SR サイタマノラッパーの作品情報・感想・評価・動画配信

『SR サイタマノラッパー』に投稿された感想・評価

夕方魚

夕方魚の感想・評価

4.0
田舎の閉塞感。ある程度のレールに乗ってないと後ろ指さされるよね。そんななんとも言えないノスタルジー。
burakon

burakonの感想・評価

3.0
役所のシーンは笑えるんだけどなんか泣きそうになっちゃった
ラストに言いたいことが詰まってた
これは私の話だった
hyak

hyakの感想・評価

-
なっつかしい
東京東京言っとるけど言うて埼玉でしょうが!!と思ってしまうわね
懐かしくてあの恥ずかしい感じを伝えるの上手。終わり方はなるほど、、となった。
入江悠監督の名前とともによく聞くのがこのサイタマノラッパーだったので、興味もあり見てみた

大成することもなく片田舎でほんの少しだけ前進するというストーリーは悪くなかったけど、やや物足りなさが

埼玉感もそこまで感じられず

ワンシーンワンカットは大変そうだなーと思った

あと音声収録が弱いのか音がとにかくくぐもって聞きにくかった
謎の終わり方しよった(笑
結構面白かったとは思います。シーンごとに長回しで撮っていく感じいいですね。悪くいえばホームビデオみたいなんですけど、それがすごく雰囲気を作ってます。

まぁそのラップはあんまりいいな!とは思えなかったのですが、映画としては楽しかったです。でもなんであそこで終わっちゃったのかなぁ。一区切りつくとこまで見たかったなぁ。
世界

世界の感想・評価

4.5
 夢。好きなことして生きる人生。仲間は最高。
 作品は徐々にシュールな世界観をもっと観たいと思わせていく。曲が絶妙にカッコいい。小暮の強気な感じが良い。市役所のシーンめちゃくちゃ笑った。初めてエンドロールでノった。自分もラップをしたくなった。ただ、そこで終わり?!ってなった。もっと観たかった。もっと観れた。
リク

リクの感想・評価

2.9
途中マジでしんどかったけど、ラストシーンのフリースタイルはよかった。
オススメするかと言われるとラップやってるのか、やってた人にしか勧めれない。

2022.114発目
痛すぎる。ダサすぎる。
一周回ってカッコいい。
ちょっとだけ。

ラッパー(本業)で映画評論(副業)のライムスター宇多丸氏が絶賛するのだから間違いない。埼玉というより北関東の某市から「世界を目指す」若者が、現実と対峙する痛すぎる姿を、ワンシーンワンカットの長回しで淡々と綴る。僅か80分でもドラマがそこに詰まる。

東京から出戻るが居場所なく、また町を出ていく元AV嬢が切ない。
きもくてうざいホモソノリへの毅然としたみひろの演技が良すぎたのと、ラストの恥ずかしくて惨めで消えたくなるけどでも埼玉の田舎でホンモノのヒップポップが確実に産声あげてる長回しフリースタイルシーンが至高、泣いた
あとどっかの会議室みたいなとこの気まずすぎるライブシーンも最高やった、続編楽しみ
>|

あなたにおすすめの記事