娼年のネタバレレビュー・内容・結末

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.0

あらすじ

「娼年」に投稿されたネタバレ・内容・結末

好きで聞いているラジオで何年か前におすすめしていたのを思い出して観てみました。

描写として8割が行為だと聞いていて覚悟はしていたのですが、映画のテーマがしっかりとあるからかそこまで生々しさは感じることなく最後まで見ることができました。

サングラスをかけていた時の回など、ところどころ笑ってしまったシーンもあり、上記のラジオのパーソナリティは最初のホテルに入って待ちきれず壁に添いながらキスしてるところが面白くて映画館で声を出して笑ってしまったと言っていたのですが、少しそれは理解できず、、笑。

松坂桃李さんをはじめ役者さんの演技が本当にすごかった。
見えてないだけのAV
初っ端からセックスシーンで始まってびびた
いろんなセックスがあるんだなあとおもった...どこまでリアルに存在するんかわからんけど、
松坂桃李イイね...

Twitterで松坂桃李のピストンに合わせてタンバリン叩く応援上映あったって聞いてどんな映画かとおもってたらほんまに終始セックスやった

娘通じて自分も感じれるってすごすぎんか?
ちょっとあの神格化されすぎたセックスシーンはわろてしもたけど
あと最初のセックスで審査ってとこもちょっと笑けてもた、なんやねんそれ

松坂桃李えっっっろ!!!
全然好きじゃないけど
かっこよく思った✨

女性の色んな性癖が登場して
ちょっと怖かった💦
でも人それぞれ色んな欲があって
それを引き出してくれる
彼の存在って彼女たちにとって
普段は普通に生きていくために
必要なものなんだろうな。
おばあちゃんも出てきたのが
凄くよかった。

仕事としてやらなきゃいけないものが
やりたいものに変わってく、不思議。
松坂桃李身体張ってるなってのが最初の感想かな。人の欲望とゆうか性欲って言うやっぱり人それぞれの性癖があって、体を売ることで女性に興味なかったのが興味を持ち始める。濡れ場が多い映画ではあるものの、最初とか前半の濡れ場はすごく痛そう、とにかくなんか雑な感じあってエロいけどエロくない感じがした。
中盤はいろんな愛の形なのかそれを見たような。あとサングラスしてヤってるのは正直、笑ってしまった。あれはシュールすぎる。あとは骨折させるのは彼にとっての愛なのかも知らないが痛々しい。最後の主人公に恋心を抱いてる女性と主人公が好きな女性の前でその娘との濡れ場シーンは少しエロスを感じた。最初とは違う濡れ場のような、やっぱり一番いいのは好きなひととやることなのだろうかな。主人公の持ってる昔からの考えが彼の仕事を効率にしていく。
あとホテルの清掃員が廊下を歩く中から部屋で濡れ場にカメラが動いて切り替わったり、
下でクラブで踊ってる中上の部屋の濡れ場に切り替わりのはなんか表現が的を刺さってるなと普通に生活してる中で切れないものをカメラワークで伝えてるのかな。
例えばマンションで部屋でゲームしてるとして、隣の部屋の人は性行為中とか見えないけどもその日常的にあるものでそれを表してるのか。
わりかし面白かった。
最後に女の子を大切しろ。
原作小説が好きで、映画館に観に行きました。
監督の指示なのか、俳優さんの演技でこうなったのか、分かりませんが、ただのAVなシーンがあり、萎えてしまいました。
セクシーなシーンがあるのは、分かってますが、男性向けで、女性には向けてないんだなぁと感じました。

ネタな映画になってしまい残念です。
耳の聞こえない子が終始痛そうだったことしか記憶にない、、、😭
売春クラブの中で”普通”なリョウくん(松坂桃李)が、普通だからこそ売れっ子になり、セックスと女性の素晴らしさを知る話。
冒頭が高田馬場だったり学生証だったりで早大生やん、となり面白かった。
リョウくんはクラブパッションオーナーのしずかさんが好き。小さい頃お母さんが死んだから年配の女性が好き。

セックスシーンは気持ちよさそうに見えなくてAVっぽいなあ、と思った。家で見るときセックスシーンで音量下げるのが忙しかった。どの部分をCGで補ったり消したりしてるんだろう〜というのを探してしまう質。俳優さん達はすごいな。

いろんな気持ちよさ、感じ方を描いていて、あまり明るみにされない他人のそれを知ることができる、それがフィクションだとしても。いろんな気持ちよさがあっていいんだなと思えた。

ストーリーの進みというより、その描き方が最優先の映画だな。
感情の動きとかはおおーってなってうるっとしたとこもあったけど、BGMと喘ぎがうるさくてイヤホンして見てたけど音量ボタンで調節しながら見た。
あと失禁が性癖な女性は着衣にエクスタシーを感じたって言ってたのにストッキングと下着脱いで放尿し始めたからなんで?違くない?ってなった。そこまで気にすることでは無いのかもしれないが。
あと、ラストの2回目にさくらちゃんとSEXするシーンはなんであんなカット割りして喘ぎの三重奏したのだろうと思った。喘ぎ声に奥行きが出ただけだった。
桜井ユキちゃん可愛い。
友人に勧められ鑑賞。

正直、他人のセックスを長時間見ると精神的にかなり疲れるのがわかった。一緒にしてはいけないと思いながらも『AV観てる方が気楽だよな』って思うオイラがいた。多分SEX描写が生々しかったからか?
世の中には色々な性癖があるんだなぁ
なんか理解出来る様な世界で、実は理解出来ないみたいな、、、
個人的にはゼッタイ痛いのは嫌だけど。

全体的に闇な感じの中、SEXシーンの光りの使い方はキレイでした

セリフの中で『先が尖っている靴はダメ』ってあって、ブーツしか持っていないオイラはそう言うところも含めてダメなんだね〜😂 まいっか。
松坂桃李の濡れ場が多い映画として有名だったので軽い気持ちで見たらセックスについて考えさせられることになった映画
独りよがりなセックスであるか自問することになる作品

バーテンダーをしている主人公のところに友達がお客さんをつれてくる→客から連絡先をもらい、気になって会うことにする→セックスを点数つけてもらい無事に合格になる→これから娼婦の男版として仕事することになる→様々な性癖のお客さんを相手にしていく→ある日女友達にこの仕事がばれる→女友達に片想いされていて、女友達がお客さんとしてくる→お店が摘発される→オーナーからの手紙で亡くなった母が娼婦であったことを知る→オーナーの娘がお店を再び開いて、そのお店で仕事復活
>|