新ポリス・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

新ポリス・ストーリー1993年製作の映画)

重案組

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.3

「新ポリス・ストーリー」に投稿された感想・評価

竜平

竜平の感想・評価

3.6
過去の任務での心理ストレスを抱える熱血刑事が、巨悪と陰謀の絡む誘拐事件に立ち向かう。香港で実際に起きたという事件をモチーフに描くノンフィクション的アクションサスペンス。
タイトルはこれだけど、過去の『ポリス・ストーリー』シリーズとは無関係。今作はスタントからストーリーに至るまで、コミカル路線は一切なしの、なんというかジャッキー作品らしからぬ内容。これはこの頃で言ったらかなりめずらしかったんじゃないかな。ジャッキーの演技にしても、表情などに加えてアクションの中にあるひょうきんな動作とかも抑えてたりしてて、いろんなとこで演じ分けられる彼の凄さに、いやはや脱帽。わりとシリアスな作風と、どキツい惨事を描くあたりとかは2004年版『香港国際警察 / NEW POLICE STORY』にも通ずる流れ、かな。にしても、汚職だとか犯人の悪運の強さにモヤモヤさせられること請け合い。デブの汚職刑事なんかとにかく腹立つ、ってのは見終えた今では笑いどころ。また実話ベースということで、どこの世界にも汚いやつってやっぱりいるんだねーなんて。で、ラストのほうまで溜めて溜めて、やがて放たれるジャッキーの怒りの制裁というのが最高に気持ちいい。これは大元の『ポリス・ストーリー』1作目にもある流れで、個人的にはこーゆーの大好物。
余談だけども、当初は主人公をジェット・リーが演じる予定だったとか。そっちはそっちで見てみたいけど、それだとまぁよくある話になってたかもね。今作をジャッキーにやらせたのはきっと大正解。
ポリスストーリーのシリーズなるものが多くて、どれを観たのか分からなくなっていましたが、おそらく今作は初見でした。
このころの成龍の作品にしては、地味目で話も暗め。アクションも派手な感じではなかったけれど、おもしろかったです。
後で実話ベースと知って驚きました。
ケント・チェンが悪役なのが新鮮でした。
XXXXX

XXXXXの感想・評価

4.3
ジャッキー・チェン主演のサスペンススリラー!!カーク・ウォン監督作品!
香港一の不動産王が誘拐される大事件が発生! 香港警察の特捜刑事エディ・チャンが事件を担当することになるが、この事件はあまりにも闇が深い事件だった...。

ジャッキーが一切笑顔を見せない!ぐらいであとはいつも通りのスーパーコップ物です。
当時香港で「八仙飯店之人肉饅頭」などの、実録サスペンスや猟奇ホラーが流行っていたせいか、その流れを汲んでいます。
今作も実話を元に製作されたとか。

元々はジェット・リー主演企画で動いていて、ジェット・リーがゴールデンハーベストとの契約トラブルで、企画が宙に浮いてしまい、「ツインドラゴン」撮影中に監督のカーク・ウォンとジャッキーの会話で、
ジャッキーが急遽主演する事になったとか。
共演は「イップ・マン」シリーズでお馴染みの、ケント・チェン。悪役を堂々と熱演!

ただカーク・ウォンは、ジャッキーとの不仲が原因で撮影途中で降板してしまい、あとはジャッキーが監督したせいか、どうもツギハギ感が...。没となった未公開シーンも多いみたいです。
結局カーク・ウォンは次の作品のダニー・リー主演の「野獣特捜隊」で、本来自分がやりたかったポリスストーリー物を作ってます。
ちなみに彼はその後ハリウッド進出して、
マーク・ウォールバーグ主演の、トンデモエロバカコメディ「ビッグヒット」という作品を製作しました。

正直ジャッキー作品としては、若干地味な部類に入りますが、珍しく台北ロケを敢行し、
西門町のスペクタクルシーンなどは、かなりのど迫力!
かつてジャッキーが日本でCMをやってた、暴暴茶が出てきたり。笑
今はなき九龍城のシーンも鬼気迫るものがあります。実際に取り壊しの決まっていた、九龍城を爆破したそうです。
この時、スタッフ間の連絡ミスでジャッキーが、爆発に巻き込まれたのではないかと、香港中大騒ぎになったそうです。

ちなみに今作で、「ポリスストーリー3」に続き、2年連続で台湾金馬奨最優秀主演男優賞を受賞! 役者としてのキャリアの頂点に立ちます!

そして、本題。ジャッキー・チェン完・全・復・活!と言ってもいい最新作が遂に日本公開決定!『VANGUARD(仮題)」が来年の日本公開が発表されました!!そして、ドニー・イェン主演、『燃えよデフゴン』のリメイク『肥龍過江』も来年元日公開!!
さあ!みんな!!お祭りが始まるぜッッッッ!!!!
FUYA

FUYAの感想・評価

1.6
ジャッキーチェン主演。ポリスストーリー第4部作。アジアで起きた実際の誘拐事件に捧げた映画。チャン刑事は偉大だと改めて思った
mz5150

mz5150の感想・評価

3.6
GYAO吹き替え、数少ないシリアスなギャグなしジャッキー作品、今作にポリスストーリーの邦題を付けたせいで刑事故事4がポリスストーリーを名乗れなくなり、後の困った時のポリスストーリーとなんたらプロジェクトの悪しき慣例となるが、本作はポリスストーリーの一つの側面どうしようもく追い込まれた刑事というシリアスさを捉えた良作。多くのファンがジャッキーに求めてるものとは違うがギャグなしサーカス芸のスタントもなく真っ直ぐな刑事クライムに仕上がってる。

クライマックスの船内での落下スタントはさすがのジャッキーらしさ、唯一鍋から銃を拾うシーンがユーモラスなシーンである。ケントチェンは老けないな。
1 VHS 🍀
2 2020.08.04 GYAO!

1990年 
香港の実業家
テディ・ウォン(王德輝)誘拐事件
janrobot21

janrobot21の感想・評価

3.5
これ、ポリスストーリーってついてるけど、ホントのポリスストーリーになっちゃった。番外編です。

ジャッキーのコミカル要素はだいぶ落として、シリアス演出。アクションもするけど、ストーリーは実話が元だから、暗い話が苦手な人は、ポリスストーリーじゃないことを念頭に観た方がいいです。

まぁ、ジャッキーファンなら主演だし、観とくほうがいい。
とし

としの感想・評価

3.3
2020年6月28日

映画 #新ボリス・ストーリー (1993年)鑑賞

コメディ要素ゼロで真面目な #ジャッキー・チェン が見られます
実際に香港で起こった資産家誘拐事件をモチーフに作られているそう
もちろんエンディングはNG集ではなく香港での誘拐事件の実情をナレーションでシリアスに説明しています
これ、ポリスストーリー2って題だけど1の続きじゃ無いのねー
ジャッキー映画にしては終始重苦しくシリアスだなぁと思って見てたら、なんと実話を元にしたサスペンス映画だったのね😂
でもカッコ良かったジャッキー!

んで珍しくエンディングのお馴染みNGシーン集も無いと。そこは残念かも。まぁ誘拐事件の死者や遺族、殉職した警察官に捧げる映画だっていうし当たり前か。
というかカッコいいよ。なんかやっぱり。そんな感想が残るなぁ。

コミカルでアクションシーン豊富なジャッキーを期待して見た人はがっかりだろうなwこれ

でも自分は渋いジャッキーが見れたから満足です!!
アクション派手では無いけどドラマ性は嫌いな感じじゃなかったしエンドロール普通に泣きそうになった

いつかまた見たい
szk

szkの感想・評価

2.0
続きと見せかけて邦題がポリスストーリーなだけの別物

ずっと重い雰囲気であんまり好みじゃなかったけど、アクションシーンになるといつものジャッキーで安心したw
>|