セトウツミの作品情報・感想・評価

セトウツミ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月02日

製作国:

上映時間:75分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は…

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は樫村のことが好きだけど、樫村は内海が気になっていて、内海はそんな樫村につれない素振り。さらにヤンキーの先輩鳴山(成田瑛基)や謎のバルーンアーティスト(宇野祥平)たちが、二人の日常にちょっとした波風を立てていく。まったりと流れる時間の中で移り行く季節。瀬戸と内海の無駄話は止まらない・・・。

「セトウツミ」に投稿された感想・評価

manami

manamiの感想・評価

-
ドラマ版が面白かったからずっと見たかった映画版、やっと鑑賞。
第1話「セトとウツミ」
第2話「アメとムチ」
第3話「イカクとギタイ」
第0話 「内海想の出会い」
第4話「先祖と子孫」
第5話「瀬戸小吉の憂鬱」
第6話「出会いと別れ」
エピローグ「樫村一期の想い」
こうして改めて書き出してみると、親子・夫婦の絆とか生命の終わりとか、テーマは重め。
なのにやっぱり面白い。特に第0話が好き。スロベニアの年間降水量! ツールドフランスの観客! デミグラスソースのハンバーグ!
そた

そたの感想・評価

4.0
それこそ、これといった盛り上がりもないただの会話だけどそのただの会話だからこそ池松壮亮や菅田将暉の自然さがすごいと思った。
oharu

oharuの感想・評価

3.7
ただただシュール。映画として成り立ってるのは菅田くんと池松くんの演技力あってこそだと思う。少し笑える面白い映画。
hk

hkの感想・評価

3.8
すばらしい会話劇
料理しながら見るのにちょうど良かった
ジワジワくる
zink

zinkの感想・評価

3.4
好みは分かれそうだけど個人的には面白かった 思ってたよりエモい
HN

HNの感想・評価

4.1
めちゃめちゃシュールで、2人の独特な雰囲気の中での会話がすごく面白かった!
swk

swkの感想・評価

2.2
漫画読んでるからみたけど日本映画独特のシュールさがよくでていた。ちょっと漫画よりくらい雰囲気に感じた。
ミッ3PO

ミッ3POの感想・評価

4.5
ドラマ版を見て衝撃を受けたからこの作品を見た。ドラマとは違う終わり方をして違う衝撃を受けた。ドラマの衝撃は最終回での嘘みたいな伏線回収で映画のほうはリアリティ
どちらも好きだ
ボォーっとなんにも考えずに観る(というか視界に入れる)だけでよい作品。夏休みにおすすめ。

関西人じゃない池松壮亮さんがあのノリで芝居できるのはすごい。
373

373の感想・評価

4.0
ドラマ派だなあ

こんな日常が一番の幸せだよな

毎日毎日息苦しいこの世界と
エアコンの効いた部屋と
人間関係
>|