きまぐれオレンジ★ロード あの日にかえりたいの作品情報・感想・評価

きまぐれオレンジ★ロード あの日にかえりたい1988年製作の映画)

Kimagure Orange Road: I Want to Return to That Day

製作国:

上映時間:69分

3.4

「きまぐれオレンジ★ロード あの日にかえりたい」に投稿された感想・評価

waon

waonの感想・評価

3.0
友達関係だった3人が三角関係!
見てて辛かった。
これが青春だ!
ムノウ

ムノウの感想・評価

3.0
原作付きの劇場アニメの中でも異端な存在。
あまりの作風の違いにうる星やつらのビューティフル・ドリーマー、ルパン三世のカリオストロを思い出す(作品としては名作だが原作派から観るとどうなの?という意味で)

きまオレといえば三角関係を扱ったラブコメというイメージだがこの映画ではその三角関係に決着をつける話になっているのでひたすら痛々しい描写が続き救いがない。
私の記憶ではこの主人公は超能力が使えたような気がするのだが超能力要素も一切なく終始暗い。
私の知っているきまオレではなかった。
でも原作の事はこの際忘れて男女の生々しい恋愛ものとして見れば雰囲気自体は悪くないと思えた。
一周回ってこれはこれでありかも。

最後のひかるちゃんはとても可愛い。
昔はくるみ派だったけどひかるちゃんも可愛いな。
痛々しい…青春の残酷な部分だけ描いてある。最後が暗いのもまた
rrr

rrrの感想・評価

-
こうなるとは思っていたけど
そうなるとは思わなかった

最後の笑顔に救われちゃったな。
すぎた

すぎたの感想・評価

3.4
TVアニメ版でうやむやにしてた三角関係の清算をしっかり残酷に描いてて良い。

大して活かされてなかった超能力設定も廃してるし、勇作を出さないことでひかるちゃんに救いを無くしてるとこも好印象。

アングルとか演出に結構こだわってる様なカットも多いし、全体的に哀しい雰囲気もあってTVアニメとは別の単発としては中々。

タッチの映画が劇中に出てきて驚いた。そっちも観てみようかな。
みら

みらの感想・評価

4.0
青春の痛みが描かれているが、今見返すとストーカー怖えとも見えたのがまた面白いという。
賛否両論過ぎて未だにDVD化してなくて観れてなかったけどNetflixに来てたのでようやく観れた。
ひかるちゃんが滅茶苦茶かわいいけど、三角関係の清算がテーマだから途中からクッソ辛い。
比較的円満に三角関係終わらせた原作と違って、恭介と鮎川がひかるちゃんガン無視で絶縁して終わらせたせいで後味が非常に悪い。
エンドロール後のひかるちゃんが死ぬほど可愛いのが唯一の救い。
好きか嫌いかと言ったら僕は好き。
三角関係を主人公の優柔不断さと超能力で維持していたファンタジー色の強いラブコメ原作をリアル路線にアレンジした『俺の考えた』きまぐれ☆オレンジロード。悪く言えば原作レイプ。

作画、声優等はTV版通りだが、登場人物の性格が改変されている。もはや別人といってしまっても過言ではない。
優柔不断さが売りだった主人公が三角関係にスパッと終止符を打つ様は多くの原作ファンを唖然とさせたことであろう。

作品単体としてクオリティは高いが、いきなり三角関係前提で話がスタートするので原作を知らない人はついていけないし、知っている人はモヤモヤしたものを感じると思われる。微妙な立ち位置の作品。
テレビアニメ、漫画見てないです。

主人公の服ずっと制服みたいなんだけど、あれが普通だたのか?
現代の喫茶店が、タッチの南ちゃん家みたいでなんかよかった!

おやじなにものなんだ?
鮎川もギャルもどっちも好きになれなかったなー。。
highland

highlandの感想・評価

5.0
「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」と並んで'80年代アニメ映画を代表する傑作。青春の痛みを描いた作品。

この際BD化しなくてもいいのでまともに見られる状態にして欲しい。
>|