日本統一23の作品情報・感想・評価・動画配信

日本統一232017年製作の映画)

製作国:

上映時間:75分

3.3

あらすじ

「日本統一23」に投稿された感想・評価

定型文の脚本と、悪そうな奴を表現してるつもりなのか、いちいち顔を作るのがホントに鬱陶しい。芝居がクソ過ぎるし画作りもホントに酷い。

このレビューはネタバレを含みます

難解な前回とは対照的に、コメディ要素も多く軽快なストーリーで小休止のような立ち位置の回

やっぱり今回を見ても、俠和は神農と丸神に無用な戦争をさせたくない
できれば神農を取り込みたいって感じだったか
真世紀

真世紀の感想・評価

3.8
大河シリーズ、続いていた神農(テキヤ)の極山会と関東の丸神会の抗争も遂に極山会の松永会長(堀田眞三)と丸神会先代の瀧島(津川雅彦)の老優二人のトップ会談で松永が頭を下げて趨勢が決す。極山会の切り崩しに抵抗するのはもはや、進友会の平川会長(松田一三)のみという情勢に。

一方、侠和会の氷室(本宮泰風)と田村(山口祥行)はそれぞれ、沖縄と北海道へ勢力拡大に乗り出す。この二人のやり方がまさに対照的。本土と違う沖縄やくざ独自の人につくあり方を尊重し、琉球会現会長と氷室の杯事に反対する引退すれど今も影響力の有る先代会長宮里(三上寛)の料理店に単身で足を運ぶ氷室。

かたや、北海道の組長を集め、二十四時間以内に侠和会入りするか死か選べと言い放つ田村。

交渉のやり方どころか、夜の街の過ごし方も正反対。一人、沖縄民謡の聞ける店で聞き入り過ごす氷室とトラたちを引き連れ、カニ食べまくったり、クラブで騒いだりな田村。

そして、終盤は追い詰められた平川が今回の抗争以前から因縁有った氷室との決着を望む。

下の者たちが色々と動いていた元侠和会本部長の渡部(奈良坂篤)もいよいよ腹をくくり、こちらは次作以降の展開。

Amazonプライムにシリーズ入っていたので、今のところ最後に観ていた本作をおさらいで再見。初見時は沖縄、北海道の攻略、あっさり過ぎないかと思ったけれど、氷室と田村の対照の妙の方が主眼なんだなと見方も変化しました。
関東との対立が深まろうかというなか、最北端、最南端に足を伸ばし勢力図を伸ばさんとする両巨頭。
沖縄はともかく北海道のヤー公がショボすぎて哀れ。

テキヤと博徒。
竜虎相見えるタイマン後の予定調和でフィニッシュ。

〜〜

今日の一曲

米軍基地での鉄板ライブ営業の盛り上がりが容易に想像できるコンディショングリーン

https://m.youtube.com/watch?v=E8qqacG9pQA

*長いのでWiFi環境推奨
きたの

きたのの感想・評価

4.1
慎重な蓮司と無鉄砲な田村。
やり方は違えど2人とも成功してるのが良い。

飛ばせ長谷川と車出せ長谷川を待ってる自分がいる。
マサ

マサの感想・評価

3.0
東北から端を発した抗争も終息に向かう!その間に氷室が沖縄、田村が北海道に足を運ぶ。違う場所でアメとムチのやり方を見せる演出は面白い。これで本当に関東の丸神連合だけになったが、まだまだ続いてるみたいだし何が起こるのか!?そして氷室と平川は銃下手っぴなのか!?
‪東北の代理戦争も決着!更に北海道と沖縄という最果ても併合という展開に!BGMもローカル感出てて面白い(笑) ‬
‪氷室と田村で攻め方が全然違うのも良い!東北の平川も熱い🔥‬

‪そして津川雅彦の引退するする詐欺がついに終わって今作で出演終わり…ベテラン且つ圧倒的演技力を誇ってたので悲しい…‬
Thomas

Thomasの感想・評価

2.8
関東・東北の抗争と並行して進む沖縄の若干のショボさを感じながらも、展開にドキドキワクワクが収まらない。木島の今後も想定通りになるのだろうか。
南と北で氷室と田村の違いすぎるやり方が面白かった。次回からいよいよアイツに、と思うとたのしみ。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

5.0
沖縄を任された氷室は着実に。札幌を任された田村は派手に。2人のやり方が光って最高だった〜!

そして東北。極山会の大半が丸神会に落ちて植木は侠和会、神農の意地を最後まで貫き通す平川。

追い詰められた平川の意地を貫くにはとタイマンを挑む氷室流石!2人のステゴロの闘いがまーかっこよくて!最高!!!
>|