真夜中モラトリアムの作品情報・感想・評価

真夜中モラトリアム2017年製作の映画)

製作国:

上映時間:23分

3.3

あらすじ

「真夜中モラトリアム」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

どれだけ一緒にいたって、認めたくない苦さがある。どれだけ時が経ったって、拭いきれない想いがある。その答えがほしくて、わずかでも真意に触れたくて、がむしゃらに手を伸ばした。でも、求めた声はそこにはない。もう、戻ってはこない。経った時間の重さと、あの頃への恋しさが音を立てて燃える。(2020記載/2017鑑賞記録のみ)
yki

ykiの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

わりと序盤の献杯のあたりのだらだらしたくだりから引いてしまったので、しっかり見る気になれなかった。もったいないなー。
小籠包

小籠包の感想・評価

3.0
大人たちが真夜中だけ、青春時代にタイムスリップしたようなショートフィルム🎞

色々と疑問に思ったところはあったけど、全部を見せずに、見た人次第で解釈して楽しむってのもいいのかな〜と思った✨

でも死んでからめっちゃ悪口言われるのはしんどいなあ、、😂
Sayano

Sayanoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

同窓会感溢れるバーのシーンと、解散シーンがリアルでした。
ラストの南波さん可愛かった…
Konomy

Konomyの感想・評価

4.0
「この先危ないから」を連呼する岡田くんと、終盤で出てきた松本さんが可愛かった。回想で本人が出てくるまで、皆の思い出話だけで松本さんの人物像が(視聴者の中に)形成されていくの、ちょっとよかったな…。
時光くんのテンションと難波さんのこわさにうっうっとなる時もありましたが、よいモラトリアムを感じさせていただきました。

あと、ちゃんと缶の中で燃やそうとするの、えらいぞ。
ラスト、ノート燃やすシーンが好きでした。最後のページに何と書いてあったのか、いくつかの考察ができて。
登場人物ひとりひとりがあまり好きになれなかったのと、亡くなった友人との関係の深さがいまいちわからなかった。献杯とソルティドッグのくだりや、お葬式帰りに酔っ払うところでシラけてしまった。
まな

まなの感想・評価

3.5
真夜中にタイムカプセル探すのエモい。そんな華やかな話なだけではなかったけど。
muku

mukuの感想・評価

3.0
色々と良かったんだけど、登場人物が好みじゃなかった。
違う脚本の作品も観てみたい。
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.3
時折流れる音楽がよい!
5人の雰囲気とか話す感じがなんかリアル!ただ終わり方は好みではなかった🥺松元ちゃんはみんなにとってどういう存在だったんだろう?
すー

すーの感想・評価

3.0
「ミは未来のミ」と共に鑑賞。
「ミは未来のミ」の続編として作ったという訳ではないらしいが、かなり世界観が似ていて興味深かった。同窓会後の雰囲気、その場にいない人の話。どこか噛み合わない思い出。酔った勢いで探し始めたタイムカプセル。なんともエモい。この言葉で片付けたくないけど。
>|