SUNNY 強い気持ち・強い愛のネタバレレビュー・内容・結末

上映館(1館)

SUNNY 強い気持ち・強い愛2018年製作の映画)

上映日:2018年08月31日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

高校時代の人物と現在の人物がなかなか一致しなかった。初見だから仕方ないところもあるが。
内容はライト。広瀬すずと池田エライザがあっけなく和解してしまって拍子抜けしてしまった。あんなに突っ張ってたのに。
オザケン好きなので、オザケンの他の曲も入れてくれたらもっと評価があがったかもしれない。
篠原涼子が完全に普通の主婦になっていて驚いた。役作り?すごい…

現在と過去を行き来するストーリー構成も面白い。ルーズソックスが流行っていた当時の年代に青春が被っていた人には、かなりハマる映画なのではないだろうか。

ただ私個人としては、ヤク中のクラスメートの存在にかなり違和感だし、広瀬すずの演技もオーバーすぎるのでは?と思ってしまった…
奈々の存在の謎と結末のまとめ方が雑だった それ以外は演出含めて最高
ストーリー性はないけどまぁあの頃楽しかったよね〜みたいな感じで面白かった!
charaが流れるシーン良い。
エライザめっちゃ可愛いなと思ったけどおばさんverもエライザは無理があってジワった。
憧れてたコギャル全盛期の時代が描かれていて、懐かしい気持ちになった。
音楽も好きな曲ばかりで良かった。

最後のダンスシーンが青春のキラキラした気持ち思い出させてくれた。

ビデオレターのシーンが好き。
キャストも監督も好きなのに、過去を懐かしがるってダセェ…という嫌悪感から見られないでいたけど、それがひっくり返るヤバさ
大根監督のチープな突然のミュージカル大好き〜コギャルのミュージカルたまんない

日本版マンマ・ミーア
女版・木更津キャッツアイ的
自信を持っておばさんやっていこう〜

90年代の細部の再現度がエグい!

個人的にはこの世代よりひとつ下で、
小学生の頃憧れて読んでた雑誌の世界そのまま…

わたしの頃は口紅じゃなくてグロス、髪はストレートじゃなくて巻き、ルーズソックスは終わりかけて紺ソクに、など
5年で変わってるギャル文化の細かい違い改めて確認…

シールでデコられた無印のアルバムまじ自分のかと思った

ポスカで落書きした写ルンですのあの雰囲気…たぶん日本全国、全女子これ。


深読みしすぎかもしれないけど
女の生き方は家庭or仕事どちからの二択…
女が集まった時の男の悪口大会、
お金で買われる対象だった女子高生たちがいまだに経済的に自立できないでいて、男に復讐しようとしている…
トラウマによる男性嫌悪…社会の闇…とか思っちゃった…
最強女子高生のキラキラと、現実の寂しさが絶妙に入り混じってなんともいえない気持ちになる。
「○○が主役のストーリーとしてはどうだったか」というシーン。「配役」は絶対にあって、いつも助けてくれる人がいれば助けられる人もいて良いんだ、と思えた。みんな笑顔ならそれでよし。
安室ちゃん好きにはたまらない映画でした。
オリジナル未見。

まだ未来に希望が持てた時代。この頃のコギャルはほんと最強で、劇中のセリフでもあったけど、本当に世の中が女子高生を中心に回ってた。

彼女たちよりも少し下の世代だが、数々の音楽やファッションは、あの頃に思いを馳せる良い時間となった。

写真にポスカでなんか書いてたなー。懐かしい。

あの頃の象徴とも言える「愛しさと切なさと心強さと」は、さすがに本人主演だから流せなかったか。笑

私は独り身なのでどちらかというと芹香の立場なのだが、やっぱり、余命幾ばくもないと知ったら学生時代の友人たちに会いたいと思うし、奈美の立場ならどう寄り添うだろうと考えさせられた。

私が死んだら、あんな風に友人たちに明るく見送ってほしいし、友人が死ぬ時が来ても、やっぱりあんな風に明るくバカ話をして送ってやりたいと思った。もちろん、まだまだ先の話である。

大人たちが、女子高生時代を演じてる子たちにそれぞれ寄せていて、ちゃんとその子に見えて、女優さんってみんな凄いなーと思ってたところに、ヤク中のブリタニがめちゃめちゃうまくて、度肝抜かれた。

多分だけど、ちょいちょいオリジナルの韓国っぽさが残ってて「あー、うん…」となるところはあったが、90年代のイケイケな雰囲気と、女優さんたちの演技力でなんとか見れた。

ナナについては結局よくわからないまま終わったが、大人ナナも池田エライザが演じてたところを見ると、ナナは既に亡くなっているという解釈でいいのか?

あと、芹香の遺産凄すぎ。そしてその遺産でウメとシンの問題一気に解決というのはちょっと納得いかない。

・90年代的な女子高生文化
・音楽、安室奈美恵、小沢健二
・アニメオタクの兄
・日本版リメイク
 ・説明的なセリフ、間延びしたテンポ

2020/07/08
 
★ドストライク?世代です。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ぶっ刺さりました

綺麗事言っても老いる事は悲しい事やがっかりする事の方が多くて
『若い時は良かったなぁ…何とでもなったし…』なんて考えてばかり
丁度ミッドライフクライシスなもんで、この世代の私は涙止まりませんでした。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

皆平等に年を取るので、大元のテーマだけはどの年代にも伝わるかもしれませんが時代背景がその時に生きた今40代の人達にしか理解し難いかなぁ…

★リーダーが亡き後メンバーに資産的な物を残す所がちょい現実味に欠けますが夢が有っていいかもしれないです

あぁ〜こんな時代だったなぁ…と懐かしくも寂しく鑑賞しました
>|