ありふれた悪事の作品情報・感想・評価・動画配信

「ありふれた悪事」に投稿された感想・評価

全然話題になってなかったし、このジャケットもいかにもB級って感じでずーっと素通りしてきたけど、見て正解。もっとヒットしていいやつだと思うんだけどな。ただの刑事物じゃなくて1987年の民主化運動が背景にあります。韓国映画で「vs独裁政権系」の作品って、妙に作り手の気合の入り方がすごいんだけどこれもそんな感じしました。

上からの命令でもあり、止むに止まれぬある事情もあって犯人をでっち上げてしまった刑事のお話。その主役の刑事がソンヒョンジュ。初めは前髪うっとおしいだけのくたびれたおっちゃんにしか見えないんですけど、上から都合よく利用されていくうちにその理不尽さに腹が立ってきて顔つきがどんどんカッコよくなってきます!これほんと。
犯人捏造にすぐに気づくのがソンヒョンジュの親友で新聞記者のキムサンホ。この人がひたすら正しいんですけど、、、。この時代に国家権力に逆らうと確実にどえらい目に遭っちゃいます。ジャケット写真のパン1キムサンホにもあるように、、、、そういうことです。
国家安全企画部の怖さは他にもキツイのがいっぱい描かれてて、映画なんだから盛ってるんでしょうけどこんなの絶対勝ち目ないわって思うほどの徹底ぶり。もう見ててうんざり。だから面白いんですけど。

当時のやりたい放題の国家安全企画部に立ち向かう人々の熱量がすごくて、終盤にかけての盛り上がり方なんか「1987ある闘いの真実」に通じる熱いものがあります。

そうそう、愛犬家は見ない方がいいです、と言うか見ちゃダメ!
ゆぴこ

ゆぴこの感想・評価

3.5
甘さ0の韓国らしさ全開映画。ソン・ヒョンジュ、なぜかハマるこのおじさんの魅力何?

このレビューはネタバレを含みます

全然ありふれてないと思ったけど、こんな事が数多くあるんだろうか?
日本でも表に出ないだけであるんだろうな。。
最後のシーンで
刑事は最後報われて良かったけど…
検察官のほうは裁判長になってて、なんの罰もなく普通に出世できちゃうんだとちょっとやるせ無い気持ちになった。
うめ

うめの感想・評価

2.3
タイトル通り。韓国ではこの程度の話は「ありふれた悪事」に違いない。名前が変わってもアンキ部の恐怖は今なおあの国を黒く覆っているんだな、ってことがわかる。韓国や香港の市民がなぜあそこまで権力と戦っているのか理解するために今見るべき映画。
mihon

mihonの感想・評価

4.0
原題「普通の人々」に納得。最後まで主人公に共感できなかったが、これがリアルなのかもしれない。リアルに描いたナチスものと共通する胸糞悪さ。
静かな怖さを見せてくれるチャン・ヒョクの演技は相変わらず最高でした。
家族の為とはいえ、板挟み感辛いよなぁ
な映画。

関係ないけど韓国映画は不味そうな物を
グチャグチャ食うのに美味そうに見える謎
うおお、、、2017年すごいな、こんな映画もあったんだ〜!
1月に「THE KING」3月にこれ(朴前大統領罷免直後に公開)で、8月「タクシー運転手」、12月に「1987」!!

後の2作とは違って、時代背景は史実同様で、内容は実在の事件に着想を得た創作。
「タクシー運転手」「1987」ほど作り込まれてはいないけど、かなりおもしろかった!!

ジャケではとっても悪〜い人みたいな顔のソンヒョンジュですが、原題の「普通の人」とは彼のこと。ソウルの一介の刑事。善人ではないが決して悪人というわけでもない。時は1987年。

「純粋な愛国者」だと、安企部に手駒として見込まれてしまった刑事。家族の事情に付け込んだ甘言と金銭にまんまと目くらましを喰らい、事件捏造に手を染めていきます。
陰謀に勘付く記者にキムサンホ。主人公の親友です。変なカツラかぶってますがわたしはあまり気になりません(笑)なんだかとってもおめめがキラキラしてるキムサンホです!
案件から手を引くよう主人公を諭すキムサンホ。しかし既に家族を盾に取られている刑事には成すすべもなく、そのまま安企部の犬として、、、。

そして起こる拷問死。口封じのため、家族もろとも抹殺されんとする「普通の人」達の運命やいかに!

これで民主化運動に直接からませるのか〜とビックリしたけど、その後現代の描写があったことで納得。
時代は変わったけれども、冷血な悪事を働いた人間は大した断罪もされないまま公職に就いている。それでも主人公が名誉回復を果たしたことはせめてもの希望なのか。

しかしTHE KINGもそうだったけど、付け入るための他人の弱みをどれだけ握れるかに出世がかかってるって世界、キツいよなあ。。

後輩刑事との初対面シーンで主人公が「見るからに善人だな」なんて言うから、この子絶対安企部のスパイでしょ?!と思ったら…😢

ガキどものいじめエピソードがそう繋がってくるとはなぁ…😢

ラ・ミランが主人公の妻で聾唖の役。喋んないのになんでラミランなの?って思ったけど、すごく良かった!!
いつかイメージ通りのコミカルな夫婦役をソンヒョンジュとラミランでやってほしい😊

2本のバナナの匂いだけ嗅いで息子と妻にやり、自分は皮の裏側を歯でこそいで、、せつない〜かわいい〜!!🍌😭🍌

拷問シーン2人とも圧巻だった、、!!鳩の鳴き声みたいな笑い声なんなの、、、アキャキャキャキャ!!

接待の場にいた女性、訳知り顔だったけどなんだったの?どこか場面カットした?リトル・チャンヨンナムって感じで可愛かったなあ。
お座敷で靴下差し出されてハッとして自分の足の臭い嗅ぐソンヒョンジュもかわいいし、それからお座敷に行くと足の臭いが気になっちゃうの、なんとも素朴でかわいい、、、。

あとソンヒョンジュのカラオケシーンあります!!!!!!
走り方ずんぐりむっくりでかわいい〜😭キムサンホのほっぺた撫でるソンヒョンジュなんなの〜LOVE〜😭

安企部の若いやり手役チャン・ヒョクもイヤミなく似合ってた。悪い顔するとチョンウソンそっくり、、、若い頃はリトルチョンウソンと呼ばれていたらしい、、スチールだとそんなに似てないんだけど映像だとそっくりな瞬間がある!
2008年のTVドラマ版タチャの主人公ゴニを演じていたらしく、その時のグァンニョル役がソンヒョンジュだったらしい。映画版のチョスンウ&ユヘジンですね うわあ!!それ観たいっ!!!そんな縁もあって、ソンヒョンジュがいるから出演を決めたのが今作だったようで。

ちなみにソンヒョンジュがカラオケで歌っていたのはチェ・ホン(崔憲)「桐の葉 오동잎」 2012年に亡くなってしまわれたようですが、今も愛されてる歌みたいですね。
わたしはGS・ガレージ関係疎くて知らなかったんですがその道の人にはおなじみなのか?70年代初頭HE6という人気バンドに所属していた方だそうで。ようつべにバンド音源上がってました。え〜めっちゃいい。ヴーンつくづくすごい時代だなあ〜!!
https://youtu.be/R6yzwpyUH_0

オープニングのフォークソングは한대수 ‘행복의나라로’(幸せの国で)うわー バリ皮肉〜〜〜
BOOMER44

BOOMER44の感想・評価

3.4
後半はなかなかの緊張感。
前半とのギャップが良い。
服装や髪型が現代風で、80年代の空気感が薄いのがやや残念。
国家権力…国家安全企画部の圧力により連続殺人事件の犯人の捏造をする主人公の刑事。家族や金の為に親友すら売りつつも葛藤する。後悔しても時既に遅し。更なる地獄が待っている。民主化前の韓国を描いた映画はいくつか見たが、本当に国がやりたい放題で基本的に胸糞悪い。この映画も然り。
2046

2046の感想・評価

2.8
粗暴だけど真っ当に生きている刑事が色々四面楚歌になり、立ち上がるんか立ち上がらんのか、これいかに、というお話。

キム・サンホにウィッグ?カツラ?を被せてることに、絶対拷問とかされて抜ける、もしくは20年後のリアリティ…とかの伏線と思いきや、全く何も起こらないのが消化不良。

主人公に途中からイライラさせられてしまった。どうすることもできないのはわかるけど、わざわざ電話せんでもいいやん。とか。今怒っても遅いねん。とか。

それと、後半のいきなり民主化運動大円団についていけなかったので、その流れになる過程をもう少し丁寧に描いて欲しかった。
>|