仁義なき戦いの作品情報・感想・評価

仁義なき戦い1973年製作の映画)

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

4.0

「仁義なき戦い」に投稿された感想・評価

Ren

Renの感想・評価

4.0
流暢な広島弁でヤクザのリアルな姿を描いているのが素晴らしい。広島抗争の始まりを描いた傑作。それぞれのキャラが立ち、魅力的な映画だ。
ヤクザ映画って主にバイオレンスアクションとして"殺し"に特化して作られた作品と、任侠的で人と人との争いを描いた作品と二つに別れると思うんだけど、実は後者はずっと苦手で、その代表格とも言えるこの作品は中々手を出せずにいました。
面白くなくはないんだけど、やっぱりドロドロしてるし、真っ直ぐだからこそ菅原文太は良いように周りから振り回されてるし、そこがいいところなんだろうけど個人的には馬鹿すぎだと思ってしまうからイライラする。
やはりヤクザ映画は冒頭で述べた前者の方が好きです。北野作品はその最たる例かなと。北野作品も一見後者のようにも感じられるけど、たけしはアクション(殺し)にめちゃくちゃこだわってるし、それが観てとれるので後者の要素がとても強いと思うからです。
ちょっとマイナスなことばかり言ってますが、ただ、やはりここまでヤクザ映画というものをポピュラーにした功績は本当に凄いし、何よりちゃんと観たことなくても大体の話の粗筋は知ってしまっているし、あのメインテーマも一瞬で頭に浮かぶし、素晴らしい作品なのだと思います。
僕的にはやっぱり深作欣二監督は蒲田行進曲が一番好きです
いま

いまの感想・評価

4.5
初っぱなからのテンションの高さがもう最高。山守組長クズ過ぎてほんと大好き。
otom

otomの感想・評価

5.0
この時期になると観たくなる。今年は総集編。やっぱり大分端折られているのでいささか物足りない。川谷拓三筆頭にゾンビもしくは不死鳥の如く蘇る役者陣はともかく、文句なしの傑作。まぁしかし、金子信雄の為にある映画と云っても過言ではない。
とり

とりの感想・評価

5.0
文句なしに最高。何か説明要りますか?日本映画史におけるゴッドファーザー。

これ見ると仁義方式というか深作方式というか実録方式というか、あの死に方再現したくなる。ぼくが死んだ時もこんな感じでお願いします。
よねき

よねきの感想・評価

4.0
メンツが豪華すぎるし、かっこよすぎる。

冒頭からぶっ飛ばし。
テンポよく人が死んでいく。

最高。
鯵

鯵の感想・評価

-
さっき紹介された奴がすぐに殺される。旅を打つ、半年所払い、かすりの上納金など使いたい言葉が増える。
レトロ

レトロの感想・評価

2.0
実際に起こった広島ヤクザ抗争を、美能組元組長の獄中手記に基づいて作られた作品
数多くの登場人物がいるのだが、展開がとてつもなく早く🏃💨💨💨、始めから終わりまでガチャガチャと世話しなく動くものだから、役柄はうろ覚えになるし😞、抗争に至る細かい説明などもあまりないので、頭の処理が追い付かないまま、あっという間にフィニッシュ🔚してしまいました😰
人が死ぬ度に、チャララ~ン・チャララ~ンの誰もが聴いた事があるであろうお馴染みのBGM🎼が流れ、昭和◯◯年◯月◯日、死んだ人物の名前が画面下に表記される仕様には、実際に起こった抗争の生々しさがうまく表現できている
血で血を洗う💥🔫👤ガチもののヤクザ世界に、広能昌三の様な渋い系のヤクザは栄えるね😎
Masayan

Masayanの感想・評価

4.0
【まさにヤクザ映画の金字塔。】

何気に初鑑賞。

まぁ役者が最高だね。
若かりし菅原文太、腹も出てない梅宮辰夫、マグロの前の松方弘樹、北の国へ行く前の田中邦衛w
もうみんな若くてかっこいいぜぇ😏

あの有名な「テレレー♪」に合わせて、テロップ付きで死んでいく演出は天才やなw

みなさん、私利私欲にまみれた抗争の中で、まさに仁義なく戦います。
ヤクザ映画ってドンパチシーンより、組同士のやりとり(ある意味政治的な)ところが面白いよね。

近代でいうアウトレイジとかもこうゆうの参考にしてるんだろうなぁ。

実話を元にしたというらしく、戦後のセカイはこんなだったのかな。
うみち

うみちの感想・評価

4.6
レジェンド極道映画。元ネタの元ネタになる実話があるので一応ドキュメント作品。
動きのある画、効果的なテーマ、登場人物の魅力、どれを取っても一級品。

広島弁&音質の問題があるので、動画配信サービス等で視聴する場合には字幕を出しておくのがおすすめ。
>|