ありふれた悪事の作品情報・感想・評価

ありふれた悪事2017年製作の映画)

보통사람/Ordinary Person

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

少々荒っぽいが、正義感の強い平凡な刑事カン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ)。足の不自由な息子のことや、内職して家計を支えている妻のこと。気がかりなことは山ほどあるし、楽しみといえば近所に住む大親友の記者ジェジン(キム・サンホ)と酒を酌み交わす事くらい。それでも日々幸せに暮らしていた。しかしそんなある日、ソンジンは大統領直属の情報機関である国家安全企画部の室長ギュナム(チャン・ヒョク)に呼び出され、…

少々荒っぽいが、正義感の強い平凡な刑事カン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ)。足の不自由な息子のことや、内職して家計を支えている妻のこと。気がかりなことは山ほどあるし、楽しみといえば近所に住む大親友の記者ジェジン(キム・サンホ)と酒を酌み交わす事くらい。それでも日々幸せに暮らしていた。しかしそんなある日、ソンジンは大統領直属の情報機関である国家安全企画部の室長ギュナム(チャン・ヒョク)に呼び出され、別件で逮捕した男が国民を恐怖に陥れている連続殺人事件の犯人であると告げられる。極秘資料を提供され裏付け捜査への協力を命じられると、一旦はギュナムの話を信じたソンジンだったが、捜査を進めれば進めるほど男が犯人ではないことに気付く。連続殺人犯逮捕のニュースは国民の目を欺くためにギュナムが仕掛けた完全な捏造だったのだ。多額の報酬、そして息子への治療への援助と引き換えに、ソンジンに捏造捜査の続行を命じるギュナム。 一方、捜査に疑いの目を向けるジェジンは、国家安全企画部の陰謀を暴くべく、妨害を受けながらも取材を続けるのだが…。

「ありふれた悪事」に投稿された感想・評価

ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.5
シネマート新宿で観るつもりがDVDになってしまった件。

正義や信念という言葉の元に、時の権力者が結局私利私欲にまみれた違法行為を周りに行わせる。
・・なんだかどこかで見たような聞いたような話ですけど、病気の子供の治療などと引き換えに魂を売る刑事です。

悪事に付き物の理不尽な暴力描写がショッキング。

そして今回、なんか違和感を感じたのがラストです。えーっ国民運動に持ってくの?オーラスもえーっ!そんな!えっ?えっ?何の涙?えーっ!
ちと好みとは違ったかな。

〈58〉

チャンヒョク氏〜久しぶりだなあなんて思いつつ若干名様のレビューのみで前情報入れず鑑賞。

前半30分…
「わたしは何を観せられてるの?」と思わず呟いてしまった(^_^*)
沢山の具を煮て最後に味噌が入ってないのにお味噌汁だよ。と飲まされてる感じ。
ストーリーもなんかぶつ切りでテンポも悪くて入り込めない感じ。
チャンヒョク氏も伸び悩みな感じ(^_^*)
まあ…二分の一過ぎた辺りから少しづつ演者の能力と韓国お得意のバイオレンスや国の機関が信用できない系のドキドキのお陰様で少しだけ集中できました。
記者の最期の自分に向けての声かけにぐーっって心臓つかまれたくらい切なかった。

でも…何かが足りない。

観終わって…
改めて感じた事がありました。
韓国は民主化されたのはまだ30年位しか経ってないこと。
知った気でいたし、どうも格好が自由なので忘れていたけれど…人民服を着ていないけれど国の機関も商売も要は某共産国と近しい感じで…

個人は自由に発言できない感じで、日本の軍国に進んでいった時期くらい?な感じと考えるとあーそりゃあ分からないわなあ。と。

生まれた時から民主化されてる日本に生まれ…改めてこうやって自由に思いを馳せる。日本が全く不正がないとは言わないし、理不尽な事観たことも聴いた事も出会った事(^_^*)ある。

でも一応は…こうやって作品に向けて意見も言えるし、政治批判だって適う。つい忘れちゃうけど自由は有り難い。

なので製作側の熱い想いには反応出来なかったのが私自身が共感できなくて不足を感じてしまったんだが正直な所。こちら側の問題かもしれません。まあ中弛みは否めませんが(^_^*)

30年前にマスコミの記者が国の機関に嬲り殺される…
国の機関が自殺に見せかけて子供も含めて抹殺する…フィクションではあるけれど近しい現実があった考えられない世界。

ある意味淡々と進んで行くけど想像するとぞくっと怖い。
自由がある世界が続いてもらわないと困る(^_^*)そんな感じでした。
時代背景といい、嫌なストーリーやったな~😅笑
チャン・ヒョクがこれまた嫌な役やってたな~
韓国に限った事ではないと思うけど、
やっぱりこういう事って昔からあったんだろうね。
きっと日本でもね。
でも、こういう内容の映画はやっぱり韓国が一番!
123.
ありふれてない(笑)
韓国のそういう時代背景とかわかってないとやや難しいかも。

しかし、やりすぎだし
ラストいい感じでまとめるけど
時間は取り戻せないよ!(笑)

ひどい時代。
歴代大統領が軒並み逮捕され、財閥による贈収賄が横行している韓国社会の非情さを描いたドラマでした。

正義感の強い主人公の刑事が政府権力者の捏造による殺人犯のでっち上げに染まってしまう。病弱な息子の治療費や生活費の為に仕方なく従った。

しかし、捜査を進めるうちにどうしても犯人と認めがたくなり正義感が目を覚ましていくが・・・・

ソン・ヒョンジュ、キム・サンホ、チャン・ヒョクは最近私が鑑賞する韓国映画によく登場する俳優さんです。鑑賞しているうちにストーリーが他の作品と混同してしまうパターンが良くあります(笑)。

韓国では大学入試に人生の全てを賭ける若者が多いという話を聞きますが、この作品の様なある意味の差別を実感してしまう社会なのかもしれません。タイトルの“ありふれた・・”がすべて(笑)。
takahiro

takahiroの感想・評価

4.2
自分の範囲内でしか周りをみれなくなるとここまで堕ちてゆく
ここまでの悪事なら仕方ないって判断して繰り返していく
犬のシーンビックリしたしキツい😅
後輩のタバコのシーンめっちゃカッコ良かった🤩
役は嫌いだけどチャン・ヒョク好きだわ😁
kiko

kikoの感想・評価

3.3
うーん。なんともやりきれない。
罪と罰って言葉を思いだした。
罪と罰の比重が割に合わなさすぎ。
ラストはほんわりとまとめてたけど
30年の時間は取り戻せない。
んー韓国あるあるだけど、もうちょい
スッキリしたかったなー。
FA

FAの感想・評価

3.9
ありふれた悪事(韓国の警察では、確かにありふれてそう...)から、
どんどん想像以上の規模で落ちていく落ちていく落ちていく…
確かに、先がどうなるかドキドキするし面白い。韓国の政治的背景を知ってればもっと楽しめたのかな。
呑気人

呑気人の感想・評価

2.2
2018/4/14
いつもの韓国らしい汚職の話。邦題通り「ありふれた悪事」でした。
韓国映画、ドラマの
統治下時代、光州事件からこの映画の背景の民主化運動辺りは
私は見ない方がよさそうと度ごとに後悔する。

オープニングでいきなり1987年と出てきて「あちゃー」と思った通り、最後まで胸くそ悪く後味の悪い話でした
英題も原題も普通の人、凡人とあり
1987年でしょ?この前やん!って
哀しくなる。
日本でも不当な取調べはあったと思うけど日本って映画やドラマはつくらないなぁ商業的に成功しないからか、映像にしたいと思う人が居ないからか
東大安保闘争のあの映像ぐらいしか見ないもんなぁ

こんな昔やったっけ?
日本はバブルやったけど⁈

小さな国やのに