新ポリス・ストーリーの作品情報・感想・評価

新ポリス・ストーリー1993年製作の映画)

重案組

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.3

「新ポリス・ストーリー」に投稿された感想・評価

香港のエリート刑事チャン(ジャッキー・チェン)は新たな任務に不動産王ウォン(ロー・ガーイン)の警護にあたる事だった。
労働者から嫌われるウォンは不審人物に狙われていると訴える。
半信半疑だったチャンだが本当にウォンは何者かに誘拐されてしまう。
直ちに捜査本部が設置され難事件を解決したハン警部(ケント・チェン)も召集される。
しかし誘拐事件を裏で糸を引いていたのはハン警部だった・・・。

20年以上ぶりに鑑賞しました。
ほぼ記憶から消されてました(笑)

ジャッキー映画でもストーリーは結構シリアスなもので、序盤から同僚の警官が凄惨な死に方をしてしまう。
怪我して血が目に入った処置をミネラルウオーターで流すとか、何気にマジな描写が多いんですよ。

しかしアクションはいつものコミカルなものやとんでもないスタントなものもあるというアンバランスさ。
そこがジャッキー映画らしいといえばらしいが、逆にビミョーな映り方になっている印象なんですよね。

この時代も色々模索中のジャッキーだったのかな〜と改めて思います。
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.3
実際の事件(殉職)というリアルとカンフーアクションのファンタジーの食い合わせが悪い。
johnny

johnnyの感想・評価

3.5
やはり、これは新鮮で作品ですね

最後にこういう作品になった意図が分かるという

コミカルな、派手なアクションはなくてもジャッキーは凄い
まこと

まことの感想・評価

3.3
これジャッキー映画っぽくないんです、もっというと香港映画っぽくすらない

逆に昭和の日本映画っぽさみたいなのをどこか感じるし、ノワール感も感じる

ジャッキー映画では珍しくサスペンス要素や謎解き要素が多めにあるから異質に感じられたのかも、ただただ犯人がサイテーでした


来月のポリス・ストーリーの新作、もちろん楽しみにしています笑
まぁ

まぁの感想・評価

3.4
最後に、この作品が作られた理由がナレーションで語られて…
なんとも…複雑な気持ちになった…
実話ではないけれど…
当時の「香港」…そうだったのかと…

「お金」…というのは…本当に怖い…

…不動産王が「誘拐されるかもしれない」…と警察に訴えるシーンから始まる本作…

その後は…カーアクション、爆発…と…
「随分、派手だな…」…と思いながら…
…ラストは…アクション、大爆発…が…凄かった…

「正義」…ジャッキー・チェンのような「刑事」ばかりだったら…どんなに良いかと…
…「身体」を張っているな…凄いな…と…
改めて…感心してしまった…♡

…水中のシーンは…一番苦しい…(息が出来ないのが…私は本当に苦手…)

テンポ良く…分かりやすく観易い…
…でも…やっぱり「複雑」…

BS朝日(9月28日放送の録画)にて鑑賞…☆
Karen

Karenの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ジャッキーさんの髪型が犬みたいで可愛い...あとすごく緊迫感がありました。コメディ要素なしだけどアクションが驚きの連続。あんな舗装されていない急降下の坂を下って、血が目に入って目を洗うシーンマジで怖かった。そしてあの船の中でバキバキにされても生きてるのは怖いwwとっても刺激的な映像でした!!!!
ジャッキーの映画は、ほぼほぼ観たつもりやったけど、おそらく初めて観た💦
実話を元にしてる?からか、ジャッキーの映画らしからぬ、あまり笑いがない内容。アクションシーンも少し控えめやったような…。
93年の作品ってことは、中1の時の作品。BS朝日にて視聴。
とある香港の大会社の社長さんが誘拐されてしまった‼︎
特捜班のチャン刑事は伝説の刑事ハンと組んで捜査を開始するが・・・・。

コメディ要素がほぼ皆無に近いジャッキー映画にしては珍しい実話を基にしたシリアスなポリスアクション映画。
アクションシーンはそこそこだったけど、実話を基にしているだけあって緊迫感やリアリティはなかなか良かった。
いくつかジャッキーがガチで体を張っているようなシーンもあって良かった。
クライマックスの大爆発は非常に迫力があった。
全体的にはいつものコメディジャッキー映画ではないけどシリアスジャッキー映画としては成功作だと思う。
水曜日

水曜日の感想・評価

3.4
大富豪の誘拐事件に挑むジャッキー、事件を辿って香港で台湾で痛そうなアクションに挑む。

警察官へのリスペクトからか、ジャッキー映画のお色気とコメディシークエンスが省かれている。終幕に長い警察官への感謝の辞があり、シリアスに振った映画であったことが最後に分かる。

危険なアクションをしながらコメディな動きを細かく入れてくる俳優は、未だにジャッキー以外いない。グリーンバックCGの時代になってもいないのだ。これは凄いことだと思う。
Shuu

Shuuの感想・評価

3.3
香港の不動産王誘拐事件を解決するため活躍する刑事の姿を描くシリアス・アクション。主演はジャッキー・チェン。

ジャッキー扮する刑事は、マフィアによる財閥オーナーの誘拐事件を追い、独断から手痛いミスをしてしまい謹慎処分を言い渡される。努力が報われないまま、日増しに兇悪さを際立たせた犯罪が横行し、刑事稼業に疲れを感じるジャッキー。だが、自分の非力さを痛感し辞職すら考える彼の前に、正義感を掻き立てられる新たな事件が発生した!

シリアス・アクションの通り、"シリアスなジャッキー・チェン" でしたね。これまで演じてきた飛びっきりの役柄とは違い、少し暗めの普通の刑事を演じていました。迫力に欠け、イメージともかけ離れていましたね。
>|