裏切りの街の作品情報・感想・評価

裏切りの街2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:132分

3.6

あらすじ

「裏切りの街」に投稿された感想・評価

森山史

森山史の感想・評価

3.9
全然怖くなんかない 人間はこんなふうだということくらい知っている。私だってそうだしみんなだって絶対そうだ みんなだってわかってるでしょう、だから憎むし許すよね
知らないふりをして怖がるふりをして上手く生きていこうとする人のことは鼻持ちならないと感じるし、自分にもあるその部分が心底嫌いだし、この映画に共感できない人と、私はたぶん仲良くなれない
木之本

木之本の感想・評価

3.5
誰もなにも選択せず、ただなんとな~く楽なほうに逃げて、、って感じ。
「何か言うことあるんでしょ?」の台詞、タイトルが全てかな
池松壮亮ヒモすぎてもう凄い。浮気がバレて浮気相手にイヤだぁ~って甘えてるシーン最高にクズ、、(笑)
やめ

やめの感想・評価

4.0
裏切るね〜
あらかた予想通りだったけど

恋の渦的な
(後々調べて監督同じに気付いた)

池松くんほんとに
奥様ウケがいいんだろうね

最後の方宮本っぽかった

そんなに憧れない方の都会と池松くんでした
メゾネットタイプの方が好きだ
大変面白かったです.登場人物がみな同じ事を考えていて、皆それぞれに言い分があります.ラストに今の世相をよく表しているシーンが印象的です.
三浦大輔は池松壮亮を脱がせがち

結婚恐怖症悪化する
ホラー映画やな…
池松壮亮って、
ほんまにクズの役似合うなあ
人が持ってるあかん部分を抽出した感じ

何より1番怖いのは旦那
てん

てんの感想・評価

3.5
無伴奏に続き、今度は池松壮亮しばり

「本当のことはひとつだけじゃない」、そこが「裏切り」ではなく「裏切りの街」である理由かなとおもった。

主人公二人がなぜだかかわいそうに見えてくる(よくないことしたのに変わりわないのに)。
クズな男の役をやらせて池松壮介の右に出る俳優はいないのではないか。あと濡れ場。
浮気がばれてどうしようといいながら浮気相手の女に甘えて、そのまま激しく突入するシーンが良かった。BGM含め。
軽薄で軽率で、だらしなくて、でもよくわからないプライドがあるヒモ、リアルすぎる。
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

3.7
「えっ、あっ、あの、なんだろうなぁ~、ちょ、ちょっといいっすか?」

これは評価高いわけだ、非常に面白い♪

心の隙間を埋める何かは、人を裏切る何かでなければいいと思う。

後悔先に立たず。
Risako

Risakoの感想・評価

2.8
池松壮亮のヒモっぷりがすごい
総じて不快だった。。自分が映画に羨望とか憧れを求めてるんだと気付いた
R

Rの感想・評価

3.2
ドギマギした演技がすき。

ラストを期待してなかった分
後半ぐらいからだんだんと
タイトルの意味が繋がり、
なるほど〜って
面白かった。
>|