娼年のネタバレレビュー・内容・結末

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿されたネタバレ・内容・結末

大学の同級生に買い取られるシーン、めちゃくちゃ見入った。「落ち着いたらさ、またバーに来てよ。めぐみはずっと、タダだから。」辺りの前後の会話の押収で余計二人が別の世界に住んでることが浮き彫りになっていて、その混じり合えなさを認めたところに深みを感じて凄く良かった。
映画全体の色味や写る絵の綺麗さ、観てて楽しめました、後は桃李さんのお尻🍑とホクロ❤️ww

桃李さんの目の演技のツヤっぽさ、主人公、領さんの成長して行く姿、そしてやっぱ男は根がマザコンな生き物で良いんだよ、うんうん、思いながら観てました。

そして、西岡徳馬さんとか後半のくだり、コレはギャグなの?太鼓なんかの演出はなんなの?有りなの?思いながらの鑑賞でした

体当たりなお仕事、皆さまお疲れ様でした✨
人が、特に女性が、己のセックスファンタジーを解放する瞬間が美しくない訳がありませんから好い場面が生まれる事は既に約束されていて、そして実際に好い場面が幾つか見られ、その点は満足。

作者も自覚している場合が少なくないと思いますので、突っ込みどころガー、とか吠えるような下品な真似は本来は嫌いなんですが。

学友がプロの技術に泣くほど感激する場面、物語上の大きな山場であるにも拘らず劇中で比較対象が提示されない、或いは、相手や状況により求められる技術も違うものとなる為主人公のそれの進歩状況も判然とせず、果たして学友の涙も説得力がないよな、とか。

彼がその特異性を以て売上高一位に君臨しているとする設定は幾ら何でも無理があり過ぎる、とか。

金言をビシバシ飛ばす切れ者の女経営者がしかし危機管理に於いては杜撰だったのはなんでなんだぜ、とか。

毎度手マンが高速に過ぎて男だけれどもヒーってなる、とか。

西岡徳馬の熱演があれ応援上映を前提にしているとしか思えない、ホラー映画に於けるいわゆるやり過ぎ演出でクスッとさせるような場面が多々散見される、とか。

なんつっていろいろと突っ込まさせてもらいましたよ、ポルノ映画だけにな。
めぐみとリョウのセックスシーン、泣いてしまった。めぐみのリョウへの片想いと、リョウの友人めぐみへの愛情が絶妙に交差して切なくて。2人の、こんなはずじゃなかったのに、っていう感じが。

誰なの、これがセックスだけの映画って言ったの。

ただ後半の静香さんとさくらとリョウの謎の幻想シーンは好きじゃなかったな。

セックスシーンは敢えて乱暴な手つきにしてるんだろうけど、もっとリアルにゆっくりねっとりした感じにしても良かったんじゃないかしら。もっと生々しくしてほしかったな。

老人と若妻のシーンは笑っちゃったね。狙い過ぎだけど笑

それにしても出てくる女優さんみんな色気あって素敵だった。。
冨手ちゃん、園子温監督のアンチポルノからのヴァンパイアホテルで好きになったけど、やっぱり一押し女優さんやわ。

p.s.三浦大輔監督作品は絶対に劇場で観たい派。
エキサイティングセックスバトル映画。
松坂桃李がもっと好きになる。
熱海がとにかく最高なので、吹き出さないように要注意。
松坂桃李主演の上質なAVって感じでした。
とにかくセックス描写多い。当たり前だが
役者が松坂桃李と西岡徳間以外知らなかった。

お母さんをずっと待っていてしずかさんがお母さんの代わりで~って感じなんかな
伝えたいことはわからないわけではないが、うーんという感じ。
松坂桃李のお母さんが娼婦をしていた理由が明かされないのが微妙かな。

悪くはないと思いました。

欲望をむき出しにしている女性たちが特に素晴らしくて、ほんと女優さんたちすごいです。

ただ、最後再開しちゃうの~?って感じでした。
松坂桃李は結局娼婦としての道を選んだんだなと。

てか、お店で働くとき本名でするなよ。
あとめぐみが好きな人としかセックスしないとか娼婦やってるリョウ(松坂桃李)を汚いとか言っておきながらホストとちゃっかりセックスしてるあたりが、こういう女いるよな~~~って感じでよかった。

一番おもろかったんはアズマくん。
男女の絡みだけかとおもったらアズマ君と絡みがあってよき。
最後の骨折ってが最高に好きです。
はらださんのBL漫画で出てきそうなキャラだなと思いました。
いうほどギャグではなかった(言っている意味はわかった)
中身は真面目だと思った、演出がちょいちょい笑えるだけで。あと劇伴ちょっとまて
色味の変化に目が疲れた、誰もいない部屋は綺麗だったけど...
松坂桃李のケツ(仙骨のあたり)に黒子があることだけは覚えている
原作未読の方はぜひ読んでみてほしいです。そうするともう少し違った捉え方が出来ると思います。とりあえず言いたいのはリョウくんはそんな絶対にセックスしない。

私ごとだけど、実質初の映画鑑賞作品。

ちょうどいい時間に上映されているのがこの作品しかなくて観たけど、本当に一人でよかった 笑

初っ端のリアルなセックスシーンに引いてしまった💦

心に響いた言葉は静香さんの、
『もっと女性にこころを開きなさい、ふたりですれば素敵なことをあなたひとりでしている。』
『まず女性やセックスを退屈だなんて思うのをやめなさい。人間は探しているものしか見つけない。』
『あなたはもっと女性を信じなさい。あなたがつまらないと見くだしているものはもっと素晴らしいものよ。』
私は女だけど、上文の女を男に変えると心当たりがあり過ぎて痛い💦

以下箇条書で感想を書きます。

・松坂桃李のプリケツが炸裂
・女の人が積極的なセックスシーン見たの初めてかも。
・西岡徳馬のオナニーシーンで会場から笑いが…
・BLもあるんかい…
・オシッコ見られるだけでイケるんだ…
・え、江坂杏子とヤルの?マジかよ…

娼夫や娼婦は汚い存在だと思われがちだが、他人には言えない心の傷や性癖を持つ人達を癒す社会にとってなくてはならない仕事なんじゃないかと思った。
初見が応援上映という
アレな感じではありますが、
松坂桃李の役者魂は堪能できた。

が、しかし、
最初のおセッセと最後のおセッセで
大した変化を感じなかったのは
気のせいでしょうか…。
>|