SPL 狼たちの処刑台の作品情報・感想・評価

SPL 狼たちの処刑台2017年製作の映画)

殺破狼 貪狼/Paradox

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

あらすじ

15歳の少女ウィンチーが、友人に会うために訪れたタイのパタヤで何者かに誘拐される。連絡を受けた香港の警察官である父リー(ルイス・クー)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。パタヤ警察のチュイ(ウー・ユエ)に自分も捜査に同行させてほしいと頼む。犯人一味は国家が裏で糸を引く臓器密売組織であることが判明。警察内部にも一味がいることをつきとめ、リーとチュイ、チュイの同僚タク(トニー・ジャー)は…

15歳の少女ウィンチーが、友人に会うために訪れたタイのパタヤで何者かに誘拐される。連絡を受けた香港の警察官である父リー(ルイス・クー)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。パタヤ警察のチュイ(ウー・ユエ)に自分も捜査に同行させてほしいと頼む。犯人一味は国家が裏で糸を引く臓器密売組織であることが判明。警察内部にも一味がいることをつきとめ、リーとチュイ、チュイの同僚タク(トニー・ジャー)はたった3人で組織に乗り込む。

「SPL 狼たちの処刑台」に投稿された感想・評価

うーん、久しぶりに全然ダメだった(^_^;) 香港の刑事がタイ出起こった娘の失踪事件の捜査に加わるって無理があるんでは?何よりタイ側の刑事や悪役まで流暢な中国語しゃべっとるし。香港映画ならせめて英語にしろや。今日は三本で帰るつもりだったけどもう一本観ようかなー
NF

NFの感想・評価

4.3
監督がインタビューで答えていたように、今回はビジネス的な理由でSPLの名を冠しているだけだそうで
主演がルイスクーだけあってアクションよりもドラマ重視(動きが少ないせいで逆に達人感漂う)
序盤でいきなり選択を間違える展開がこのドラマの結末を暗示しているようで
ミストとビーストストーカーを思い出した
onse

onseの感想・評価

3.6
前作SPL2(邦題ドラゴンマッハ)がアクション娯楽映画だったのでそのノリで観てたらとんでもない。ここまでヘビーな映画だったとは。

似た映画でやはり96時間が出てきますがこちらは情け容赦が一切なし。まあそう上手くはいかないよね。
トニージャーも今回はまさかの結末でちょっとびっくり。

アクションはもちろん素晴らしいがド派手なアクションはなくヘビーなストーリーに合わせた抑えの効いたさじ加減なアクション(痛々しいシーンも)。
あまり救いのない映画ですがよくできてるとは思うので観てよかった。

このレビューはネタバレを含みます

凄まじいアクションに凄まじくヘビーなストーリー。

あのトニージャーが転落死して退場ってあたりからもう一味違うなって思ったけども、こんな容赦無いストーリーとは思わなかった。

アクションは本当にすごい。
厨房って空間の使い方も上手いし包丁バトルとか本当に斬り合ってるようにしか見えない。
ヤラレ役の人達が上手すぎて、痛みも危なさもリアルに伝わってくる。


ストーリーの進行をアクションがそんなに妨げてないというかちゃんとバトルに至る理由が明確に提示されるから、カンフーアクションも浮かないし見やすかった。


ただとにかく話がヘビーで、韓国映画のアジョシでもやらなかった展開を見させられてゲンナリ。
ノワールアクションとしては秀作だけどキツくてもう見れない。

ルイスクーの演技が上手いからこそあそこのキツさが倍増してた。

一応悪は全員裁かれたし、刑事の子供が無事産まれたからまだなんとか救われたけど
ただの本格肉弾アクションを期待すると超ヘビーなパンチを食らってしまうのでご注意を
DELTA

DELTAの感想・評価

4.8
中国版96時間だと思ってた…
トニージャー出てるし格好いいムエタイやカンフーアクションでスカッと終わると思ってたら激重…

最後の選択も正しいのか間違いか分からないけどただただ悲しい

あと、トニージャーのシャーマンみたいな能力は良くわからないままだった
良い父親とは。
不安な妻とお腹の中の子にに現地警官がスマホから歌を歌うシーン、優しく前向きで信じる心と希望に満ちた父親。かつて主人公もそうだったはず。主人公は途中でそういうの全部捨てて修羅になってしまうけど、自分の為か娘の為かわからなくなりそうな自分の行動に後悔はしつつも最後まで父親としての覚悟と責任だけは持ち続ける姿は、決して悪い父親ではなかった。

タイのマーケットでわちゃわちゃアクション有り、まるでバイオハザードみたいなゲームの世界の様なアクション有りでおもしろかったです。
精肉店で闘うことでマジで人間をぶった切れそうな刃物がそこら中にあってリアル感がマシマシでした。
しかし、勝手に移植するなんて…あの秘書は見たことないレベルのとんでもサイコパスですね。もうちょっと市長の気持ちも考えた方がいい。
nonchan

nonchanの感想・評価

3.0
確かにアクションは凄かったと思う。効果音が大き過ぎるのがちょっと気になったけど。
ストーリーがね。😓
韓国ノワールで少しは免疫力がついた気がしていたけど、「香港ノワール」?はその比じゃなかった。😱
救いようの無い展開に見終わったあと脱力感が半端無かった。
カンフーマニアの人には高評価なんだろうな。😓
しみず

しみずの感想・評価

3.9
シリーズだったのか。
バチバチの香港アクションに興奮するんだけど、なんせ話が超ヘビー。
96時間的な着地を勝手に想像してたので、後半は口あんぐりでした。
過去作も観てみよ。
ルイス・クーの暑苦しい漢感はいつも通り。

けっこう重いストーリー。でも下品ビーチのパタヤが舞台。

サモ・ハンがトニー・ジャーに演技指導したのかな?

やっぱり香港ハズレ無し。

62本目 1000円(サービスデー)
takumi

takumiの感想・評価

3.9
SPLシリーズ第3作。娘をタイで誘拐された香港警察のリーは地元警察のチュイらと共に捜査を開始する…

SPLシリーズですがお話の繋がりは全くないので未見でも問題ありません。今作の見どころはなんと言っても格闘アクションでしょう。サモ・ハン振り付けのいかにも香港映画らしいスピード感と迫力のある素晴らしい格闘シーンでした。一方で、ラストバトルの雑魚を倒しながら進んでいくザ・レイド的進行は良かったものの警察による銃撃でブツっと途切れてしまう点はイマイチでしたね。

お話的は、嫁に先立たれ娘は15で学校行ってないバイト男の子供身ごもって疎遠になってしかも誘拐されるというハードすぎる展開にくわえてラストがあれなのでかなり重かったです…

ルイス・クーやウー・ユエ、ゲスト出演ながらもトニー・ジャーといった豪華キャストのキレキレアクションを楽しめる濃密なノワール作です。ハッピーエンドじゃないとキツイ派の人間なのでこの点ですが、アクション好き、香港映画ファンにはぜひ薦めたい一本です。
>|