セブン・シスターズの作品情報・感想・評価 - 39ページ目

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

設定めっちゃ面白い。月曜が帰らないまま火曜が家出るのすごいハラハラしたし、設定の面白さに引き込まれた。展開も二転三転で最後まで面白い。

ノオミ・ラパスの1人7役すごかった。最初覚えようと大変だったけど、気付いたらパッと見で何曜だかわかる。だからこそ終盤の月曜と木曜のシーンも良かった。

思ったよりあっさり死んじゃうのわりと驚いた。ゴミの回収水曜のくだりは曜日といえばそれだよなーって感じで好きだった。
ノオミ・ラパスが一人七役を務めた作品

名前が月曜から日曜w

人口が多過ぎて兄弟・姉妹を拉致しちゃう政府

そんな中、七人の姉妹は隠れてひっそりと暮らす

容姿も知識も全て似せる為でも、指切りのシーンは可哀想だから勘弁してあげて(^^)

ラストのオチは読めなかったけど

この女優さんの顔が好きになれず…
1家族に一人の子供しかいられない近未来。それに抗う七つ子の葛藤。
ナオミ・ラパスの一人七役すご過ぎ!
スリルあり!アクションあり!
展開も読めず...
ノオミラパスの演じ分けスキルはすごい。
原題を少しだけ気にしてから見ると尚良し!
あと はじめの方をもう一回見返すと何気ない伏線があちこちに。
totoruru

totoruruの感想・評価

3.8
ノオミ・ラパスお見事!

設定が面白い。

そして、ノオミ・ラパスが一人七役を見事に演じ分けててお見事でした。

ストーリーもテンポ良く、最後までダレることなく見応えがあります。

姉妹それぞれの扱いにビックリ。
特にWednesdayには、ええ〜ってなりました😲


それにしてもノオミ・ラパスは、相変わらず色々な意味で身体を張ってますなー😱


ウィレム・デフォーのおじいちゃんな感じも良かったです🙂
asmin

asminの感想・評価

4.3
近未来。
人口が増えすぎた為、児童分配法と言う名の一人っ子政策に背いた祖父に、七人姉妹は育てられていた。(中略)
一週間の各曜日の名前を付けられた彼女達は、一人の女性カレン・セットマンとして各々の名前の曜日に外に出る事が出来る。
ある日、マンデーが出勤し次の日も帰宅しなかった。

どえらいモノを観た!
かなり面白い。

七つ子ちゃん、みんな違ってみんないい…by 金子みすゞ

ノオミ・ラパスとはと〜っても魅力的な人ですねぇ。七人の役を見事に演じ切ってます。
おっぱいも鍛えられていて綺麗だった♪
設定が好き!想像したよりバイオレンス要素が強かった。
僕だったら日曜日になりたいw
Machiki

Machikiの感想・評価

3.8
サイレントマジョリティ。


面白そうな予告を観て、疑いながらも鑑賞。
一言で言うと面白い!
最初から目が離せないストーリーで飽きません。
一人7役!圧巻です。
どんなラストなんだろう?って考えながらハラハラしました。

子役も可愛くGOOD!

大好きな作品の一つです。


※ネタバレ↓

ただ、中盤木曜日の逃亡中の追っ手がバカすぎて萎える。
化学はかなり進歩している筈なのに、なぜ君達だけそんなにアナログなの?と問いたくなるw
脚本が少し残念でした。
あと邦題がダサい
Votoms

Votomsの感想・評価

4.5
食糧危機と人口爆発により、一人っ子政策が強制されるようになった近未来のお話。一人以上の子どもをつくると、強制的に二人目は児童分配局に連行され将来十分に人口分を養えるような環境になるまでコールドスリープにかけられる...という制度下である。
主人公は七つ子の姉妹であり、その父親は何とか自分の子どもを守るために一計を案じる。カレン・セットマンという一人の子どもを曜日に応じ、七つ子にそれぞれ割り振るという方法だった(だから子どもの名前は文字通り日月火水木金土である)。例えば月曜日であればMondayという子がカレンとなって外に出られる(それ以外は家で待機)。こんな風に結構上手く当局の目を欺いてきたのだが、ある時にMondayが帰宅しなかった...というところから話が一気に展開される。
それぞれの曜日に応じた性格がわかりやすかったし、中盤から終盤にあたっての展開はなかなか予想できず、面白かった。
7人がそれぞれの能力を使い協力して現政府転覆映画と期待したが‥
予告に騙された感がありました。