おじいちゃんはデブゴンの作品情報・感想・評価

「おじいちゃんはデブゴン」に投稿された感想・評価

【字幕/録画視聴】
サモハン年取った割に良質なアクションだったー。ストーリーも面白くて終盤自然とディンのこと応援しちゃってました。それと、バキッ!とやったときに骨が光る演出格好良くて好き。

どうでもいいけど、ディンを見てたら父のことを思ってしんみりしちゃったな。
アクションと老いというテーマに挑むサモハン。前半ほのぼの後半流血。関節バキバキ。
ただのギャンブラーのくせに身体能力が高すぎるけど、アンディなので無問題。
このタイトルはどうよ、このタイトルこそ、の間で揺らいでいる。“デブゴン”で通じるのは勲章でもあるから。名称の是非は別として。
ゆた147

ゆた147の感想・評価

2.9
見てこのタイトル。絶対コメディだと思うでしょ。すごく面白そうなのに全然笑えません。

あんまり面白くなかったです。

サモハンのアクションシーンはキレッキレだったけれど、少なかったことが楽しめなかった一つの要因かも。

女の子が橋本マナミに似てました。

古谷徹がアテレコしてたから分かったラストのちょい役の人。みんな老け込んだなぁ〜
『イースタン・コンドル』で鮮烈だったユン・ワー見たさに見てみたらちょい役(配達のおっちゃん)だったりユン・ピョウの老けっぷりにビックリだったり
関節等を破壊する時内部構造が透ける演出はX-rayバイオレンスっていうのか
サモ・ハンの太り方は健康状態が心配になるレベルだけど動きのキレは凄い
Takuji

Takujiの感想・評価

3.0
セガール作品に全部「沈黙の~」付けちゃうレベルの邦題問題。
デブゴンに反応してこの作品観る人なんて一握りでしょうに。
しかもかつてのカンフーコメディではなく、なんならシリアス路線。サモハンのカンフーは健在!
P銀

P銀の感想・評価

3.0
「水島裕?水島裕なの!?」
しかしなかなか喋らないサモハン。

「おじいちゃんを怒らせないで!」というほど短気でも暴力的でもなく、軽度認知症で物忘れが増えた穏やかなおじいちゃんです。
元気がなくちょっと見ててつらい役柄ではありますが、ダイナミックなアクションはないものの瞬発力と体重を生かした拳法はそれなりに惹き込まれました。見入っちゃいますね。

このレビューはネタバレを含みます

サモハン最後監督作?!
おじいさんはデブゴン!?




R15指定。
原題「我的特工爺爺」
英題「the bodyguard」
出演・製作アンディラウほか。
アクション監督、監督出演サモハン。



昨年楽しみにしてた最新作のサモ・ハン・キンポーナウ映画。

その名も「おじいちゃんはデブゴン」

サモ・ハン監督久々の復活!オッと思い蓋をあけるとシネコン配給も無し。
ん?わがシネウインドにてひっそり公開。
DVDになるとあまりにも多い客演に多過ぎじゃない?と思うが
ツルツル「福生シリーズ、悪漢探偵」シリーズ、カールマック
俳優ほぼ引退のユンピョウ
売れっ子、アンディラウ
香港のスピルバーグ、ツイハーク
ほかあっ!という顔。

ようやくTWINレーベル鑑賞となりました。



あー!サモハーン!
70分くらいからなかなか見てられなかったなあ
いやあネタふり丁寧。
からアクションなんだけど、味つけCGとスローと画像づらし満載でB級特盛りアクション。
えっ!これあの先週見た「サイクロンZ」の監督したサモ・ハン・キンポーだよなあとかなりかなり泣きそうにつらかった。

いやね一応しっかり、大味付けで、、、これが胃にもたれ過ぎ。
アクションも変なロシア人のアクションを割と見せたり、敵役だよねえと思いながらね。とか、
無駄カーアクションちょい足しとか。

俺、サモハンまだまだハリウッド的合わせ出来ると思ったカット満載だが、全て余計。
いやあジャッキーのラスト監督(私予想するに、)の「ライジングドラゴン」(まだジャッキーの勝ちかなあ)もなかなかの勿体つけだったけど、サモハンはなかなかドイヒーだったなあ、残念ながらね。


またアクションやりにとぼとぼ歩くサモハンにもう!エエテとツッコミいれたわ!んで、長いしっとりめのエピローグ(いやあもういいわあ)

ベタニ「レオン」的おじいさん像は、しっかりわりとドラマつぶだて、

アクションがねかなりがっくりしたなあ、朝の戦隊物かと思ったよ。いや、なんかボキバキ、ブスブス、スプラッシュも激しめもなんか興ざめ。前振りも意味なさない、おじいさんデブゴンでした。


いやあがっくりした。とにかく先週「サイクロンZ」の良さを確認して、これを見て本当に頑張ってはいるんだけど、。

ゲストはせいぜい1分みたないチラリ出演。ユンピョウもまあまあかすみ喋り。

いやそれぞれ!あー!年とりはりましたねえ的出会いは一瞬あります。

製作のアンディラウはアクションしっかり尺使いますが。ん~?!

アンディラウ「七福星」出てたんですね。その流れか。

いやあもうサモハン客演でハリウッドに貢献するしかないのかなあ、テレビ作品とかね。

これはねなかなか覚悟がいります。

いやね普通よりちょい、過剰なサモハン作品として大目でみたいところとは思います。

が、いやいやなかなかの駄目だったなあ。ジャッキーの「ライジングドラゴン」が出来良く見えてくるなあ本作隣にそえると。



ということで、
わりとショックな出来の本作でした。
おじいさんはわりと暴力的

おじいさんはまだやれるサモハン!だけど私見る限りもう監督作無理だなあと思った。
最後のデブゴンでありました。がっくし。

あなたはどうみますか?
chu

chuの感想・評価

3.0
キャストが全体的にキレイな作り物感がする
肝心のアクションはずっと凶器を持った男と闘うばかりでワンパターンで飽きるせいかボリューム不足な感じがする
ぴのふ

ぴのふの感想・評価

2.0
来週ウラジオストクに行くんで
録画していたやつをちょっと観てみたw

ウラジオストクは都会だけど
中国側のこんな田舎町良いなあ、、、

普段は認知症でボーッとしてても
昔取った杵柄で
こういう場面になると自然にチカラが出るってこと??
なかなかの無双っぷりだった。あんなものやこんなものを使うなんて。
>|