CONFLICT ~最大の抗争~ 第二章 終結編の作品情報・感想・評価

「CONFLICT ~最大の抗争~ 第二章 終結編」に投稿された感想・評価

HORI

HORIの感想・評価

3.0
汚れない衣装、完全にCGの出血、完全にCGの車の破壊描写、少ないロケーションパターン、明らかに1dayで撮りきった哀川翔出演シーン、、
これぞ、Vシネ。

映像の視聴方法が多様になった昨今、もはや「オワコン」になりつつあるVシネの最後の足掻きを見たような気がする。

そんなに面白くないんだけど、愛らしい作品。
城戸

城戸の感想・評価

3.4
こんなに観てる人少ないのどういうことなんだろう
一貫してシリアスでテーマは家族(ほとんど不幸になってて悲しい) オールキャストだからだろうが、ストーリーの詰め込み過ぎ感は否めない
アクションも多く観てて楽しかったが、ラストモブ戦の血しぶきが残念でわろた

有名な役者がバンバン出てきて、Vシネ系よく知らないけど楽しめた
日本統一シリーズ観たばっかりの自分としては、小沢本宮山口のスリーショットがアツい
ココリコ遠藤がなぜか真っ黒だった
1よりはつまらん。

感動するシーンもあんま感動せーへん

ただ、的場浩司かっこよすぎた
magnetman

magnetmanの感想・評価

3.5
せっかく出所したのに一度も小沢仁志に会えない的場浩司!イイ!
KY

KYの感想・評価

3.8
前編が面白かったから速攻で連続鑑賞。妙におもしろいシーンのオンパレードで前後編あっちゅうま。的場浩司演じる織田のアニキがとにかくかっこよくてシビれた!的場浩司が最大の収穫。
オールスターキャストという事でストーリーを詰め込み過ぎた為に全体として迷走している。
赤井英和演じる刑事と高岡蒼甫演じる少年Aとのエピソードはいらなかったのでは?
そこらへんを観るとやはり本家「アベンジャーズ」の脚本は良く出来ているしオールスターキャストの交通整理が非常に上手いと感じる。

アクションシーンは頑張ってはいるが血のりのCGの安さが台無しにしてしまっている。
小沢仁志、和義の兄弟対決は見応えがあるがラスボスの哀川翔の今どきこれをなぜやったか疑問の「燃えよドラゴン」と「椿三十郎」オマージュが作品を安くしてしまっている。

凄惨な物語の割にとんでもなく爽やかなラストは評価が分かれる。六平直政のシャブ中輪姦された娘だけ可哀想すぎる。
渋い、名言も出る。戦闘シーンもったいなかったかなぁ…
キャラも振り切るくらい立ってて暴力描写も派手で面白い。不器用なくらいが、というのはほんとそうで、沖田の小指のとことか不器用すぎて、でも伝わってくる本気にグッと熱くなった。小沢和義と大沢樹生の風貌めちゃくちゃカッコいい…!
能戸淳

能戸淳の感想・評価

5.0
あー、惜しい!
前編(勃発編)のラストシーン(出所シーン)でシビれるようなヤバさで登場した的場さんと大沢さん。
※このシーン、同じくオールインエンタテイメント作品の「日本やくざ抗争史 絶縁」で小沢和義アニキが演じた主人公が出所して紀伊に戻ってくるシーン並にヤバくて好き!
でも、あんだけヤバイ匂いがプンプンした登場シーンだったけど、登場後の描き方はもっともっとヤバさが欲しかったな。

でも物語は怒涛の勢いで展開。
カシラを演じる小沢アニキ率いる天道会の怒涛の攻めに、翔サマ率いる新興組織が徐々に押されていく。
そして、祥行アニキと泰風さんの仲、そして泰風さんと拉致した娘の愛は・・・って感じ。
ラスト、僕はこういう終わり方は好きだね。

総じて前編後編を通じてオールインエンタテインメントファンの僕としてはとっても好きになれた作品だったね。