ミナの作品情報・感想・評価

『ミナ』に投稿された感想・評価

翻訳勉強中に学校仲間と行った思い出深い作品。切ない気持ちが甦る。また観たい!
種村

種村の感想・評価

3.9
公開された1995年から20年近くたって、同世代の知人と話してたらこの映画の話になった。青春の痛々しさと輝きとノスタルジーをたたえた映画で、もう一度観てみたい気がする。
sonozy

sonozyの感想・評価

5.0

同じ日に同じ病院で生まれたユダヤ人の2人の女の子、ミナとエテルの物語。これ、大好きです。

ミナ・タネンバウム(ロマーヌ・ボーランジェ)とエテル・ベネギ(エルザ・ジルベルスタン)は、7歳の頃、エテル…

>>続きを読む
高校生の頃ロマーヌ好きの友だち含む同級生5人で観に行った思い出深い作品
スニフ

スニフの感想・評価

3.9

女同士の友情の複雑な心境を描く
全てが上手く行かないジレンマの後に出したほんの少しの勇気と希望で何もかも上手くいくと確信したのに直ぐにまた絶望する孤独なミナが悲しい
不器用なミナが最後に求めたエテル…

>>続きを読む

十代後半に観てハマって当時ビデオで繰り返し観た映画。時代と共にビデオもどっかいってその後販売なんかもされてないようなので、もう一度観たくても観られない。サントラは持っている。
思春期という時期はとて…

>>続きを読む
タケ

タケの感想・評価

3.6
演出が凝っていて個性的な映画。
もう少し熟成したまとまりが欲しかった。

こちらも是非ともDVD化していただきたいフランス映画の隠れた名作。90年代を代表する若手演技派女優ロマーヌ・ボーラジェとエルザ・ジルベルスタインで、熱い女の友情を描き出す。

モンマルトルを舞台に、…

>>続きを読む
量産型青春譚。演者がこちらに話しかけてくる演出にはクスッとくるけど。自死絡みで『天使が見た夢』とチョイかぶり。その際に開けた三面鏡に一瞬映る曇天無機質な街の風景がお気に入り

「もしあのとき○○だったら…」と考えたくなる。
ミナもエテルが友だちになってなかったら、、ミナが事故に遭わなかったら、、ミナとセルジュがうまくいっていたら、、1991年エテルが約束を守っていたなら、…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事