サイモン&タダタカシの作品情報・感想・評価

サイモン&タダタカシ2017年製作の映画)

上映日:2018年

製作国:

あらすじ

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に"運命の女"を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

「サイモン&タダタカシ」に投稿された感想・評価

龍太一

龍太一の感想・評価

1.0
二人の関係性を広げる前にアニメーションに逃げた。冒険に出る前までがピーク。もっとサイモンの表情を拾って欲しかった。ドキュメンタリーのような長回しで撮れるところがあっただろう。新人俳優だからこそ撮るべきだっただろう。
アニメを採り入れたりして、なかなか面白かったけど、
突然のSFチックな展開は、去年の「団地」が連想されて残念。
のどか

のどかの感想・評価

4.0
女の子でも、全童貞を愛せるようになる宇宙規模の傑作でした。

日本映画がいかに予算のない中映画作りをするかっていうのに挑んでて、ハリウッドでは作れない作品でした。

結局セクシーなのは、赤でなくベージュの下着。
玉露

玉露の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

第39回PFFにて。

ニキビ話題や、おでんのやりとり
二人で映画を見てる鼻高々なシーンでニヤリ

筋トレ中にされげなく言っていた
「それ嘘でしょ」
「嘘なんて、追い越せばいいんだよ」
そんなセリフになぜかグッときました

そして途中、度肝抜かれました。
こんな展開なんて!
かつて『四畳半から宇宙へ 』と例えられた、かの劇作家を思い出しました。

相変わらず?おブスの使い方が秀逸です。

2017.11.20月曜、加筆修正
2018年春に池袋シネリーブルなどで公開されるそうです。
CINEMATOPICSというサイトで得た情報より。
批判も増えるかもしれないけど
一種の熱量みたいなものも感じてもらえたら、、、
より多くの人に見てもらえることは応援しているものとして歓迎したい。

噂では『団地』は見てなかったようです。