29歳問題の作品情報・感想・評価・動画配信

「29歳問題」に投稿された感想・評価

TKNK

TKNKの感想・評価

3.0
29歳も問題だけど、中国人の美人or醜女っていうドストレートな見た目の問題の方がガチでリアルなんだなってこの映画の描写見て思った。

あからさますぎない?パンチあり過ぎて好きだけど、ここまでいくと。

テーマは普遍的かつ好きな題材だけど、脚本が微妙すぎる。
舞台が原作なのは分かるけど、時系列入れ替えて解りづらくすれば名作臭でるんじゃね?って感じ?
いや出ませんよ。
akrutm

akrutmの感想・評価

3.5
30歳を目前にした二人の女性が直面する様々な問題を通じて、アラサー女性の揺れる心情を描いた、キーレン・パンの初監督映画。女優である彼女自身が実際に感じたり経験したりしたことを元に書いた脚本で、一人芝居として2005年から演じ続けている同名の舞台劇を映画化した作品である。なので、2017年公開であるが、映画の中で描かれる時代は2005年となっている。

化粧品会社でPMとして働くキャリアウーマンであるクリスティは、責任ある仕事にプレッシャーも多く、恋人ともうまくいかず、父の認知症も心配で、さらに大家からは退去勧告を受けてしまう。大家が用意してくれた仮住まいは、そこの住人がパリ旅行で不在であるという部屋。そこにあったビデオや日記から、住人が自分と同じ誕生日の女性ティンロで、自分とは全く異なる人生を送っていることを知り、クリスティも自分の将来を真剣に考えるようになる。

クリスティと同じような境遇であるとか、そのような経験をしたことのある女性にとっては、とても共感できる映画であろう。ただし、キーレン・パン監督がこの年齢だったのも一昔前なので、現在のこの年代の女性たちが映画で描かれている女性と同じように感じるのかは、個人的にはよくわからない。実際にどうなのだろうか。映画としては、前半は良かったのだが、後半がやや中途半端なのが気になった。特に、ティンロのストーリーが29歳問題そのものとはあまり関係ない方向に行ってしまったのが、残念。クリスティの将来も中途半端なままだし。

個人的にはよくわからないが、本映画には香港映画や音楽に対する多くのオマージュが含まれているようである。ティンロがパリに憧れるきっかけとなったドラマ『日没のパリ』で主演したレスリー・チャンの歌が映画の最後で流れたりするし、香港の人たちにとっては、ノスタルジーを感じる映画なのかもしれない。クリスティを演じたクリッシー・チャウは一昔前にいわゆるグラビア・アイドルとして一世を風靡した(日本でも写真集が販売されている)女優である。この映画での彼女もアラサーであり、この頃とは異なり、かなり落ち着いた感じの女性を印象的に演じている。一方のティンロを演じているジョイス・チェンは、俳優のアダム・チェンとコメディアンのリディア・サムを両親に持つ女優・歌手である。
 映画への共感性が作品への愛着に比例するわけではないが、後半はそんなもので?って主人公の方向転換への心持ちに対する理由付けに思ってしまった。他人にセンシティブを要求するってことと若き日のように感情に流されるってことはイコールではないはず。
それなら、クライアントの理不尽な都合で引っ張り回されながらも冷静な判断を下す物語半ばの主人公が俺は魅力に感じた。

いずれにせよかなり特定の状況下で下された後半の判断こそトリガーに過ぎずそれが彼女の本質だったのかもしれないと言えばそれまでだけど。
Y

Yの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最初の方めちゃ胸に突き刺さった…。うっうっ…と。ちょっといたたまれなくて途中で切って、後で再開して観た笑
香港の言語の広東語の音の響きがなんとなく好き。笑
エンドロールで舞台の映像が少し流れてたけど、映画版とけっこう違いそう。舞台に合いそう。舞台の方も見てみたいな。
もな

もなの感想・評価

3.8
拗らせてると思いきや、全然拗らせてない。
29歳相応の品と美しさがあって、前向きで仕事にも意欲的、恋人のこともずっと向き合おうとしている。彼女がこれ以上なにを頑張ればいいのか私にはわからなかった。
仕事、恋愛、家族。そのうち一つだけなら行き詰まっても、他で居場所があるから踏ん張れるけど、複数同時にトラブルが起きれば、どれだけのキャパの人でも壊れてしまうと思う。
人間は、年を重ねるほど孤独なのかな。
mai

maiの感想・評価

3.9
今年29歳になった自分になにか見えない焦りや不安を感じで病んで、世間でいう29歳問題をネットで調べたらこのタイトルの映画がでてきてびっくりした!笑笑

ホルモンの影響でめちゃくちゃ病み期な私にはなんだか中盤から終始涙が止まらなかった。笑


毎日が命のカウントダウン、
物事は捉え方次第みたいな言葉はすごい響いた。

コロナが落ち着いたら私も
1人旅でもいこうかな。
miki

mikiの感想・評価

3.8
珍しく香港映画…29歳のうちに
観たいと思ってたが30歳にて
毎日を大切に笑っていたい
人の何気ない温かさに涙が出た
どの国の女性も一緒なんだなぁ
猫

猫の感想・評価

3.8
アラサーこじらせ女子系の映画かと思ったけどポジティブになれる生き方考えなおそう系映画だった 行き方考え直さなかったけど考え直したいなとは思った
現実味のあるリアルな設定から日常を描き、前半は設定の説明に費やす。後半の小太りの子とのかわいい設定が少しリアルから外れてしまったことで、29歳の現実より一部ヤングでメルヘンに片足を突っ込んでしまった。このシンクロはリアル感を損なったが2時間に詰め込むには仕方がなかったことかもしれない。映像やセリフや音楽や役者はどれも文句なしです。29のリアル問題はいつまでも付き纏う貧困=社会活動(金銭)と未来への希望や欲望とのジレンマが多くの共感を得れそうな気がする。なかなかどうしてみな美しく、みなお金に困っていない。

久々にゆっくりと考えながら観れた映画です。

日本版もあったらキャスティングが楽しめそうです。
youmei

youmeiの感想・評価

3.9
シーンの移り変わり、会話、テンポがとてもよくて楽しい。そして部屋がおしゃれで可愛い。おじさんの友達の…ってほぼ知らない人から家借りて人の生活覗き見るの楽しそう。外国らしくて憧れる。
こちらに向かって話しかけるというのも新鮮。舞台のようなカメラワークだなと思っていたら、オリジナルは舞台作品らしい。
広東語って聞いていて面白い〜たまに普通話と同じ発音の単語も出てくる!

ここを出て外の世界を見てこい、できるだけ遠くに行け、って言ってくれた丹老板の言葉に私まで感動した。愛を感じる。
黃天樂と張漢明のシーンは泣けた。友情や家族愛のような絆から生まれた愛なのか、もとから愛情を持っていたのか分からないけど、二人の間にはとても大切な感情があるんだろう

なぜ仕事を頑張る女性は恋愛や自分一人の時間を楽しむことが難しいのかモヤモヤするなあ。
仕事でムカつくときの教訓も学べたり、私も父と食事をしてて聞き流してしまうけどしっかり目を見て向き合って話す時間を大事にしようと思えたり。そして、こういう映画を見ないと忘れてしまいがちな生きている日々の尊さを思い知る。

每一個階段也是由零開始。なんだって何度だってスタートできる。
>|