キラー・セッションの作品情報・感想・評価

キラー・セッション2017年製作の映画)

LE SERPENT AUX MILLE COUPURES/THOUSAND CUTS

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

ある夜、南仏の田舎町でフランスとコロンビア2カ国の麻薬組織による取引が静かに行われようとしていた。しかし、フランス側の男たちが約束の場所に辿り着くと、コロンビアの男たちは全員射殺されていた。取引を台無しにしたのは凄腕の殺し屋(トメル・シスレー)。組織を抜け警察からも逃れ、新たな人生を始めるつもりだったが、逃走中に負傷したため、やむなく民家に押し入り住民を人質に身を隠すことに。激怒したコロンビア側…

ある夜、南仏の田舎町でフランスとコロンビア2カ国の麻薬組織による取引が静かに行われようとしていた。しかし、フランス側の男たちが約束の場所に辿り着くと、コロンビアの男たちは全員射殺されていた。取引を台無しにしたのは凄腕の殺し屋(トメル・シスレー)。組織を抜け警察からも逃れ、新たな人生を始めるつもりだったが、逃走中に負傷したため、やむなく民家に押し入り住民を人質に身を隠すことに。激怒したコロンビア側が送り込んできたのは、冷たく青い目をした物静かなアジア人。その男は、数々のターゲットを血祭りにあげてきた伝説の殺し屋にして、人を切り刻むことに喜びを感じる快楽殺人者、通称トッド(テレンス・イン)。暗殺者を追う暗殺者、トッドは目撃者や関係者を次々に殺害しながら取引をぶち壊した犯人を追い詰めていくのだがー。

「キラー・セッション」に投稿された感想・評価

シネ・リーブル梅田 劇場②にて鑑賞
WEC(WORLD EXTREME CINEMA)
ガツンとはこなかったけど、コツンとはきたかな。どうも前に観たことあるような気がするんだけど、2017年製作だし、空似かな。
最後は、かろうじてキラー・セッションしてると言えるかな。うん、言ってみようw
mpc

mpcの感想・評価

3.5
マークし忘れてた渋谷のレイトショー祭り作品

暗殺者vs暗殺者のお話
フランス語スペイン語が行き交う中、英語を話すアジア系暗殺者、イケメンですねえ

フランスが舞台のバイオレンス作品

暴力や乳首のグロいシーンなど過激なのに南フランスの景色が無駄に美しい😹(笑)

このレイトショーWEC祭り4作品とも大人向けサスペンスで面白かった!
皆勤賞で海外版チラシを貰いました😸
Kaito

Kaitoの感想・評価

2.5
自分の仕事が好きではないけど有能な二人の対決に巻き込まれて周囲の人がエライ目に遭うお話で、敵キャラが立ちすぎていて、全て持って行ってしまいました。
flare

flareの感想・評価

2.0
2017/10/23 ヒューマントラストシネマ渋谷
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.3
トメル・シスレー、カッコいい。自分が死んでも誰も悲しむ事はない、暗殺者の孤独感。陽気な内容では無いが 悪い奴に バチがあたるので 爽快。人種差別あり 残酷さありからのラストがちょっと残念ではあるが。
ten47

ten47の感想・評価

3.5
WEC2017、3本目
filmarks登録者初レビュー!
ストーリーは古典的だけど、色んな事情が絡み合う展開が思ったより面白かった
でも、オチは「え?」ってなる