きまぐれオレンジ★ロード あの日にかえりたいの作品情報・感想・評価

きまぐれオレンジ★ロード あの日にかえりたい1988年製作の映画)

Kimagure Orange Road: I Want to Return to That Day

製作国:

上映時間:69分

ジャンル:

3.5

「きまぐれオレンジ★ロード あの日にかえりたい」に投稿された感想・評価

原作未読、テレビアニメも数話程度しか見たことない状態で鑑賞。主人公が優柔不断なラブコメを見ると「はよくっつけや!」と思ってイライラしてしまうせっかちさんなので、春日がひかるをはっきりと振る様は (複雑ながら) スカッとしてて良かった。むしろこれくらいはっきりしてる方が好きかもしれない。
原作ファンは出来に不満らしいが、大人の恋愛映画と見るならば十分面白い作品だった。
レンタルビデオ
かなりハードな内容だった気が...
和田加奈子の主題歌が凄く好きだった。
eifonen

eifonenの感想・評価

5.0
望月智充監督のトリッキーな演出がふんだんに味わえます。あと檜山ひかるちゃんがめちゃくちゃかわいそう。
原作と全くテイストの違うシリアスですが、本来三角関係なんてToLOVEるやニセコイみたいな今のジャンプ漫画みたくいかないですよね、アニメの方からきまぐれは入ったのでこの映画が本当に大好きでした。
子供の頃はなんでヒカルちゃんにそんな冷たくするんだよ!と思っていましたが、大人になるとこんなヒカルちゃん尽くしてくれて可愛い子に対してめちゃめちゃ恭介こんな頑なな態度とれてすごいよ!と感心しました。

とにかく演出がいい!終盤のまどかとヒカルの喫茶店の演出は名シーンすぎると思います。
みなみ

みなみの感想・評価

3.6
原作とは真逆のシリアス一直線で心が苦しかった…
ひかるちゃんの今後に幸あれ

でも現実ってこんなもんだよね
村

村の感想・評価

3.8
原作のようなコミカルさを一切排して三角関係の緊張感をより全面に押し出した本作は、リアルな人間模様を垣間見てるような感覚に陥り、視聴者に強烈なインパクトを残す。
演出にもその効果がしっかり現れていて、終盤のひかるとの対話はどこか鬱屈とした雰囲気を漂わせてた。
原作のニュアンスを期待した方からして見ればまどかがひかるの気持ちを一切考えない姿や、ヒステリックになるひかる、優柔不断どころか強固な意思でひかるを断ち切る恭介に違和感しか感じないと思う。
しかし一方で本来の三角関係はこういう風に収束するべきなんだよなという納得も心の隅にあったのでスッキリした部分も確かにある。正直自分は原作で超能力でやりくりしながら二股かける恭介をイライラしながら読んでいたので、シリアスな展開も新鮮で面白いなと感じた。
ひかる派からしてみるととんでもないバットエンド映画で不快感を覚えるかも。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.6
きま★オレのアイデンティティ、優柔不断な三角関係・超能力を排除。
大幅に作風を変更してシリアスにした劇場用作品。
原作者のまつもと泉は激怒したらしいが、僕はこの作品を支持するよ。

多分スタッフも、生温いラブコメ劇に嫌気がさしてたんじゃなかろうか?その反動で作った気がしてならない。
また演出が冴えに冴えてる。カット割りとか隅々まで格好良い。緩急のあるキャラの芝居、カメラワークのセンス、この時代では考えられない程の実写をイメージした作風だね。

大学受験を控えた恭介と鮎川。ひかるは恭介とキスをするが、恭介からはそれを機に疎遠にされる。
恭介からしたら鮎川を選ぶ以上はひかるとは距離を置くのは当たり前。でもめっちゃツレナイ態度をとる。健気にアタックを繰り返すひかる。

ひかるが可哀想な気もするが、そうなると鮎川がズルい女に見えてくるな。
今までひかるのウザキャラのお陰で輝いていた鮎川だが、ひかるとは友達面して恭介にプレッシャー掛けたように見えるもんね。音無恭子さん並にズルく感じる。

こっぴどくフラレる ひかるだが、身が裂ける程の恋をして、舞台女優としての一歩を踏み出している彼女の方がよっぽど豊かな人生を歩んでいると思う。
akaricream

akaricreamの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

原作を一巻まで読んで、
最終回も知ってるけどまだ未読です。

ネタバレ分かった上で見たけど、
かわいそうなのは仕方ないとして、
ひかるちゃんがとにかく自分の想いを正直にぶつけていることが一番の救い。
恭介が揺るがなくて手酷いので、彼女なりに精一杯出し尽くしたことに頑張ったねと言ってあげたい…。

展開的に、鮎川の優しさやいいところが原作やアニメより出ていなく、台詞回しでしたたかに思ってしまうので、振られている側だけどひかるちゃんの一生懸命さが輝いている映画でした。

そして恭介はなんだかんだ、中年になってもひかるを思い出す奴だろうなとも思った…。
なら

ならの感想・評価

3.8
むかーしお正月ロードショーとかでテレビでやってたのを観て以来。2度目。

よくこんな切ない映画を作ったよなーって当時感じた記憶がある。

原作とは違って優柔不断な点が削ぎ落とされていて、人間てのはこういう痛みの連続で青春を終えていくんだなっていう、それ自体が後から思えば甘酸っぱさになる痛くて切ない思い出みたいなものが1hに上手く凝縮されてた。

「あの日に帰りたい」

誰しもが感じる思いだと思う。
でもあの日はもう来ないから、あの日のままなんだろうね。
伊藤

伊藤の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

原作読破済み。再度視聴。
原作のコミカルな三角関係ラブコメとは一線を画し、シリアスで現実的な本作品。
ひかるが恭介へキスをしたことをキッカケに三人の均衡は崩れ始める。
原作とは違い、恭介は二人の間で揺れ動かず、まどかは嫉妬深く重たい女になっている。
まどかの「ひかるの事は別にいいの、それよりも春日くんの気持ちの問題なの」という婉曲に恭介からひかるを遠ざけようとした台詞。
親友のひかるの恭介への気持ちを知りながら、曖昧な態度を取るまどかの腹悪くて狡い悪女っぷりがとても良い。
その後、ひかるは恭介にコテンパンに振られるのだが、あまりの容赦のなさに負けヒロインとしてこれでもかというくらい輝いていた。
タッチが引用されており「カッちゃんもタッちゃんも好き。これからもずっとずっと三人一緒それでいいじゃない」と南。「そうだね」と達也。それを冷めた顔で見る恭介とまどか。最高に皮肉が効いていて、そんな予定調和的展開があるはずもないと言わんばかりだ。
ラブコメへのアンチテーゼ的なものになっておりとことん意欲的な作品であると感じた。
内容もさることながらドラマのような演出で展開されていく。
恭介とひかるの会話のシーンで、まどかがフレームインしてきて盛り上がる二人を尻目にひかるが段々フレームアウトして終わるシーンなんか本当に秀逸である。
時系列が現在→過去→現在という構造なのだが、現在はモノクロで描かれる。これは、”三人“だった時の思い出が文字通り色付いていたといういい演出である。
受験の合格発表を見に行く恭介とまどか、段々とカメラが引いていき、モノクロの”二人“は雑踏に紛れていく。
哀しくも色付いた思い出を抱えて生きていくという意味合いであろうか。とても印象に残っている。
このように、卓越した心理描写でいつ見ても色褪せない作品である。
ただ、原作とかけ離れた内容で、当時はファンから叩かれたというのも納得である。
>|