ありふれた悪事の作品情報・感想・評価

ありふれた悪事2017年製作の映画)

보통사람/Ordinary Person

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:122分

あらすじ

少々荒っぽいが、正義感の強い平凡な刑事カン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ)。足の不自由な息子のことや、内職して家計を支えている妻のこと。気がかりなことは山ほどあるし、楽しみといえば近所に住む大親友の記者ジェジン(キム・サンホ)と酒を酌み交わす事くらい。それでも日々幸せに暮らしていた。しかしそんなある日、ソンジンは大統領直属の情報機関である国家安全企画部の室長ギュナム(チャン・ヒョク)に呼び出され、…

少々荒っぽいが、正義感の強い平凡な刑事カン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ)。足の不自由な息子のことや、内職して家計を支えている妻のこと。気がかりなことは山ほどあるし、楽しみといえば近所に住む大親友の記者ジェジン(キム・サンホ)と酒を酌み交わす事くらい。それでも日々幸せに暮らしていた。しかしそんなある日、ソンジンは大統領直属の情報機関である国家安全企画部の室長ギュナム(チャン・ヒョク)に呼び出され、別件で逮捕した男が国民を恐怖に陥れている連続殺人事件の犯人であると告げられる。極秘資料を提供され裏付け捜査への協力を命じられると、一旦はギュナムの話を信じたソンジンだったが、捜査を進めれば進めるほど男が犯人ではないことに気付く。連続殺人犯逮捕のニュースは国民の目を欺くためにギュナムが仕掛けた完全な捏造だったのだ。多額の報酬、そして息子への治療への援助と引き換えに、ソンジンに捏造捜査の続行を命じるギュナム。 一方、捜査に疑いの目を向けるジェジンは、国家安全企画部の陰謀を暴くべく、妨害を受けながらも取材を続けるのだが…。

「ありふれた悪事」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

この手の作品は嫌いではないんだけど、面白くなかった。
前半の時間の使い方がもったいない。小さい事件を起こして緊張感を高めないといけないのに、それがなくダラダラ進行。悪役の悪さもちょっと弱かった。あと主人公が一ミリも魅力を感じられず…なんでこんな人がキャスティングされたんだろう。
mpc

mpcの感想・評価

3.6
おーこれも面白かった!
シネマートの韓流祭
庶民派刑事vs悪徳イケメン高官のお話

80年代の石原裕次郎のコント的な髪型に笑わなければかなり見ごたえある映画

善悪の描写がハッキリしてて青年漫画のようにわかりやすいのが韓流映画の特徴かね?

それでも犬の描写はやはり韓国って感じでヒく、、、
邦題のありふれた悪事って、、流石にこのレベルまでの暴力グロ職権乱用はありふれてないだろwとつっこんだら駄目かね?
hidebo

hideboの感想・評価

-
安企部ネタで何本でも映画が作れてしまう韓国映画界さすが。
gm

gmの感想・評価

2.9
確かにありふれている感😅
いよいよソンヒョンジュの出演作が、ポスター見ただけでは、内容が浮かばなくなって来たかも。

後半は面白った。
前半、かなりの分量寝てしまった気がするが、それでも面白かった。笑
でもまあ、チョダルファンが、あんなにやられるのは可哀相過ぎて見ていられなかったので寝て丁度良かった。w

静の、ラミラン。
新鮮だし、すっごく良かった。
面白かった。

前情報を入れずに行ったので、いつもの地方都市ボッコボコノワールかと思いきや、主人公の心の流れが丁寧で良かった。
どの場面でも、親なら、上司に尻叩かれたなら、偉い人に言われたなら主人公くらいの悪さは納得できる。
ある事件をきっかけに変わるわけだけど。

途中、ハッとする場面あり、良かったと思う場面あり、韓国だなと思う場面あり、これが現実と思う場面あり。

色々思う映画でした。
きっとうまくいく、そうだといいね。
ありふれた悪事
いよいよ明日より公開です!
第39回モスクワ映画祭主演男優賞・最優秀アジア映画賞受賞作品。

1987年 軍事独裁時代末期の韓国・ソウル
荒っぽいが正義感の強い平凡な刑事 カン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ)は、言葉を話せず内職で家計を支える妻と足の不自由な息子のことが気掛かりながらも家族3人で幸せに暮らしていた。
そんなある日、大統領直属の情報機関・国家安全企画部のギュナム(チャン・ヒョク)に呼び出されるソンジン。
別件で逮捕した男が連続殺人事件の犯人であることを告げられ、極秘資料と共に裏付け捜査への協力を求められる。
捜査を進めていく内に男が犯人でないことが明らかになっていくも、多額の賄賂と息子の治療の援助を約束されソンジンは捏造捜査を続けていく。
そんな中、旧知の仲である記者 ジェジン(キム・サンホ)が国家安全企画部の陰謀を暴こうと独自に取材を続けていたのだが…。
国の歪みに翻弄されていくソンジンの姿を通し、正義の価値を問う作品だ。

ズルい奴が得をして、正直な奴が損をする
どちら側に属しているかは別にして、誰にだって一度は経験があると思う
いや、数え切れない程にあると思う
この世界は綺麗な部分もあれば汚い部分もある
むしろ、後者の方が目に付いて仕方がない
理不尽ばかりがまかり通り、たとえ正しい心を有していようとも淘汰されてしまうのが世の常

清く正しく生きていたところでどうせ痛い目に遭うのなら、端から正しさなど手放してしまった方がラクなのかもしれない
その方がHAPPYで楽しい出来事に満ち溢れている
だけど、不正に手にした喜びにはいつだってリスクが付き纏う
その歪みから生じる皺寄せによって、必ず誰かが傷付いている。

傷付くのが見ず知らずの他人である内は、いくらでも目を瞑っていられる
無縁だと 他人事だと決め込んでいれば、然程心も痛まない
が、身近にいる誰かに被害が及べば話は別
同時に、そこまで達しなきゃ気が付けないのが 気が付こうとしないのが人間
どれだけ道理を心得ていたとしても、人は間違える
やらかして 傷付いて 後悔しないと気が付けない

劇中のサンジンのように、多額の金を突きつけらるような事態に遭遇したのならあなたはどうするだろう
ぼくはきっと揺らいでしまう
ズルが明るみにならないと約束されていたのなら、情けないけど確実に手を染める
その金を元手に手に入れられる喜びや笑顔だって確実にあるからだ
この世の中、綺麗事だけでは生きられない
見ず知らずの他人のことなんていちいち気にしちゃいられない
何より大事なのは自分自身
けれど、それだけではないことを 希望だって残されていることをこの作品は示していた。

序盤、ソンジンはなけなしの金で安売りされていたバナナを買って帰る
妻と息子に食べさせ、自分はバナナの皮に残った僅かな部分を舐めていた
傷んでいることがバレないようあたふたする仕草も 一家の主であると見栄を張る姿も、どれもこれもカッコ悪いけどカッコいい
金が無くとも生み出せる笑顔がそこには確かにあった
一長一短でしかないけれど、サンジンが生み出した笑顔だけは金では立ち入れない領域にあるモノだった

起点が金である喜びと、起点が善意である喜び
人の心を強く打つのはどちらだろう
既製品のお高いチョコを貰うより、たとえ不味くても手作りのチョコを貰った方が誠意は伝わる
名だたる画家に肖像画を描いて貰うより、自分の子どもや姪っ子甥っ子に似顔絵を描いて貰った方が心温まる
ぼくの価値観でしかないが、金では買えぬ喜びがあなたの中にだって何かしらあると思う
二つの喜びを同時に得られるのは、正しき道において高みへ到達した者だけ
悪しき道に踏み込んでしまったサンジンでは、どちらか一方しか得られない
上辺の部分だけは満たせても、どちらか一方だけでは心の全てを満たせない
息子や親友を引き合いに出されたことで、ようやくその事実に辿り着く。

過去や歴史を振り返れば、先人達の努力によって幾分か生きやすい世の中になっている
そんな今をあなたもぼくも生きている
それでも、人が人である限り理不尽は消え去らないし涙を飲む人だって後を絶たない
どうしたって独りよがりな生き方を選ばざるを得ない場面に直面する
一体どうしたらいいのだろう

それもまた、一つの答えを示していた
全ての人間が強いわけじゃない
弱い人間には弱い人間なりの戦い方がある
悔しいけど、そうする術しか持たないのであればやるしかない
より良き未来を後進に遺せるかどうかは、今を生きるぼく達次第。

迷ったのならツラく険しい道を選べる自分でありたい
そんな勇気を、心強さを与えてくれる作品でした
ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★★
ファンタジー★★
総合評価:B
あーぁ

あーぁの感想・評価

3.4
『普通じゃなかった時代、普通の人として生きたかった。』

自白強要に暴力、捏造、冤罪も当たり前、韓国のドロドロした汚職っぷりを描いたサスペンス。

民主化前の80年代の韓国、足の不自由な息子と聴覚障がいを持つ奥さんと3人で仲睦まじく平凡な家庭を築いていた刑事のソン・ヒョンジュさん。

ある日国を揺るがす連続殺人が起きる。別件で捕まえていた犯人が連続殺人の容疑者だと告げられ、安全企画部室長のチャン・ヒョクの命令で殺人犯として捏造する事を強要され…

拷問に殺しも当たり前、THEドイヒーな韓国警察の闇。

”普通の人”は正義に殺される。
っつうキャッチコピーがまた痛烈でね(−_−;)

正義とか常識とかまるで通じない韓国の時代というかお国のヤバさを包み隠さずに映画化してるとこは中々にリアリティありますが、韓国映画観てるといつも思うがこんな恐ろしい時代があったもんだなぁ…って思いますわ。

特に記者のおっちゃんがかわいそすぎてかわいそすぎて( ;∀;)

とりまチャン・ヒョクが演じる冷徹無比な室長がまじ胸くそな(^ω^)
国民の目を政治からそらすために連続殺人を捏造したりヒョンジュさんの家族を人質に脅迫したりマジ鬼畜過ぎて

普通に生きる事が難しい時代といわれましても平和ボケして鼻くそほじってるわしには全く刺さらんかったっつう。そんな自分に腹が立ちそうだった…
lim

limの感想・評価

3.0
평생 잘먹고 잘살줄알면 오산
착하게 살아라