ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

ランペイジ 巨獣大乱闘2018年製作の映画)

Rampage

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:107分

3.5

あらすじ

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

な

なの感想・評価

3.5
ジョージ、いいやつ

意外とその辺の災害映画よりも災害起こしてて、つまり言い換えると迫力満点でよかったです。
パスタ

パスタの感想・評価

4.0
宇宙での実験失敗で散らばったサンプルに影響を受けた動物が巨大化し、暴れ回る。

悪役がマヌケだったり、ベタだったり、都合の良い展開が多々あるが、この映画はただデカイ動物が街を破壊する様子を楽しむものなのでこれでいい。
デカーイ、ツヨーイ、カッコイイー!
しおつ

しおつの感想・評価

2.6
ワニはアンギラスみたいになっててビオランテみたいな顔。泳いでる姿はゴジラ。
ゴリラはいつだってデカくなるだけ。
きゃん

きゃんの感想・評価

3.5
たまにはこういうのも
なんとなく避けてたけどジュマンジも見るかなぁ
Sennya

Sennyaの感想・評価

4.0
飛行機から落ちても死なないロック様。
バカ映画(褒め言葉)。
「南海の大怪獣」ハリウッド版って感じかな笑

いままでなんで観てなかったのか不思議なくらい俺好みの特撮風映画だった。

ジョージは「おさるのジョージ」から来てるのかな?

王道どストレートで怪獣見たい人にはおススメです。

もう少し戦って欲しかったけど
流石ハリウッドだけあって大迫力 白昼堂々大暴れしてくれるので観やすいのもグッド
MACHI

MACHIの感想・評価

3.9
未知の薬がバラまかれて動物が巨大化してさぁ大変、巨獣たちが街にやってきて大暴れ!というポスター通りの映画。
あらすじを見る限り低予算映画だろうなと思っていたら、めちゃくちゃしっかりしたアクション映画として作られていた。

覚えるべきキャラもめちゃくちゃ少ないし、ストーリーがとても分かりやすく出来ておりエンタメ要素ばっちり。
ポスターデザインと「巨獣大乱闘」というタイトルで損している。

主演のドゥエイン・ジョンソンが強すぎて、この人巨大化して戦ったらいいんじゃない?って思っちゃう。かっこいいよね。
粋

粋の感想・評価

3.6
どっちが…ゴリラ…🦍?

笑いあり、涙はなくとも迫力あり。
吹き替えで観るべきですね、ドッタンバッタン大騒ぎで洋画らしい洋画。

金をエンタメに使うのって最高だなって思わせてくれる季節物の映画です。
よくある誤解で、ゴリラが胸を叩くドラミングの手はグー✊でなくパー✋

ジョージが開始9分ごろにしてるドラミングの手がグーになっているが、これはよくある間違いではない。主人公一行を威嚇するドラミングが本気ではなく冗談だとわかるように、自分自身でゴリラあるあるネタをやって遊んでいる。それを見て主人公は冗談だと理解する。

間違いでない証拠として、その直前に出てくるゴリラのパーボのドラミングの手はパー。そして、ジョージが後にするドラミングの手もパー。

信頼関係と高度なIQがないとできない不謹慎なジョーク。多くの観客には伝わっていないが、ジョージが不謹慎な冗談を好むという伏線になっている。

あなたにおすすめの記事