糸の作品情報・感想・評価・動画配信

「糸」に投稿された感想・評価

KAEDE

KAEDEの感想・評価

3.5
中島みゆきの糸をテーマに30年間を綴った物語🪡
色んな要素をぶっ込みすぎてる感はちょっとあったけど、全体的にテンポ良いし退屈することなく楽しめた🧀

幾度となくすれ違うふたりだったけど、
きっとそれは回り道なんかではなくて、
今まで出会い別れた人たちとの時間も何ひとつとして無駄ではなかったって思わせてくれるような。
エンドロールのみんなの笑顔を見てるとそんな気持ちになった💐

溺れるナイフの再タッグを見れて心躍ったし、
なにより音楽のパワーを感じる映画でした。
成田凌くんのファイト!最高に沁みた。
小松菜奈のご飯を頬張りながら泣くシーンとっても素敵でお気に入りです🍚
ナメコ

ナメコの感想・評価

3.3
2時間、悲しいこと詰め込みすぎでは、。って思ってしまいました😥
期待値が高かった故!
もち

もちの感想・評価

4.0
小松菜奈ちゃんのうるわしいお顔を拝みたくてDVDを借りてきたのですが、いざ映画を観てみるとタイトル「糸」に端的に表されているように、人と人とのつながりの尊さとか、大切さとか、切なさとかを教えてくれるめちゃくちゃいい映画で、最後のシーンで「糸」が流れた時は、思わず込み上げてくるものがありました。めちゃくちゃ不純な動機で見たのですが、すっかり没入してしまう、素晴らしい映画だと俺は思います。
ひろ

ひろの感想・評価

4.5
号泣。感動の押し売り映画かなぁと思っていたけど気付いたら引き込まれていて涙が込み上げ溢れていました。諦めたふりをして諦めきれなかった恋、もう自分では踏み出せない恋路、すれ違いの糸がぐるぐる回って偶然のような必然で重なり合う何とも運命的な映画でした。
YP

YPの感想・評価

4.0
菅田将暉 × 小松菜奈 っていうだけで
もうありがとうございますです(?)
みんと

みんとの感想・評価

3.7
今までに見た事ない感じの恋愛映画だった。出会うべき時に出会った人は糸で繋がっている。運命の人なんだと思わせてくれました。それぞれの人生を生きてあんだけすれ違ってもまた会うのは凄すぎる。

劇中に出てくる中島みゆきさんの歌が良かった。
榮倉奈々さん成田凌さんがファイト歌ってるのとその周りの雰囲気も良かった。

あと風景とかの映像が綺麗だった。北海道いいなぁ。シンガポールも。
ラストあたりまでただ見てるだけって感じだったけど最終的には分かってる感じだったけど良かったなぁ。小松菜奈キレイだなって思えたから魅力的な作品なんだろうな。泣いてる人を抱きしめられる人になって欲しいな子どもにも。
スグル

スグルの感想・評価

3.7
ふたりの人間が他者と関わり合って生きた30年間を『糸』といつ楽曲で語る映画でした。

そして、楽曲の内容がまぁネタバレって感じの作品でした。

小松菜奈さんが飯を食べながら泣いてるシーンを楽しめます。
みー

みーの感想・評価

3.0
期待しすぎてしまったからかあまり感情移入できなくて泣きところも泣けずに終わってしまった。
瀬々敬久監督作品。菅田将暉、小松菜奈主演映画。
1998年にリリースされた中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフに、平成元年に生まれた男女の18年間を生活者からの視点から見た平成史とともに描いていく。

平成元年生まれの高橋漣と園田葵。北海道で育ち、13歳の時に出会った2人は初めての恋をするが、葵は母親に連れられて北海道を去ってしまう。8年後、21歳になった漣は、友人の結婚式のため訪れた東京で葵との再会を果たす。しかし、漣は北海道でチーズ職人、葵は東京、沖縄へと自分の世界を広げ、2人は別の人生を歩み始めていた。さらに10年の時が流れた平成最後の年、2人は運命の糸によってふたたびめぐり会うこととなる。斎藤工、榮倉奈々、山本美月、倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみ、高杉真宙らが顔をそろえる。
>|