娼年のネタバレレビュー・内容・結末

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿されたネタバレ・内容・結末

桃李くんのおしりがすごいらしくて鑑賞。
…リアルSEXであんなに小刻みに腰振る?ってとこで笑ってしまった。もっとねっとりしたエロを求めていたから残念。冒頭からSEX三昧だったけどエロく見えないwwww動きすぎてもはや痙攣ww
ストーリーも???て感じで期待しすぎた。

菅田戯王の桃李くんが好きだ!!!!!
ジャケットと全然違う。
完全にコント。
笑ってしまうシーンが多いので友達や恋人と見ると楽しいかもしれません。
松坂桃李が女性を快楽に導くのかな〜という思い込みで鑑賞したが、思いのほか桃李が感じていた(笑)

作中にもあったが普通の青年として松坂桃李を主演にしたのは正解だったような気がする。
凄くかっこいい訳ではないけど色気のある俳優。

内容はなく、ほぼAV。
綺麗に見せる訳ではなくリアルなセックスシーンにこだわったのか、誰を抱いても同じガシガシしたテクニック。
桃李の癖が出ていないことを祈る(笑)

話してるだけでおばぁちゃんがイッちゃうシーンや、最後の静香さんとのバーチャルセックスのシーン、ちょっとがっかり。

それにしても、松坂桃李は身体はったな。
性って未知!わかんなすぎぃ!
松坂桃李に抱かれたいに限る映画
ほとんどセックスシーンで、
ただのAVかと思ったけど、
見てるうちに、主人公の成長が頼もしく思えてきた。
女にもセックスにも自分の人生にも情熱を持てずさめた人生を送っていた大学生が、ある女性と出会い、娼年(娼婦の男バージョン)になり、女性の奥深さや、
人それぞれの欲望などを知り、それに応える喜びを見出だしていく。
早くに亡くなった母親との繋がりもあり、ただのエロ映画ではなかった。
この俳優さん、こんな役も出来るんだぁ〜と感心した。
話題に上がっていた事もありレンタルが開始さていたので鑑賞。
見る前はクリープハイプやらを聞いて恋愛に感傷的な女の子に指示を受けてるサブカル映画だと正直なところ思ってたことを先ずはお詫びしたい。

映画を見終えた感想としては、人間の性的欲求、世間体的には汚いと思われる部分を誰もが表面的では無く、根底に隠して過ごしているという事を極端に伝えた映画だなと考えてました。
様々な事情、性癖などの奥底に秘めた欲求を男娼を通じて発散していく女性達を目の当たりにしていく中で、その奥底を引き出す為の知性だったり会話だったりを目の当たりにし、女性の複雑さを改めて感じ取れる。

いざ行為のシーンとなると、音が生々しすぎる所は評価するとして、カメラワークやカット割りが普通に笑かしにきているのが何とも言えないような。
ひろみさんとのベッドシーンは、DMCか?というくらいにスタイリッシュアクションセックスでした。あれも笑いどころの一つです。

好きなシーンで言えば、友達である恵ちゃんがりょうくんを買うというシーン。娼夫である事を汚いと散々吐き捨てた後に雇うメンタル強女でしたが、彼女は彼女なりに娼夫である事に誇りを持つりょう君を確かめたかったのかなと。
行為が終わり恵ちゃんが涙ながらに、「りょうくんは、もう昼間に生きる人間じゃないんだね」と言い、それに対してりょう君は、「落ち着いたらまたbarに来てね…恵は永遠に無料だから」と言い合うシーンは骨折やら放尿やら撮影W射精の後に観ると胸にくるものがありました。

女性に対して意欲が湧かない退屈な人間から娼夫という仕事を通じて、女性の魅力に気づきサービス向上に努める。認められない仕事ではあるのであろうが、彼は娼夫という仕事をこれからも続けるのであろう。

女性と男性で見方がだいぶ違うと思うので、性別毎に感想を聞いてみたいと思う映画でした。
欲を表に出さない日本人ならではの視点・テーマだった

ユリゴコロでも思ったけど松坂桃李の演技がズバ抜けてる
桃李君が出演ということでこの作品を購入
この映画内容の噂は聞いていたので、これを見るが為に手に入れたヘッドフォンで皆が寝静まった夜中にこそっと見ました。
コメントはなかなか詳しくは書けませんが、娼婦ではなく娼夫…こんな世界もあるんだなと改めました。
内容が内容なだけにどっと疲れました(。´Д⊂)子供は絶対に見ちゃダメです。
スタートからラストまで本当にやりまくってます。音声がとにかくリアルでヤバイので人目を気にするなら、ヘッドフォンで見るのがいいです。成年が娼夫になるストーリーなので本当にスタートからラストまでずっとイヤらしいことをしています…
男性より女性向きの汚すぎないエロス。
娼夫だろうが、桃李君は桃李君なので全く気持ち悪くないし、これで一段と成長し、演技に磨きがかかったでしょう!
本当にお疲れさまでした!参った~
松坂桃李が大好きなので、彼のエロさにやられた…
かなりの分量のセックスシーンで女性向けAVって感じだし、いたすシーンには突っ込みどころもあるけれど、それだけじゃなくてストーリーも深くて色々考えさせられました…桃李くん、演技凄い!!
凄い役者さんになったんだね(私、何様って感じだけど、、)
これは上手な役者さんじゃないと出来ない役なんじゃないかなぁ。
徳馬さんのエピソードではちょっと引いてしまった(笑)
賛否両論あるだろうけど、観て損は無いと思いました。
まずは一言、映画館で見なくてよかった、目を背けたくなるようなシーンや人の欲が怖いと思いました。

個人的にはきつかったのは、「指をおるシーン」
残酷な表現の映画は大丈夫ですがこればかりはダメでした…なんというかあまりにもリアルすぎて。

いろんな性癖を持ってる人いるんだなと。

さてこの映画にはいろんな事情を抱えた登場人物がでてきます。
その人たちとどう主人公が接していくのか、また見ている自分自身だったらどう感じどう接して行くのだろうのかと考えさせられました。

私自身セックスはお互いの気持ちが通じあってする行為だと思うこともあれば性欲を満たすために行う性処理だと思うこともあります。
鑑賞後、やはりセックスはお互いの気持ちが通じあってする行為なのかもしれないと思いました(書いてる本人はあまり遭遇したことありませんが笑)

まあにしても…役者さんすごかった…行為のシーンなんてすごくムラムラしました。
考え方ひとつでこの映画AVになるんじゃないのかなって思う方もいるかもしれませんね笑
それぐらい役者さんガチでやってる分この作品をいいものにしようとする熱意が伝わりました。

それからもうひとつ、作品を見て本音を言えるって大事だなと思いました。
あと本音を言える相手がいるということはものすごく気が楽になる気持ちわかります

ただ映画館で見なくてよかったなと思いました、多分見てたら私いろんな意味でメンタル崩壊してたかも。
>|