29歳問題の作品情報・感想・評価

「29歳問題」に投稿された感想・評価

KMD

KMDの感想・評価

2.0
たいして年齢は問題じゃない、ただのキャッチ。主人公の為だけに全てが都合良く準備され、よく分からないラストシーンへ。そしてあのエンドロールよ、本当に最低の仕上がりではなかろうか。
きえ

きえの感想・評価

3.9
思いがけず凄くいい作品だった。今やアジア映画を牽引するのは韓国になってしまったけど、この作品は香港映画が輝いてた90年代の作品群を彷彿とさせる輝きに満ちた作品。

香港では30歳目前を29+1と表現する。香港に限らず日本でもこの特別なハードルを前に不安や孤独、焦燥に駆られる女性は多いもの。私もそうだった。そんな特別な時期に身を置く主人公の姿は誰もが経験した又はこれから経験するものとして共感を呼ぶ。

後半はまさかのファンタジックな展開で90年代香港映画&ポップスのオマージュは香港映画好きには最高の仕掛けになってる。

この作品の元は舞台劇だ。香港で'05年に初演され6回の再演を重ねた一人芝居を主演を務めたキーレン・パンが脚本と初監督こなし映画化した。キーレン・パン自身初演時は30歳。等身大の揺れ動きと年を重ね生まれた優しさが全女性&全大人へのエールとなり素敵な感動で包んでくれる。観終わって暫くは周囲によく聞かれる『オススメ映画は何?』と言う質問に即答でこの作品を推してた。

人は側にいる人、家族、友人だけに影響を受けてるとは限らない。会った事もないSNS上の人だったり本来接点すらないはずの人から変わるキッカケを与えられる事もある。2年前のタイ映画『すれ違いのダイアリーズ』にも通じる出会いの奇跡。香港映画にまた一つ大好きな作品が増えた。
kamijyo

kamijyoの感想・評価

3.0
30歳を目前に控えた2人の女性‬
突如訪れた人生の壁を
もがきながら乗り越えていく
ティンロの
"にー"って笑うのかわいすぎ
幸せな気持ちになる
ホンミンとのやりとりは
初々しくて逆にドキドキした
29歳も30歳もだいぶ昔のことだけど
刺さるセリフが
ちらほら
hei

heiの感想・評価

3.4
わたしも主人公と同じ今年30歳世代。
「あるよね」「わかる〜」となるシーンがちらほらあった。
泣かされたところもあった。
同じ時代を香港で暮らした人たちにしか分からない空気感がある。
もう決して若者ぶる年齢でもないけれど、若かりし頃として振り返るにはまだあまりにも近い過去で。その狭間にいる葛藤はちょうどその年代にいるからこそすごく卑近に感じられました。
ちょっと疲れてるなというときに一回立ち止まって観たい映画です。
かな

かなの感想・評価

4.0
2回目の鑑賞。めっちゃいい。とにかくいい。2回目もまったく同じとこで大号泣した。2人の『29歳』の女性が30歳になる目前の1ヶ月をどう過ごすのか、目の前にある問題とどう向き合っていくのかが描かれた作品。『ネガティブな性格』と『ポジティブな性格』の2人の生き方が交わっていく最後のシーンは本当に鳥肌。もともと舞台で人気だった作品の映画化。好きな彼の前ではウォン・ティンロみたいな女性でいたい。
R

Rの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館を出たあと、すごく、あー自分も自分の人生を歩いてる!って本当に心から思えたんだ!
恥ずかしー!でも本当!

最近、色々と悩んでて、愚痴ばかり言う自分が嫌いだなと思っていた!
そんなところに、この、「29歳問題」。

作中出てくる言葉の数々に、
共感し励まされお尻を叩かれた!

クリスティの上司は、仕事を選択して生きてきた人。最近読んだ小説にも書いてあったけれど、
「自分のライバルは生きられなかった方の自分」。まさに上司はこのことは通りに
選択したことに100パーセント打ち込み、今を生きる自分を誇りに思ってる人。
もちろん時には選ばなかった人生もチラッとは考えるはずだけど、多分考えないように生きてるとこもあるのでは。
でも、「選んだことに100パーセント打ち込む」ってのは本当に今の自分に心底響く。
ここでいう選択って大きさ関係ないと思う。
人生、というか毎日毎分毎秒、選択の連続!

「毎日は命のカウントダウン」


中国語だけど、その言語にのる意味は、
国は違えど同じ想いで悩みなわけで。
ちょっとうるさいなと思ってた言葉も、すんなり耳の中に入ってくる。
だって同じ女の子だもん!
恋人が恋しいし、仕事は忙しくて余裕なくなるし、理不尽なことには腹が立つし、結婚に焦る!!!!!


あー自分は生きてるって思う!
ちっぽけかもしれないけど、日々悩み、もがき、葛藤してる、その分、喜び楽しみ笑ってるわあ!!

なにが29歳問題だし!
30になったら解決すんのかよ!
な!
いい映画だった!ユジク阿佐ヶ谷ありがとうー!
みつい

みついの感想・評価

4.0
笑って超えてく人になりたい。
わたしも自伝を書こうかな(笑)ホンミンがいないからだめかあ…
きき

ききの感想・評価

4.0
40すぎてしまうと29歳なんてまだまだ若いではないですか、と思ってしまうけど、なにかひとつ節目にして人生をふりかえってみるのも必要なことだと思う。私はぼんやりと年齢をかさねすぎたなあ、と思った。
そして、世界でいちばんういういしくてかわいいラブシーンあった。なにあのかわいさ。
チョン・ホンミンくんのものすごく清潔感のある嘘くさくない童貞感がとてもよかったし、タクシー運転手さんの、火野正平なの?と言いたくなってしまうくらいの、にじみでていたあの渋みのある色気もすばらしかったです。
POME

POMEの感想・評価

4.0
もうすぐ29歳になるので。
二人とも主人公なのね、どっちも間違ってないんだなって思えた。
エンドロールで、原作(舞台)の映像があったのが良かった。リスペクトが伝わってくる!
>|