娼年のネタバレレビュー・内容・結末

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿されたネタバレ・内容・結末

もっとドロドロしたAVなのかと思ってたらいろんな女性の欲望とか興味総じて奥深さをセックスを題材に扱った作品なのかなと。女性をつまらなく思っていた主人公が1人目の経験で一気に成長覚醒したのはびっくり。娼年モードのスイッチ入るとやばいな

まあ説明そっちのけでいろんな女性をあの手この手でイかせまくってたからこの映画でなにか得られたかと言われると難しい(笑)嫌いじゃないよ
グラサンのときと2回目の試験のときはもう笑ってしまったwww
最後はおばあちゃんとまでも…

松坂桃李体張っててすごいと思った。どこまでが本当なんやろ。喘ぎ声が笑っちゃうけど

しずかさんと幸せに過ごしていてほしいな
全体的に笑えばいいのか呆れればいいのか反応に困った。

幼い頃母性から見放されたせいで、他人に共感したり受け入れたりすることがうまくできなかった男性が、ボーイズクラブの娼夫となり、あらゆる女性の欲望を受容する経験をすることで自分自身の母性を補い変化していく…みたいな筋書きはまあ良いのかもしれないけど、
その表現が陳腐すぎて、登場人物の誰にも共感できずに終わった。
特に大学の同級生の女とセックスしたあとに、泣いてる女に対して「落ち着いたらまたバーに来てよ。お前はあの店では永久に無料だから」とか言って、女さらに泣く、みたいなシーン意味不明(2人とも泣いてた?だとしたらさらに意味がわからん)。
気持ちに応えられないのに「また会いに来てよ」って、感動っぽく描かれてるけど、どこに感動したらいいかまったくわからん。
そんな感じで、「なんかこの人たち泣いたり怒ったりしてるけど、ついていけない…」と思ってしまう展開が多過ぎた。
骨折、放尿とか過激なシーンはまだ「そういう欲望を持つ人もいるよな」と思えたけど、シリアスっぽいシーンになると作り物感、悪い意味での滑稽さが目立ってくるように感じた。

あと売春にしろ、HIVにしろ、聴覚障害にしろ、現実的な問題を軽々しく扱いすぎなのでは…。

三浦大輔って「愛の渦」ではセックスを介した人間関係をうまく描いてたのに、この作品はなぁ。
松坂桃李がえろかった。
庶民的なお尻にリアルを感じました。笑

ただえろいだけじゃなくて
様々なエクスタシィを魅せられ、興奮しっぱなしでした。笑
色んな意味で。笑
理解できないエクスタシィがたくさんあるのですね、世の中には。笑

そしてやはり女性は、様々なストーリーがあるからこそ、興奮するセックスを求めるいきものなんだなと思いました。
あたしの知らない世界でこのようなことは普通にあるんだと思う。
原作既読。

昔原作を読んでいてエロかった記憶しかなくて、エロいのはわかっていたけど案の定のエロさで衝撃だった。

ここまで体張った松坂桃李がすごい。偉い。本当にお疲れ様。よく頑張った。褒めてあげたい。内容よりそこに★をあげたい。

娼婦として様々な女性と関わっていく中でたくさんセックスする訳だが、真剣に人のセックスを見てると段々とギャグに見えてきて笑ってしまった。人の欲望って滑稽。

クライマックスの静香さんと桜ちゃんのシーンは残念。光に包まれててよくわかんないし、劇中音楽の使い方がさらにギャグっぽくて
途中コメディに見えた 笑

セックスの精神的な興奮をビジュアルで表現しようとするとああなるってことなのか?んー。


周りの客がほぼ女性で
観終わった後みんな笑ってて
ざわざわしていた。

見終わった後こんなにざわざわしてた映画初めてだ。

これを見た男性の意見も知りたいけど、決して付き合いたてカップルでの鑑賞はおすすめしません。苦笑


女同士で見てセックスについて語り合うと面白いと思う。


お尻が綺麗でした♡
誰からも「普通」と評される大学生の主人公。
しかし彼は、どんな人に会っても、どんなえげつない欲を目の前で丸出しにされても、退かないで受け止める。

普通であって普通を超越している、そんな主人公が頼もしく、愛おしかった。
キャスト (良い)松坂桃李良く引き受けた
演出 (?)セックス中の演出笑える
ストーリー(普通)盛り上がりとかはなし
テンポ(良い)テンポよくセックス
音楽(普通)セックス中のBGMが笑える
世界観(良い)高級娼夫派遣したい
美術(良い)部屋がいちいち綺麗 住みたい
映像(普通)街の景色、地名、リアル
要素(笑えた)何故か全くエロくない
こだわり(芸術的なセックスでも笑える)

体張った部門優勝。思った以上に笑える映画、セックスって冷静にみると笑える行為。松坂桃李が絡まったズボンを必死に脱ぎ捨ててる姿とか全然かっこよくない(松坂桃李はかっこいいけどね)

ストーリー的には年上女性を好きになる動機が薄い。母が娼婦設定いるか?それが繋がりとは?ってなる
娼夫ももっと人数出して欲しかったかなまとまりが悪くなるかな
御堂さんとも普通に関係持とうとして欲しくなかった。
痛いシーンもキツかった
脚本:3
題材:5
人物:5
演出:4
映像:4
音楽:3

総評:4.0
----------

女性の性的欲求について、とても質の高い考察がしてあった。
欲求と共存する悩ましさがしっかり描かれている。

それゆえに、話のまとめ方が駆け足で少し雑な印象を受けた。
主人公と静香さん達の関係を運命付けることの必要性をあまり感じない。バックグラウンドとしてあったとしても、赤裸々に説明しなくてもよかったかも?
メグミ以降のシーンをもっとストーリーとして深めてくれれば、脚本としての満足感が上がったはず。
リョウの過去についての描写はとても良かった。話の展開としてそれがないと、リョウの行動(決断)に疑問が生まれるので、そこは納得いくよう作られていた。


もはやギャグシーンで、笑ってしまう場面が多かったけど、慣れてくるとそれも味だと思えてきてしまった。狂っている。
個人的にはヒロミさんとのデートが一番好きな回だった。少ない言葉でスマートに関係を持つのがナイス。


松坂桃李のセックスシーン、「彼女がその名を知らない鳥たち」ではどこか不自然に感じたが、今回それはなくて、うまい演出だったと思う。


ただヤってるだけだけでなく、ちゃんと中身を見れば性についてのアプローチがしっかりしている作品。予想外に良かった。
サブタイトル付けるなら「娼年〜人のセックスを笑うな〜」です
和太鼓ドンドンドンドン!!!(BGM:松坂桃李の喘ぎ)みたいなとこが1番よかった
サングラスと和太鼓ズンドコの回はクソワロだった。
あと最後のシーンの三位一体の演出が笑いすぎてしんどかった。

骨折るシーンいらないしあそこ必要だったかなー?

桃李くん好きだから見るのなんかめちゃくちゃ緊張してたけどいや〜〜本当に〜〜松坂桃李ってイケメン若手俳優から演技派にずんずん進んでいってるんだなあと

オーナーのお姉さんに告白するシーンでまじで泣いてしまったびっくり。笑
肩貸してくださいって言って泣くシーンもめちゃくちゃ好きだなあああ

原作読んでああやっぱりこういう感情の動きがあったんだなあって何度も思った!やっぱ桃李くんすごい!!!!!
そしてレディースデイの娼年の需要が高すぎ!!!映画館二件回ったわ!!!!
>|