29歳問題の作品情報・感想・評価

29歳問題2017年製作の映画)

29+1

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:111分

あらすじ

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い…

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い出されてしまう。急遽借りた部屋は、あるじの女性ティンロ(ジョイス・チェン)がパリ旅行で留守している間の仮住まい。部屋にあったティンロの日記を読むと自分と誕生日も同じ、同い年だった。ヨックワンは日記を読み進め、気ままに暮らす楽天的なティンロのささやかで幸せそうな日常に惹かれて行き…。

「29歳問題」に投稿された感想・評価

k

kの感想・評価

4.2
「やりたいことがたくさんあるのにやらなきゃいけない事が増えていく」

30歳を目前にした女の人の葛藤を描いた映画。人生に詰まって悩むアラサーには辛すぎるセリフの数々。
後半の何処のシーンだったか、泣きのスイッチが入ってしまってからずっと涙垂れ流してた。日記の中にいる眩しい生き方をする女の人の傍ら崩れていく主人公の心情が自分自身と重なった。最後の方はもう自分が諭されているような気分に、、
66。29 + 1 ではなく、X + 1。
X = いまの自分。誠実なひとは誠実なひとに出会う。
125

125の感想・評価

4.2
みたかった映画。
選択には支障がつきものだって。
小さい選択も大きい選択も自分で決めて自分で進んでいるのだと再認識。
世の中本当にいろんな想いを抱きながら
皆日々過ごしてるんだとしみじみ。
よかった。みにきてる人は、
29歳前後の人よりももっと上の世代の人とかが多かった。個人的にポジティブな感じとかではなく考えさせられる映画で、よかった!!!

2018-57
KINO

KINOの感想・評価

4.1
80年代90年代の香港映画の話題が多くて良かった。好みの映画でした。29歳の頃に仕事と結婚に悩むのは、女性なら共感する人も多いと思う。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.0
雰囲気は良いし、お洒落な演出だが、好みか?と問われれば、否定せざるを得ないかと。。。

元々香港(現中国)作品へ傾倒した事もないし、思い入れも無いのでそれはそれで仕方が無いのかもしれないが、個人的には平凡な作品としてしか捉えられなかった。。。

なんだか舞台みたいな演出だなーと思って観ていたら、エンドロールで舞台の映画化!だと思い出す始末。我ながら情け無い。。。

決して悪くはないのですが、何だかんだモヤモヤ感が残る不思議な一品。
スズキ

スズキの感想・評価

4.5
とても良かった。
前半の超ベタなバリキャリパートが今更感満載で辛いんだけど、その先に現れる同世代の全く別の女の子のパートが素晴らし過ぎて感情が爆発しました。前半はここへの伏線だったんだな。

後半に、頭は良くなくて顔も良くないバリキャリ女性とは全く正反対のしかし幸せに生きる同世代女性を配置する構造がベタながら物凄く効果的。というか照れずに丁寧にベタなことをやり抜く重要性がこの映画の成功ポイントなんだろうな。

またバリキャリ女性の憧れとして登場する60歳の女性社長を映画の中で否定しないことも素晴らしい。

人は社会が固定観念として持っている年齢に縛られがちだけど、そんなものに縛られなくて良いんだよというメッセージがこれで一気に説得力を増した。
『ありがとう、トニ・エルドマン』に決定的に欠けていたピースが完全にハマった感じ。

舞台っぽい演出が随所にあって珍しいなと思ってたら元々舞台作品だったみたい。


バリキャリ女性が、様々な人生の転機のタイミングで全く違う生き方をしていた女性の存在を知り、自分を見つめ直す物語。
Mmm

Mmmの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトル見た瞬間から見なきゃいけないやつや!!!
と思って鑑賞(o^^o)

今月、私も29歳になり、独身、、、
これは何か縁があるのでは!!笑

最初は香港版のタラレバ娘並みに失礼な年齢ネタ笑
おじさん、女性の価値なんだとおもってるの、保険の営業されてるんですけど、ウケる〜
みたいなノリだったのに

後半は、ずっと泣いてた( ; ; )
切迫した状況にならなきゃ自分の本当の願望と真剣に向き合わない
っていう言葉すごくわかる。

絶望的な状況を一つ一つ乗り越えるために自分と向き合ってポジティブに階段を登っていかなきゃいけないなっておもった。

歳をとることは怖いことじゃない
アラサー独身としてはまた一つ歳とっちゃった、、、ってネガティヴになってたけどもう歳とるのこわくない!!!ってなった笑

もうほんとすごくおすすめです!
友達とみて、ずっと語ってられてたし、覚えてて、心に刺さったセリフばかりの傑作でした!!!
AS

ASの感想・評価

3.8
主人公と同世代の女性のみならず、全ての人へ届くであろう応援歌の様な作品。終盤、二人がかけがえのない時間を共有する場面がとても良い。ありがとうウォン・ティンロ~
悪い作品では無いです。
良かったです。

構成などの見せ方に工夫を凝らした作品だと思います。
ただ、なんだろう。物語と演出に新鮮味を感じなかったかな・・・。
でも、私は結構楽しめました。
ちなみに個人的には後半展開が本番かなと。

2018年5月に映画館で鑑賞。
若い頃当たり前のようにちやほやされていい気になっていた女が歳を取るにつれて相手にされなくなってヒステリーを起こす映画ではなかった。
>|