裏切りの街の作品情報・感想・評価

裏切りの街2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:132分

3.5

あらすじ

「裏切りの街」に投稿された感想・評価

ryuka

ryukaの感想・評価

3.5
みんなそうやって何もないようにして一番近くに居る人に隠し事をしてバレないように嘘をついて。
苦しくないのだろうか?面倒臭くならないのだろうか?
ぼんやりした光が作品全般を包み込み、登場人物の闇を隠すかのよう。
共感はしないが、分かる、その社会観。
Shizuku

Shizukuの感想・評価

3.6
展開が気になって見入ってしまった。ドロドロの結末を期待していたが案外フワッと終わってしまい拍子抜けした部分がある。登場人物がみんなそれぞれ秘密を抱えている中でそれでも夫婦や恋人、友人関係を保とうとしているのを見て、これが世の多数派の人達の生き方なのかなと思ってみたり…。主演二人の演技もとても自然で良かったです。
フリーターのひもの役がこんなにもぴったりだなんて。池松壮亮の浮気してきたあとの声のトーンや話し方の感じがうますぎた。なんとなく裏切る、って一番こわい。でも、裏切りなんて結局、なんとなくの果てにあるものなのかも、と思った。
TT3

TT3の感想・評価

3.3
夢の無い話だし、そんなのわかってて観てしまったが、主役の二人はなんてこの作品にピッタリなんだろうと感心してしまった。

グダグタ感に背徳感にエロスに汚らしさ。見事なキャスティングでした。
たまたま見たんですけどね、もっと濡場を増やして欲しいしもっと見せて欲しかったですけど。
でも悪くない!結構好きなシチュエーションです。
駆け引きの言葉がバレバレなのとか、荻窪にホテルがないから西荻で待ち合わせるのとか生々しくていいな。なんでも悪いことはバレないようにやらなくちゃね。荻窪の喫茶店あした行く。
りぃ

りぃの感想・評価

4.4
目の前にある愛は本物か?偽物か?
場面場面だけ切り取ると愛し合ってるように見える男女。が、意外と相手の知らない顔があったり偽りがあったり。
偽りと偽りで成り立ってる2人でもむしろそれが上手くいったりしたりしなかったり。
愛ってなんだ?笑
皐

皐の感想・評価

-
「人は、何となく、人を裏切る」

…自分は嘘つきだから他人の嘘に気づいてしまう。まさか椎木知仁は菅原裕一なのか?
優しくされても優しくしても、理想の相手と付き合っていたとしても人は人を裏切るのならもう恋愛に於いての絶対なんて絶対に無いのだ。
息をするように嘘をつく、とはこの事。
女はやましい事があると旦那や彼氏に優しくなると言うけれど、結局心の空虚な部分を他の男の優しさで埋めてもらってるんだから当たり前。Aには無い部分をBに埋めてもらう事で人に優しくできるのは客観的に見たら残酷だけど真理だな。罪悪感から優しくする人もいるんだろうけど、そんな罪悪感背負ってるならまだ改善の余地がある人なんだと思う。相手が許すかどうかは別として。裕一と彼女の喧嘩シーンが1番怖いリアルすぎて。前々からの不満を引っ張ってくる感じがとても。リアルすぎて。(大事なことなので2回)

いやこれ映画の感想じゃなくてただ薄っぺらい自分の恋愛観の一人語りじゃね?ヤバ

この映画のストーリーよか俳優陣の演技力が何よりも怖い。罪悪感は人の欲望を掻き立てる説濃厚にした映画だった。
「本当の事はひとつじゃないんだよ。」
「ちょっと何言ってるか分かんないっス」

主題歌に銀杏BOYZあざっす!ローターは一切出てこなかったけど!峯田和伸は存在がエモい(エモい)
Shihori

Shihoriの感想・評価

4.0
真実は一つじゃない

ある見方をしたら最低なんだろうけど、
分からなくもない
隠し事の1つや2つ、みんな持ってる
なんとなく生きてる感じがしてない生活から逃げたくなる時もあるんだろうな
あるいは言葉では責められてないけど、自分に負い目があることで息がつまることもある
みすず

みすずの感想・評価

3.8
“人は、何となく、人を裏切る” のコピー通りみんな悪意がある訳じゃない。
のに何となくで、曖昧にしてグレーにして結果的に裏切ってる。

裏切り行為が悪ではなくてなんだかクスっと笑えてしまうようなポップさで描かれてる(実際にあったら笑えないんだけど笑)。
池松くんがクズ松すぎてもはや愛しい。
クズ松が家にいたら私も毎日2,000円ずつ渡して甘やかすかもしれない笑
女をダメにする男、池松壮亮。最高。

あと、舞台が吉祥寺、荻窪、西荻窪、東中野なんで中央総武線ユーザーとしてはそこもたまらないです。
西荻窪のあのシーンが本当最高最高最高すぎるから……観て!そこだけでも!笑

そしてエンドロールが終わってもまだ席を立たないでね。
>|