MASTER マスターの作品情報・感想・評価

MASTER マスター2016年製作の映画)

마스터/Master

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:143分

3.7

あらすじ

投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)は、その綿密な計画性と天性の口のうまさを駆使し、韓国最大規模のネットワークビジネスで多額の資金を市民から巻き上げる。やがて会社は倒産、チン会長は金と共に海外へ逃亡する。警察の知能犯罪捜査班のキム(カン・ドンウォン)は、優れた知性を武器に彼を逮捕すべくチームを編成。チンの部下だったITの天才パク(キム・ウビン)を仲間に引き入れ、チンの足取りをたどっていく。だが突…

投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)は、その綿密な計画性と天性の口のうまさを駆使し、韓国最大規模のネットワークビジネスで多額の資金を市民から巻き上げる。やがて会社は倒産、チン会長は金と共に海外へ逃亡する。警察の知能犯罪捜査班のキム(カン・ドンウォン)は、優れた知性を武器に彼を逮捕すべくチームを編成。チンの部下だったITの天才パク(キム・ウビン)を仲間に引き入れ、チンの足取りをたどっていく。だが突然、チン会長の死体が外国で発見されたと報道される。容疑者死亡で捜査は終了かと思 えたが、これもチンの策略と見たキムは、秘かに捜査を続行する。はたしてチンは東南アジアで別人を装い、新たな詐欺ビジネスを展開していた。捜査の手をすり抜けるチンと執拗に追い続けるキム、二人の静かで熱い攻防は、どちらの勝利で終わるのか―!

「MASTER マスター」に投稿された感想・評価

sacco

saccoの感想・評価

3.8
カン・ドンウォン、イ・ビョンホンの二大スターを食ってしまいそうなほどキム・ウジンが光ってた。
韓国映画ハズレないわ〜
kazbon

kazbonの感想・評価

3.6
韓国の映画には迫力を感じます。
感情移入しにくい登場人物が多かったけど、勧善懲悪がベースなのでとりあえずOK。
しまこ

しまこの感想・評価

3.5
騙し騙され追い追われた末のラストが気持ちいい。

カン・ドンウォン目当てで観に行ったんだけど、表情豊かでお調子者なキム・ウジンのジャングンにやられた。韓国俳優には詳しくないのでこんなかわいこちゃんいたんだ~って感じ。そしてカン・ドンウォンの年齢を重ねても失われない美しさ、かわいさ、かっこよさにため息が出るのです。
ragii

ragiiの感想・評価

4.3
今回も当たり作!! 実際にあった韓国史上最悪のネット金融投資詐欺事件を基に製作されたクライムサスペンス映画

何か疲れそうだなーって思いながら視聴(じゃあなぜ見た?笑)

期待を超えてめちゃめちゃ面白い!! 全体の2/3は韓国での事件、残り1/3は逃亡先のフィリピンのマニラ

その間に繰り返される手に汗握る知能戦の数々!

もうドキハラの連続!! そこに、徒手格闘のアクションシーン、カーチェイス、銃撃戦も加わってエンタメ要素も満載!! これだけで見る価値ありですが、
そこにメイン3人の役者が素晴らしく良い!

イ・ビョンホンは超悪人
カン・ドンウォンは正義の捜査官
キム・ウビンは初めは小物感満載の小悪党、後半は人間味溢れる好人物
もうたまりません!

最近の韓国映画に当たり作多いけど、これも大当たりの1本!
アクション満載の映画かと思ったが、緻密に練られた心理戦と壮大なストーリーがメインで、成る程143分必要だなと唸らされる作品になっていた!

そして、イ・ビョンホン目当てで観たが、今回もまた、良きイ・ビョンホンだった。
ホント、この人にハズレはない!

ハリウッド進出効果もあってか、
「何千、何億を動かすのが詐欺師だとしたら、何兆ならどうなる?」というセリフが似合うほど、この人のカリスマ性はさらに大きくなっており、
観客に「これ勝てないやつやん…」と諦めを感じさせるほどの巨悪を演じていた。

また、カン・ドンウォンの熱血漢、キム・ウビンのアニメ的キャラクターとの三つ巴の戦いにすることで、最後まで読めない展開になっている。

アクションに関しても、前半の殺し屋との追いかけっこや、韓国お得意のカーアクションと、適度な量で質の高いものが投入される。
おふざけ演出が多いかもしれないが、気にならないほどの傑作だった!
nastu

nastuの感想・評価

3.5
イケメン俳優達のどんでん返しアクションムービー。

アクションだけでなく、ストーリーもしっかりしていてさすが韓国映画。邦画も少しは見習ってほしい。

ラストが少しひっぱりすぎだけど、俳優がかっこいいので許せてしまう。コミカルな要素も満載で、純粋に楽しめる映画。
韓国犯罪史上最大規模の金融投資詐欺事件の「チョ・ヒパル詐欺事件」を題材に、主犯格をモデルにしたチン・ヒョンビルをイ・ビョンホン、その側近で天才ハッカーのパク・ジャングンをキム・ウビン、そしてこの巨額詐欺事件を追う知能犯罪捜査班の班長キム・ジェミョンをカン・ドンウオンが演じ、スケール大きくスリリングにクライム・エンターテインメントが繰り広げられていく。
本作を観ていると改めて「うまい話には裏がある」と痛感する。
儲け話を裏付けるような数値や利息、役所や銀行等の後ろ盾が有れば、誰でも手持ち金を増やそうと「うまい話」に飛び付いてしまうと思う。
本作に登場するチン会長のようなカリスマ性が有る人物が扇動したら尚更だ。
イ・ビョンホンはこの人物を硬軟演じ分けて、極悪非道振りを浮き彫りにする。
それに対し捜査班のキム班長は、イリーガルな領域に迄踏み込んで犯罪集団を追い詰めようとする。
本作はクライム・エンターテインメントなので、実際の事件に対して様々な要素を付け加えて盛っている。
その要素とは肉弾戦や銃撃戦、カーチェイス等のアクション、そして韓国映画らしく裏切りと友情の展開。
舞台も韓国だけではなくフィリピンまで広がって攻防戦が繰り広げられていく。
実際の事件は主犯格の行方不明、生死不明で闇の中だが、本作ではどのような結末を迎えるのか?
エンドロールが始まっても直ぐに離席せず最後迄いると、思わず苦笑してしまう“落ち”が待っています。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.0
年末年始の大掃除レビュー(笑)

実話をもとに韓国犯罪史上最大の金融投資詐欺事件の全貌を描いた作品。

-STORY-
カリスマ詐欺師(イ・ビョンホン)を知能犯罪捜査官(カン・ドンウォン)と天才ハッカー(キム・ウビン)の2人が追跡するスリルと興奮の追跡劇。

本作は国家を揺るがした史上最悪な詐欺事件「チョ・ヒパル詐欺事件」をモチーフに描かれています。実際の被害者数は4万人、総額3兆ウォンとのことです。そんな最悪な事件を2時間半で濃密に描いているため、途中見飽きることなくどっぷり作品に入り込めます。正義と悪の追跡劇、先の読めないストーリーが見るものすべてを魅了します。

そうなんです、巨額な詐欺を働きながらもあらゆる人脈を駆使して逃れる詐欺師と彼を逮捕するために動く警察チームとの戦いは見応え十分なのであります。加えて、カーチェイス、銃撃戦などのアクションと敵の行動や心理を探り会う頭脳戦などの見せ場も十分にあります。塙さん風に言うと(笑)

あ~思いの外いい作品に出会った気がする。前に見たイ・ビョンホンの作品「インサイダーズ」も良かったですが、「MASTER」も良かったです。
osowa

osowaの感想・評価

3.0
内容としては多少出尽くした感じだけど、それでも魅せるのはさすが。
こういうジャンルは邦画はなかなか追いつけないね。
あずみ

あずみの感想・評価

3.5
韓国映画もハリウッドを意識してか、作りや見せ方がどんどん派手になっていく
わけわからんカメラワークがあるのは、相変わらず。どーやって撮ってんのよん

主の3人がイケメンすぎる。真面目な主人公は終始ポーカーフェイスだし、ハッカーはまあちょっとだけ汚れな感じがあったか
イ・ビョンホンは『甘い人生』の時くらい汚れてもよかったと思う、悪役だし

オ・ダルスの狸っぷりはさすがだなーと思った。結局顔
>|