29歳問題の作品情報・感想・評価

29歳問題2017年製作の映画)

29+1

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い…

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い出されてしまう。急遽借りた部屋は、あるじの女性ティンロ(ジョイス・チェン)がパリ旅行で留守している間の仮住まい。部屋にあったティンロの日記を読むと自分と誕生日も同じ、同い年だった。ヨックワンは日記を読み進め、気ままに暮らす楽天的なティンロのささやかで幸せそうな日常に惹かれて行き…。

「29歳問題」に投稿された感想・評価

さやか

さやかの感想・評価

4.5
全然期待してなかったけど、これは今年ベストかもしれない。
舞台版の作・演出・主演を務め続けてきたキーレン・パンが脚本・監督なだけに内容が濃い。
たくさん泣いて家に帰れないほどグッときた。久しぶりにパンフレットも買ってしまった。
29歳が感じることって国が違っても同じなんだなぁ...と自分自身を振り返りながら鑑賞。
女社長の「選択」て言葉が重かった。いつでも自分で「選択」していかなきゃいけないのよね、て覚悟を感じさせる言葉だった。
ティンロの笑顔が素敵で可愛くて、どんなことも笑顔がなければ、乗り越えられないよねって思わせてくれる映画。
TON

TONの感想・評価

4.3
素敵な映画を観ました。
ちょっと演出凝り過ぎ(?)なところが残念でしたが、
心があったかくなりました。
ティンロのニッとした笑顔に元気をもらえます。
ものすっごーく良かった。
29歳とっくに過ぎてるけど、
ものすっごーく良かった。
毎日を丁寧に生きる
なーんて、口にすれば
すごくチープになっちゃうけど。
そんな当たり前のこと
できてないなぁと痛感。
頑張るってなんなんやろか…
映像がすごくキレイで
キラッキラしてた。
そして、ジョイスチェンが眩し過ぎた。
らむ

らむの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

メッッッッッチャよかった!!!!!!!これをアラサーあるあるものとくくってみるのはかなりもったいない!!しかし!!!










ホンミンがおかしい!!!!!!!あんなやつどこにもいない!!!!!!!!!!!!!!実はヒトの心をもたない人間不信で女100人斬りとかじゃないと納得できない!!!!!!!!!!!!!!!!!
すみれ

すみれの感想・評価

4.0
舞台発だからか舞台っぽい要素はたくさんあったけど楽しく見れたな〜〜
ベイビージョンチョイがしぬほど可愛い一緒に散歩したさしかない
ラストも若干ファンタジーぽさあってん?って感じだったけどなんだろ想いがぐっと込められているような感じ熱量が高いというかそれもあってどうでも良くなっちゃったよね泣いた〜
30歳なる前にまたもう一回見たいね
19/09/02 元町映画館にて

自分には ハマらず.. 残念。

おでこに ちゅー。
miho

mihoの感想・評価

3.2
この映画は、何かの理念を押し付ける映画ではないので、自分で考えて選択して捨てて、代償も自分が受け取って生きていくのだという覚悟をふんわりと受け取った。
綿密に作りながら、急に粗くまとめた感じもあった。
「29+1 」、どうしてこの題名を「29歳問題」にしてしまうのかな。
広告を重視して内容の核を捨てる感じ。
けれど映画館に人を呼ばないことには始まらない。
yasu

yasuの感想・評価

3.8
森三中の村上似と木村佳乃似の、別々の29歳の生き方。
途中の中だるみ感はいがめないが、ハッとさせられる位の素敵なシーンがチョイチョイ挟んでくる。
この映画を見て、なんだかとても良い時間を過ごした気がする。
ちせ

ちせの感想・評価

4.3
ホヨヨヨめちゃくちゃ好きでした…
転職活動中に観ちゃったから余計クるものあったのかも。
ちょうどこの年代の女の人は結婚だったり仕事だったり悩む時期なのかな〜。
最近は女性も自立してゴリゴリ稼ぐ世代って感覚があるので余計にそうなのかもしれないですね。

まあ主人公が急に日記の持ち主の外見になったり(別に次のシーンには繋がってなかったっぽいので重要ではないみたいだけど)急にパリにたどり着いてたりツッコミどころは多かったけど…
主人公とかその周りの女友達含めみんなでワイワイキャーキャー言ってるシーンが可愛らしくてよかったです。

ていうか女の子みんなお人形さんみたいにかわいいな?台湾映画って全然観たことないんだけどこういうテイスト多いのかな。漁りたくなってきた。
>|