サイボーグの作品情報・感想・評価

「サイボーグ」に投稿された感想・評価

「サイボーグ」という直球過ぎるタイトルに魅力を感じ観ました。

騙されました。
パッケージからして荒廃した近未来を救うべく作られたジャン・クロード・ヴァンダム演じるサイボーグが大暴れする映画と思ってました。
ペストが蔓延した世界でその治療法のデータを入れたサイボーグがなんと守られる側のヒロインの方でした。
せめて大暴れくらいはしてほしかったんですが、小暴れくらいはするもののあんまり強くないし逃げまくるし、合間にちょこちょこ回想入ってテンポ悪いし回想時のロン毛が似合ってないしであんまりスッキリせず楽しめなかったです。
qtaro

qtaroの感想・評価

2.4
20180810鑑賞
微妙。
内容はマッドマックスのような世界で、ヴァン・ダムが悪の軍団と戦う話。とにかくテンポが悪く、ヴァン・ダムも弱過ぎ。サイボーグなんかほとんど関係ない。キャノン好きだけど、これは合わなかった。続編はどうしようかな...
Nash

Nashの感想・評価

3.2
まずタイトルの「サイボーグ」がヴァンダミングじゃないというサプライズ。間違えたの借りたかと思った💦
全体的にもっさりとした展開で、やたら遠くから敵が走ってくるシーンが多いのも気になる。
カーペンターっぽい世界観はすごく好きなんですけど。
実は
ヴァンダムさんの作品は
初めてかも

ヴァンダムさん
美しいですね
アルバート・ピュン。ヴァンダム。ポストアポカリプト。みんなムキムキ未来。羅王みたいな悪の帝王が割とこじんまりした組織。胸糞復讐設定。独特の盗賊やバーバリアン世界観がイタロアポカリプト系から脱皮した感じで個性際立つ。低予算なストップモーションが味がある。そもそも全身サイボーグにする必要あるのか?USBでよかったんじゃね?赤い服着てウロつけばヒャッハー系に狩られるに決まってる。ちなみに各役名がギブソン・リッケンバッカーとかフェンダー・トレモロとか楽器由来になってる意味わからん隠しネタ。
メナハムゴーラン、ヨーラングローバス、キャノンフィルム。
fujimaps

fujimapsの感想・評価

2.5
もりもりの肉体美だけでゴリゴリやるやつ。台詞とか話とかはもう要らないゴリゴリ
Bitdemonz

Bitdemonzの感想・評価

2.0
サイボーグという設定に説得力を持たせるべく選ばれたヴァンダムの肉体美が堪能できるアクション映画。普通。
Filmjunky

Filmjunkyの感想・評価

2.7
最後の10分は『ぁぁぁー!』『おぉぉーぉー!』『ぅえー!』とかしか言葉は無いので、字幕なしでも大丈夫。

時は世紀末!冷酷無慈悲な敵に世界は為すすべも無いのかと思われたが、そこに現れたのは、とにかく若いジャンクロードヴァンダム。まだお美しいです!

ジョンカーペンター先生が好きな方は是非ですね。割と近い世界観の作品です。
マサ

マサの感想・評価

2.5
ウィルスなどで荒廃した世界。そこに生きる主人公は復讐のためにあるグループを追っていた!タイトルサイボーグだけどサイボーグはほぼ印象なし!そしてまさかのヒロインの扱いが最後雑という技も披露!
めあり

めありの感想・評価

2.8
鑑賞中、「なんて野蛮なんだ」と何度もつぶやいてしまった。
野蛮さだけで言えば、マッド・マックスを越えたと思うし、もしこれ以上野蛮な人達が出る作品があれば知りたいくらいである。

話はどうあれ、ヴァン・ダムの足技は今回も冴えていて、それだけでも価値がある。
>|