輝ける日々に(『サニー』ベトナム版)の作品情報・感想・評価

輝ける日々に(『サニー』ベトナム版)2018年製作の映画)

Thang Nam Ruc Ro/Go-Go Sisters/THÁNG NĂM RỰC RỠ

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

「輝ける日々に(『サニー』ベトナム版)」に投稿された感想・評価

ZIMA

ZIMAの感想・評価

3.5
ベトナム版の「SONNY」

国が根底から覆されるような出来事が起きていながら、自分の周りのコミュニティが世界の全てであるってことが「青春」なんだなって思いましてね。そんな時代背景を基に「青春」を描いているところは韓国版に似ていました。

時代の流れの中で生まれる「裕福な家庭」や「貧しい家庭」。経済的な豊かであることは他人を気遣う余裕が出来るってことも、気づかされましてね。

当たり前ですが、その国の特徴を活かした改善や工夫がそれぞれにあって、その文化の違いを見つけることも楽しみの1つでした。

物語の肝でもある歌が1つも分からなかったので日本版「SONNY」が恋しくなったりも。


主人公のJK役のホアン・イェン・チビがとっても可愛かった(広瀬すず?)。それにしても似たような顔の人をよく探し出しますなぁ。
asquita

asquitaの感想・評価

3.5
こちらのサニーもベトナムの歴史背景に沿う形で青春を描いていて、見応えあった。
http://asquita.hatenablog.jp/entry/2019/05/21/063203
韓国版鑑賞済、日本版未観賞
日本版がどんなことになってるのか知らないけどベトナム版は韓国版にとても忠実でした。
でも韓国版より全体的に可愛かった気がする。
あと一人一人探し集めるシーンは結構あっさりしてた気がする。
韓国版はもう少し掘り下げてたような。
これは日本でも普通に上映するのかなーミニシアター辺りが拾うんだろうかー?
自分が世界史に疎くて知識があればもっと面白く感じるところもあったのかなーと思ったり。
東京国際映画祭にて。

ベトナム映画は初鑑賞かな。
サニーは韓国版も日本版も未鑑賞。

よかった。私にはああいう若い頃の仲間がいないからとても羨ましかった。
ベトナムの歴史に合わせたアレンジもよかった。
ちょっぴり泣いてでも元気になれる映画だった。
劇場公開したらまた観たい。
テンポも良くとても面白かった!
子ども時代と大人のキャスティングがうまくできていて、笑えて、泣けました。
ベトナム映画面白い^ ^
か

かの感想・評価

3.4

韓国版に忠実&忠実な作品☺️笑

ベトナムの歴史が見え隠れしてる
K

Kの感想・評価

3.5
韓国版本家も日本版も見てないけどどれも時代設定に凄く意味がある。
荒馬団の皆カワイイ。
えりか

えりかの感想・評価

3.7
TIFF2018にて 👀
上演後に監督、主演の女優、プロデューサーが登壇。Q&Aコーナー付き。
nori007

nori007の感想・評価

3.5
韓国映画をまさかのベトナムリメイク!!大まかなストーリーとセリフなどもオリジナルに沿っている。しかし時代設定がベトナムにとって意味のある南北統一の年。したがってまだボニーMのサニーは存在せず、楽曲を使えなくなってしまったのは残念である。

ただ、ベトナムテイストを取り入れてあり、韓国版との違いを比べるのがとても楽しい。
しかし何だ。社会情勢は猛烈な勢いで動いているのだが、女学生はどこも同じでそれほど違いがないのがわかる。いや、ベトナムの人たちはけっこう口が悪いなとは思った。

それと残念なのは、共感できる楽曲がなかったのは少々残念である。
る

るの感想・評価

3.5
ベトナム版のサニー。ビジュアルが上がってマイルドになった。

話の構成は韓国版とほぼ変わらない。
細かい演出も一緒のところがあって、原作好きならリメイクとしても十分楽しい。

キャラも分かりやすくて、原作の違和感も減った分、全体的な印象は薄めになってる。

雨の中歌うシーンはかわいさ100点。てかみんなかわいい。
かわいいからこの映画は100点。
>|