ザ・フォーリナー/復讐者の作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・フォーリナー/復讐者」に投稿された感想・評価

「舐めてたジャッキーが殺人マシン」が見られると思っていたら、なんか小難しい話でした。

もっとジャッキーベースで話を進めて欲しかったです。

だた、死んだ目をしたジャッキーは怖くて良かったです。
いつものジャッキーとは違う顔が観れます。
全体的に重めの雰囲気ですが、老いてもなお変わらないアクションは凄いです。
ストーリーもしっかりしているので好きな作品です。
ジャッキーチェンが凄いです。
還暦を迎えての戦いに熱くなりますね。
香港映画ではない、米国映画なりの迫力と格闘シーン。
老いてなお映える役者…。

相手はピアース・ブロスナン(007な。)
様々な裏切り画策、思惑。

計画的な無差別爆破テロ。
犠牲になった娘のために、命捧げます。

ラストもドキドキでした。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

-
2020/09/24 WOWOW
2020/06/25 WOWOW
wakakura

wakakuraの感想・評価

3.0
おじいちゃんジャッキー!

戦い方が中々リアルで、制裁の受け方も中々正確で面白かった!

(最後のドラゴンのくだりは、少しチープだったかな🤏という感じ)
tamaemon

tamaemonの感想・評価

4.1
爆弾テロで娘を亡くして、復讐する話。
若い頃のジャッキーのおふざけはなく、終始真面目で重い内容。
アクションもあり、歳とったのにやるなぁ。
1人で立ち向かい、孤独感、憎しみ半端ない。
ジャッキー、現役続けて欲しい。
いつものジャッキーと違って暗く、重厚感・悲壮感漂う演技で見せてきます。。

アクションはおまけ。、、、の割には相変わらず見応えありますけど✨ 笑

【テロにより最愛の娘を亡くした父親の復讐が始まる】

思ってたより深く重い話でした。もちろん、テロは〝絶対悪〟ですが、テロ思想や政治論・復讐が絡み合い、それぞれの立場での行動や考えが善悪の区別を濁らせている。。。

だから、素直にジャッキーだけに肩入れできず、むしろ躊躇いなく攻撃するジャッキーに恐ろしさすら感じました。。。

結果、ねらいどおり〝あいつ〟が黒幕だから映画的には主人公が《正義》になるのだろうけど、割と確証ないうちから本格的な攻撃してない??💦 笑

〝関係ない人は巻き込まない〟というていで物語は進んでいきますが、、、、いや、結構アウトじゃなかろーかとσ(^_^;) 笑

物語の展開は、単純な犯人への報復ではなく、根源の排除、、、、なのかな??
でもターゲットにはターゲットなりの思いがあり、今一つ悪の存在としては人間臭くて(ま、悪いのは悪いのだけど 笑)個人的にはジャッキーよりピアース・ブロスナンの方に感情移入しちゃってるところもあって 笑 展開は複雑でした。。。

とはいえ、晩年のジャッキーはアクションも去ることながら演技派としても渋さに深みが出ていてかっこいいですねー✨✨
Ken

Kenの感想・評価

4.7
面白かったですが、ずっと不穏な雰囲気です。音楽が合っています。復讐に正義はないと感じました。ジャッキーもブロスナンも良い人ではありません。バスの爆破シーンはガチでテロと間違われたそうです。
「香港国際警察⁄NEW POLICE STORY」と同じくらいにシビアでダークなジャッキーチェンの姿が観れたので満足。
年頃の娘さんを爆発事故で失い、復讐していく父親の役で年を取ったことを感じさせられながらもよく考えられた現実味のあるアクションをこなしているのが本当にすごいし格好いい。
脇役の人たちもいい味を出しているし、地味な雰囲気ながらもストーリーにはなかなか気合いが入っていて見応えあり。ラストシーンも少し泣ける。

人間臭さのある悪役を演じているピアースブロスナンも素晴らしい。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

スティーブン・レザーの小説『チャイナマン』を原作としたサスペンス・アクション作品である本作は、ロンドンで起きた無差別テロによって愛する娘の命を目の前で奪われた、元アメリカ特殊部隊員でレストランの経営者である中国人のクァン・ノク・ミンと、かつては過激派組織の活動家だった北アイルランド副首相リアム・ヘネシーを主軸とした復讐劇がスタイリッシュなアクションとともに描かれているのだが、まず触れたいのは、冷徹な復讐者クァン・ノク・ミンを演じたジャッキー・チェンの演技ですかね。カンフー・アクションでお馴染みの彼のイメージがどうして付き纏ってしまい、近年の作品に対する評価の足枷となってはいたのだが、今作で見せる演技が深みを増していたせいか過去のイメージが払拭されてすんなりと作品に没頭できましたし、ジャッキー色を抑えたリアル重視のアクションシーンもまた新鮮で、本作は観る価値は大いにありましたね。ピアース・ブロスナンとの共演も心惹かれるものがありましたし、映し出される物語も北アイルランドの領有を巡るイギリスとアイルランドの地域紛争「北アイルランド問題」を題材としたものとなっていて観ていて面白かった。ただ、地味な印象は否めないかと。
>|