娼年の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.1

あらすじ

「娼年」に投稿された感想・評価

aki

akiの感想・評価

2.5
噂の映画を鑑賞。
好青年イメージの俳優さんだったが、観た後もあんまり印象は変わらなかったかな。
うーん。
ジャケの、大人の色気・未成年の危うさみたいな表情には惹かれたけれども。

主人公の心が綺麗すぎないかしら。
内容も、私にはそういう目でしかみれず。
最後の方の演出も、なぞ。
うーん。

桃李くん始め、体当たりの演技には称賛を送りたい。
H

Hの感想・評価

3.0
全くこのような作品に興味がなく、好きな俳優が出演している訳でもないのに映画館にて鑑賞。

この作品の感想を一言で表すと「短編性癖集を観ている」です。
色々な性癖を持った訳アリの人たちが娼年である松坂桃李さん演じるリョウに性欲を満たすために手伝ってもらう。
個人的に特に印象に残ったのは、猪塚健太さん演じるアズマが出てくるシーンです。究極のマゾヒストで出てくる度に思わず顔をしかめてしまうほどの痛みが作品から伝わってきました。

松坂さんは特に好きでも嫌いでもない俳優ですが、声がとても艶っぽく色っぽいので耳元で囁かれたらどんな気持ちになるのだろうと考えてしまいました。

世の中には色々な性癖を持った人が、その事を秘密にして生きていると考えるとどこか寂しく切ない気持ちになります。
Shunsei

Shunseiの感想・評価

2.5
開始5秒で男性の生尻とピストンが映ったので、こりゃまずいMM号でも見てるのかなと思ったら映画だったので今後は見ません。
純愛ラブストーリーです。
chuna

chunaの感想・評価

3.0
完全にAVだがめちゃくちゃ大爆笑するシーンもあった。凄まじくて映画館では堪えられない。腹抱えて笑うくらい笑ってしまった。
虎丸

虎丸の感想・評価

3.5
松坂桃李さんの"""禁欲3ヶ月の刑から解き放たれた中学生男子""""みたいな女体の貪り方がとってもとってもエチピ☆
男優・松坂桃李による、マジメなAVでした。
でも、熱海の旅館のシーンとか、もうコントですよね🤣 終盤の真飛聖と冨手麻妙のシーンも、あの演出なに?🤣 昭和の深夜のお色気番組かいな。
笑わせにきてるのか、大マジメなのか。

しかし、松坂桃李はよくやったよねー。それは本当にスゴいと思います。女優さんたちも。大学の同級生役の桜井ユキがすごく良かったです。
松坂桃李のことは好きでも嫌いでもなかったけど、この映画を観て新しい魅力を感じたかというと、特に何も変わりませんでした😅
AVさながらのベッドシーンの連続だけど、なぜかエロさを感じないんですよねぇ。
ずっと笑ってしまいました😅

シーンごとに毎回、街の名前を表示するとか、全体的に演出が古臭いのは、わざとなのかなぁ。
あと、ジャズっぽい音楽も安っぽくて邪魔してる😅

女性の欲望の解放を描いているんだろうけど、登場する女性がみんな小綺麗で、社会的には成功して満たされているような人ばかりなので、どうしてお金で男を買うのかという背景がいまいち心に響かなかったなぁ。
遠い世界の話って感じでした。

とはいえ、退屈することなく、最後まで楽しんじゃったけど。
Yoshishun

Yoshishunの感想・評価

3.7
作品の性質上、あまり多くは語りませんが、思ったことを述べます。

・喘ぐ松坂桃李が新鮮
・冨手麻妙はさらに女優として進化
・ストーリーは共感できない、大学行け
・前半はウットリ&ドキドキ、後半は爆笑
・西岡徳馬の暴走が面白い
・R18+は妥当
・あの早さだと絶対に痛い
・再試験を描くクライマックスは舞台を観てる感覚
・これ応援上映の様子を見学してみたかった

意外と楽しかったです。
佳作。
ツツジ

ツツジの感想・評価

2.5
石田衣良か…と思ってしまう。
松坂桃李を鑑賞する映画。
好青年だけどどこか湿っぽい? 生々しい? 感じの絶妙さ。
話はただのエロ。
げん

げんの感想・評価

3.5
2020年 26作目

終始手マンが痛そうすぎる

違う意味で面白い
>|