ミック・テイラー 史上最強の追跡者の作品情報・感想・評価・動画配信

「ミック・テイラー 史上最強の追跡者」に投稿された感想・評価

NNTT

NNTTの感想・評価

3.6
「奴に会ったのが運の尽き」正にこの言葉通りのヤンチャぶりを発揮するミックおじちゃんがオーストラリアに旅行しに来たバックパッカーたちを血祭りにあげていくよってお話。

面白い。
これを面白いと言ったら人間性を疑われそうだけど、深く考えることもなくただただ理不尽なミックの殺戮ショーを楽しめる映画となっていてあっという間に時間が過ぎた。それにしても強すぎるでしょこの人。淡々と殺していくのが凄いっす。

完璧なオーストラリア英語。聴き取れんなぁ~。まあ普通の英語も聴き取れなんですけどね(笑)

世界は広い。そりゃ良心のカケラなんて全くないこんなオッサンの1人や2人はいますよね。怖い怖い。以上!
kane

kaneの感想・評価

3.4
友人と一緒に鑑賞。めちゃくちゃ怖くてグロい映画。胸糞あり。オーストラリアで実際に起きた連続殺人事件のお話。これ2らしいんだけど前作を観てなくても全然大丈夫だった。おじいちゃんがターゲットにしたら絶対殺すマンで、逃げても逃げても追いかけてくるからずっと安心できない。どこまでも続く荒野が絶望感マシマシ。なかなかグロくて、苦手な人は絶対無理だろうし、ある程度耐性ある人でもキツめだと思う。面白かったけど、後半の拷問(?)辺りからつまんなくなってきちゃった。中盤くらいまでの鬼ごっこまでが面白いかな!途中でじいさんがクソデカトラックに乗ってカンガルーたちを轢き殺していくシーン、The lion sleeps tonightという陽気な音楽が掛かってるのもあってか、サイコパス感がマックス
1989年から1993年の
4年間オーストラリアの
ニュー・サウス・ウェールズで
起きたバックパッカー連続殺人事件を
基にした映画みたいですね

テキサス・チェーンソーを
観た時の恐怖感 絶望感を味わえました
実話を基にした映画は基本怖い

巨漢とか大男も怖いけど
身長とか何ら変わらないのも怖い
これミック・テイラー2だけど
前作観てないけど意外と平気でした
久しぶりにグロくて緊張感ある映画を
観ました グロいの好きで
悪魔のいけにえ
テキサス・チェーンソー好きな方は
おすすめです
sT416

sT416の感想・評価

2.0
ちゃんとした"狂気"を描いた作品。
全く期待していなかったのに、良い意味で裏切られた。
走る人

走る人の感想・評価

3.0
グロシーンも見ごたえあって、ちゃんと作ったホラー映画。

カップルが襲われるシーンで、彼氏がやられているときの彼女の演技がとても上手だった。見ていて苦しくなるくらいリアルで、引き込まれた。
映像も綺麗で見やすい。

内容にひねりがあったりするわけじゃないから、気軽に見られる。ちょっとホラー映画見たいなってときにおすすめ。
スージ

スージの感想・評価

3.8
バックパッカーを狙った実在の誘拐監禁事件をモデルに描いてるという事だが

ミック テイラーというと別の人を思い出します。

あんなヤツが実際にいるとなるとヒッチハイクなんて絶対やめとこうと思ってしまう。

惨殺シーンは見事でした
ウルフクリーク2になるらしい
邦題では何かの続編だとわからないでみてしまった

外国人を外来種というオーストラリアのおじさんによる殺戮

実話ベースというからこわい
治安のよい国でも
海外旅行ってやっぱり何があるかわからない、こわいもんなんだと肝に銘じ
あんまり余裕ぶらないほうがいいな……
肉助

肉助の感想・評価

3.0
ただ頭のネジが全部外れたおっさんが警官や観光客を殺害したり執拗に追い回したりトレーラーでカンガルーを巻き込みながらカーチェイスを行ったり拷問したりする話
続編だと知らずに観賞したけど全く問題ない
2021年96本目。

◆あらすじ
オーストラリアの荒野に住むベトナム帰還兵、ミック・テイラーがトラックを走らせていると、スピード超過したとして二人の警察官に止められてしまう。実際にはスピード違反をしていなかったのだが、切符を切られてしまったのだ。警察官二人が去ったあと、ミックは走り去ったパトカーの運転手めがけてライフルを撃つ。見事にヘッドショットが決まり、車は横転、もう一人の警官は外に投げ出され這いつくばっていた。そんな彼を背後から刺し、車に乗せガソリンを撒くミック。吸っていたたばこを車に投げ入れ、一瞬のうちに炎に包まれてしまったのである。

ドイツからきたカトリーナとルドガーの2人は、ヒッチハイクしながら荒野を進んでいた。そして1台のトラックを止め、2人はトラックに近づいていくが乗ろうとした直前で走りさってしまう。その後も、何台も乗り継いで国立公園にやってきた二人。テントを張り夜を過ごしていると、テントの外に1台のトラックが止まる。ルドガーが不思議に思い外に出ると男が1人トラックから降りてきた。ミック・テイラーだ。ミックに「国立公園内でキャンプをしてはいけない」と注意されたがルドガーは聞き入れなかった。そして、ミックに刺され首を落とされてしまったのである。カトリーナのほうも気絶し、拘束されてしまう。カトリ-ナは目が覚めると、ミックがトラックの荷台でルドガーをバラバラにしているのを目撃する。意を決し逃げた先でジープに乗っていたイギリス人男性ポールに助けを求めるが、後を追ってきたミックに執拗に追われ、カトリーナはライフルで顔を撃ち抜かれてしまう。ポールは女性の遺体を寝袋に包み荒野に置き、去っていく。

朝を迎えジープを降りたポール。近づいてきたダンプに助けを求めたものの、ダンプに乗っていたのはなんとミック・テイラーだった。ポールは危険を感じ猛スピードで逃げ続けるが―――。

◆感想
1作目は見てませんが、衝撃の内容でした。実話をもとにしているそうですが、ほんまか!?映画ほど悲惨な内容ではないと思うのですが「フィクションであれ」と思ってしまった。過去に私が観たどんなスラッシャーホラーよりもグロかったし、怖かった!
サイコで狂気に満ちたオッサンが観光客を狩る、というのはなんというか・・・。ポールが追われているシーンはハラハラしました。途中「激突!」みたいなダンプとのカーチェイスシーンがあって、「逃げて!」と思ってしまった。指を一本ずつ落としていく拷問はきついな・・・。レザーフェイス並みにグロ満載なので、観るときは注意が必要です。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.0
面白かったけどカンガルーが可哀想なのとグロいのはいけるけど痛々しい描写が苦手なので気持ち悪くなった
>|

あなたにおすすめの記事