SR サイタマノラッパー2 〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • SR サイタマノラッパー2 〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜の映画情報・感想・評価・動画配信

「SR サイタマノラッパー2 〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜」に投稿された感想・評価

そのくらいの年の女の子って、まだまだいけるのに現実的になりすぎちゃってやりたいことも思い切ってできなかったりするなって
しょーぐんのふたりの勢いがなかったらこうはなってなかったよなと
DVD録画あり。
再鑑賞したら レビュー削除して
再投稿 の予定。
AK

AKの感想・評価

3.8
現実と夢の狭間での焦燥がちゃんと描かれていてよかった
選挙カーでの仕込み韻合戦と葬式フリースタイルのとこ好き
na

naの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

おもしろすぎた………
冒頭で山田真歩が起き抜けにスルメかじり出した時点でガッチリ心掴まれてしまいました…「目標 かっこいい女になる」の貼り紙との対極加減というか、画のパンチがすごい
うだつの上がらない生活を顧みて、昔の仲間を集めて夢を追うが、現実の辛さが突き刺さる。そのことや境遇の辛さがあり、凡庸な人々の行き違いや食い違いを生々しく描きたいことは分かるが、モチーフ・キャラ・プロットの構築が説明セリフと専門用語に頼り過ぎに。ある意味、この監督とラップとの相性は悪くないとも思えるが。

選挙応援シーンで面白くかみ合うこともあるが、何時も通りの繋ぎのドラマパートが冗長で中々プロットが躍動しない。矮小化されてプロットのリズムができなく、気になることがチラホラあり、相性は良くないことに。根幹にあるだろう人間賛歌のような凡庸さの肯定も伝わりにくかった。
自我を押し潰そうとする閉塞感を打破する力強さは前作の威力に及ばなかったがめちゃくちゃ楽しかった。一作目の後ちゃんとSHO-GUNGにTOMが戻ってきてくれたと分かった瞬間泣きそうになった。前作同様日常がライブと化すクライマックスは最高なのだが(主人公の父親の内弁慶ぶりが逆の形で露呈するところとかも良い)、その先を描いてしまったことで世界が閉じられたように感じてしまった。
メインキャストらの好演が楽しいけど、つまるところ「1」と同じ話やってません?という気持ちが拭えなかった。でも、前作よりちょっとキャラクターを突き放して見せるラストが琴線に響いたので大幅加点。
yaai

yaaiの感想・評価

3.7
こっちの方が好き
女子ラッパー、同世代だから共感
右往左往……
M

Mの感想・評価

4.7
悲しさと虚しさが逆に最高だった。
ラストのラップ涙が止まらなかった。
テンポが良くて良い作品でした。
鉄

鉄の感想・評価

4.4
グンマノフィメールラッパーの映画。

河原でのフリースタイルのシーンと、選挙演説のシーンでめちゃくちゃ笑った。その後の流れるプールでのライブシーンが前作並に地獄&屈辱的でいやぁぁぁーーーーーんって感じ。

シュッシュッシュッが最初はダサすぎて絶命するかと思ったんだけど、最後の方に連れて段々癖になってしまった。

いいシーンだけどラストがやや長い。
>|