映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!の映画情報・感想・評価

映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

3.5

あらすじ

スイーツの本場・パリで開催される世界パティシエコンテストに出場が決定したキラキラパティスリーメンバー!しかしシエルが突然スイーツづくりも、プリキュアの変身もうまくいかなくなり絶不調になってしまう。不安を抱えつつもコンテスト前夜祭のパーティーに向かういちかたちは個性的でひとくせありそうなパティシエ・ジャン=ピエール・ジルベルスタインと妖精に似ている不思議な女の子・クックに出会う。インパクトの強い2…

スイーツの本場・パリで開催される世界パティシエコンテストに出場が決定したキラキラパティスリーメンバー!しかしシエルが突然スイーツづくりも、プリキュアの変身もうまくいかなくなり絶不調になってしまう。不安を抱えつつもコンテスト前夜祭のパーティーに向かういちかたちは個性的でひとくせありそうなパティシエ・ジャン=ピエール・ジルベルスタインと妖精に似ている不思議な女の子・クックに出会う。インパクトの強い2人にとまどういちかたちだったが、なんとジャン=ピエールはシエルの<パリ修行時代の師匠>だということが発覚する!久しぶりの再開だが、「頼れるのは自分の 力のみ!」という信念を持つジャン=ピエールは仲良くスイーツ作りをするシエルの姿に落胆する。落ち込むシエルを元気づけるため、いちかはジャン=ピ エールに初めてつくってもらったというシエルの想い出のスイーツ【ミルフィーユ】をみんなでつくることをキラッとひらめく!しかし、次々とコンテスト出場のパティシエを襲う謎の巨大スイーツが出現し、さらにパリの街がスイーツになってしまい…!?はたしてパリの街もコンテストも、どうなってしまうのか?そして天才パティシエは復活できるのか…??

「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」に投稿された感想・評価

mirei

mireiの感想・評価

5.0
記録

初プリキュア映画
公開日初回 上手にライトで応援できたね☆
ピエール師匠に久米田康治のキャラみを感じるんだ、だれか……だれかこの気持ちが伝わる人はいないか……!
シリーズの中間なので、本編のスペシャル版といった感じ。テレビシリーズの延長線上。
トレビアン

プリアラが大好きで、どうしても映画館でみたくてファミリーのみなさんに紛れて一人でみた。

ペンライトはもらえなかった…。わたしもシエルを応援したかったので悲しい。

正しい大人のお友達は世界最速上映とかしかるところで見てるんだろうけど、それに行けなかったので申し訳ないと思いつつ境界侵犯して映画館でみた。

自分も大きなお友達のひとりなのに申し訳ないけど、大きなお友達よりちびっこがいる映画館でみるほうが和んでたのしいな。
きゃあ怖い!とか、かわいい〜って声とか、たどたどしい手つきでペンライトをぶん回す姿とか、すごく和んだ。

上映の後、お母さん方からが「寝た?」「寝た寝たw」って会話をしてて、なんともったいない!!と思った。

肝心の映画は、みんな本当にかわいいし、シリアス展開がなかったのもドツボだった。
子供向け映画のシリアス展開って感情揺さぶられまくりでちょっぴり苦手なの。

プリアラがずっと続けばいいのに…。と思うけど、もう終わってHUGっとが始まって、子供たちの興味はかつて自分もそうだったように新しいプリキュアに移っていって…映画内容はコミカルでとにかく楽しいのに、なんだかいまセンチメンタル。

キラパティのみんな!ずっと応援してるよ!(;ω;)
さかな

さかなの感想・評価

4.5
一昔前のプリキュアからは想像もつかないほど笑いが入ってストーリーが面白くなってると思いました。

子供の喜ぶ顔を見るために映画に付き添う。という感じでしたが
コメディタッチでサラサラと進む展開に大人の私もあまり退屈しませんでした(笑)
海老

海老の感想・評価

2.9
子供の付き添いで前回から僕もプリキュアデビューしてます。笑

「魔法使い」のほうは、油断してたらえらく良い話で目頭が熱くなったんですが、今回のは随分コミカルですね。
まぁ、あくまで子供のためのものですし、娘も喜んでいたので、これで良いのでしょう。大人は大人しくしております。

なお、前作も今作もそうなんですが、プリキュアってファンシーな闘いかと思いきや、意外に物理攻撃なんですね。
キラキラした攻撃を繰り出した直後に弾丸スピードで蹴り倒す。ちょっと驚きます。笑
紙

紙の感想・評価

4.0
シリアス成分ほぼなし。最期まで笑って観られる良作。子供はもちろん大人もこっちのがいいんじゃないかな?
今年1本目(*・∀・)

やっぱり肉弾戦のないプリキュアはつまらん…(´⊙ω⊙`)←
娘が2歳にして最後まで集中して観る事に驚いた。
それだけ、面白かったそうだ。

ただ物語としては、かなりギャグ路線だけど今までのプリキュアのイメージだと『このままだと世界が!』的なシリアスじゃないのが良いかもしれません。

まもなくアラモードも終わり来年、から『はぐっとプリキュア』になるのも寂しい気がします。
歴代映画に比べて笑い要素に特化した映画だった。
「こんな雑なオチでいいのか?」って部分も幼児たちには好評のようでほっこりしながら見られた。
しかも見ていくと案外そのオチを再活用だったり回収してるところがあって感心した。
敵が妖精だったのと、秋作品のプリキュアで他の世代がやってきたのには驚いた。
>|