娼年のネタバレレビュー・内容・結末

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.1

あらすじ

「娼年」に投稿されたネタバレ・内容・結末

単にAVなので何をつけようとAVです。
撮り方が気になった。流石に天下の松坂桃李様に実際にハメさせてはないと思うんですけど、じゃあどうしたんだろう。つーか勃たんのかな。こんな現場って。
無気力な毎日を過ごしていた大学生のリョウ(松坂桃李)。
ホストをしているシンヤ(小柳友)の紹介で知り合った美しい女性に心惹かれる。

実は彼女、御堂静香(真飛聖)は会員制ボーイズクラブのオーナーだった。リョウは静香に気に入られ、女性の欲望を肯定する娼夫となる。
客として出会う女性達に寄り添ううちに、リョウが人間的に成長していくストーリー。

ほぼ全編を占めるセックスシーン。
これ松坂桃李のAVじゃん‼︎
彼はよくこのオファー受けたね。

クラブの顧客は、皆いろんな性癖とかトラウマとか抱えていたり訳ありなんだが、西岡徳馬演じる夫婦との絡みのシーンは大爆笑。これコメディだっけ?

全体的にもなんだろな、男性目線なのかな。
終わった後コンドーム捨てたらハイ終了って言えばわかりやすいかな。
リョウと出会った女性達との関係が薄っぺらいというか、お粗末に感じられるシーンが多いのが残念。女性に共感してもらえるような見せ方=綺麗に撮って欲しかった。

リョウの母親、静香、静香の娘・咲良(冨手麻妙)、このキャストが大きな軸となってるのもわかるんだけど、いまいち入り込めなかった。

松坂桃李が出てるから見始めたのに、途中見るの止めようかと思ったぐらい…
好き嫌いの分かれる作品だと思います。
冒頭60分程度鑑賞。
それ以上の発展性を感じず断念。
機会があれば再チャレンジしたい。
ほぼヤってるシーンでできてるやん!とか松坂桃李くんめっちゃ体はってすごい演技!とかたくさんあるけど、そんななか、あんな高速手マンされても笑、みたいな感想がちらほらあって爆笑。

あと私個人的にあのおしっこの人は、また松坂くんを呼んでおんなじように見てもらうのか、たまりにたまった欲を希望の相手に向かって一旦リリースできたから当分落ち着いたのかが気になる。
基本あんあん言ってるシーン多いから毎回始まったらイヤフォンしてても、おとととととー!笑、って必要以上に音量下げて観てた。

そしてこれ読み直してたらパラサイトに続いて手マンというワードを使ってしまっているのに気づいた。
ちょっと過激でストーリーは無いけど色んな人間の色んな性欲を一度に観られるお得な映画!(強制終了)
最後まで見ても最初から一番静香さんが魅力的。
法には触れてるが。

シュールで笑ってしまうシーンも多いが
恵とのシーンは虚しくて悲しかった。

松坂桃李はまだまだ大学生いけるな・・・・

設定から仕込んでくる年の差夫婦クソワロタ

東くんの骨折シーンがトラウマ
売れっ子になるまでトントン拍子なのは、松坂桃李の顔面だからだと思う。
だって領くん超ガシマンするタイプじゃん笑

結構エロくてすごーいってなったけど、
桃李君がグラサンかけてハメ撮りNTRセックスする(オナニー しながら撮影する旦那つき)シーンとか、
手を繋ぐだけでイッちゃうお婆さんとか面白いシーン多い。

これは女性向けの映画なのかな
女性向け風俗美化美化美化美化って感じ




尻 尻
尻尻


尻   尻
尻   尻
尻 尻 尻
尻 尻
    尻
   尻

友達を誘うのも気まずくて、初めて一人で見た映画
良い思い出
終始シリアスな感じの映画かと思ってたのに、キャラクターの個性強すぎたり、最後の濡れ場の演出だったり、おもしろ、ってなっちゃう。男2人の小指折ってあげるシーンが1番うわーってなった。
原作だけで良かったかなぁ、、

なんかもう後半は笑えてきた

とりあえず私の大学の私の学部の私のコースが舞台なんだろうなって思った
そこに関しては面白かった

良い大学出て良い会社入る事だけが偉いんかよっって叫ぶところもよかった
なんでこれをうちで、しかも齋藤、明日楓、葵という謎メンで観たんだろう。

部屋の大画面で松坂桃李のケツが流れた。
>|