやちょっと面白く感じてしまう
シソンヌじろうに似てる人がいた
血が赤い
原点にして頂点。

ある種の荒らさと泥臭さがめちゃくちゃかっこいい。

あと、全然関係ないけど山守親分の妻
あれがリアルサザエさんヘアなのか…!と少し感動した。
広能昌三激シブだわラストカッコよすぎる
若杉のアニキ殺されなかったらまた違ったのかなぁ

昨日観た『県警対組織暴力』がめちゃくちゃ面白かったので今日も深作欣二×菅原文太×松方弘樹で行きましょう。


戦後間もない広島・呉。復員したばかりの広能(菅原文太)は喧嘩に巻き込まれた山守組員の友人…

>>続きを読む
Momomo

Momomoの感想・評価

4.2
…後々記載…

鉄ちゃん、こがなことしてもろうて満足か。

山守さん、まだ弾は残っとるがよぉ。
>|

あなたにおすすめの記事