娼年の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

石田衣良さんの大ファンの自分としてもなかなかいい映画だとは思ったんだけど字だから分かる良さを再確認した作品ですわ。
そうはいっても桃李くんがやることでここまで上品な性描写を撮れたことにキャスティングの良さがでてたよねー

変によく分からないミステリーとか映画化するんじゃなくてこの作品に目をつけたのは素晴らしい!!

みなさんもエロいとかで敬遠するのではなく原作も素晴らしいので「娼年」「逝年」ぜひ読んでみてください
り

りの感想・評価

4.0
新しい価値観がやんわりみえたから4.0。
1人で観に行ってよかった。
たけ

たけの感想・評価

3.7
桜井ユキさんの100点満点のセックスに救われ成り立っている。感動して泣くかと思った。地名の表記は絶望的にダサい上、全く存在価値を感じない。松坂桃李の喘ぎが大きいことやAV的なセックスがややリアリティがなく、おしゃれな、あるいは突飛な脚色が加えられている点が愛の渦の妙に現実的な空気感とは対照的に映った。
AVでコメディでファンタジー
西岡徳馬も江波杏子もなにやってんの笑
あとあと思い出すのはクスッとしたシーンで案外面白かったんじゃない?とこれが錯覚なのか本当なのか
カップルと一人鑑賞のおじさんはどういう??って思った
ちょっと酷すぎる。
単なるエゴイズムの押し付け。

どうした三浦大輔・・・
にた

にたの感想・評価

-
映画かって聞かれたら、映画ではない。って答えると思う。
これの何がすごいって松坂桃李の顔が良すぎることでした。
濡れ場多いんだろうなぁとは思ってたけど、ここまでとは思わなかったし、なんかよくわかんないまんま進んでいって、どういう気持ちになってほしかったのかよく分からんかったな
総じて微妙。
役者さん達はほんとすごいなぁって思ったけど
エロ映画の皮を被ったギャグ映画としてずっと見ていたけど、
たまに原作の良さや、良い映画の雰囲気を出して来て、鑑賞する側の心構えみたいなものを崩される。心がザワザワする映画。
観て損は無いと思います。

ただ、映画館で観るのはオススメしない!
松坂桃李を見たい勢と、
松坂桃李のおしりを見たい勢と、
なぜこの映画を選んだんだと不思議なカップル勢と、
一番の謎おっさん一人鑑賞勢が入り乱れる空間で、
延々とセックスを見せられるカオス状態。
常人には耐えられないんじゃないかと思う。

DVDで観て下さい。
レンタル料はきっと西岡徳馬さんが取り返してくれる事でしょう。
ankyh

ankyhの感想・評価

3.0
こういう話は、小説で読んで想像を巡らすのがいいんだろうな〜と、思いました…。
題名の通り、濡れ場が多い映画だとは思いましたが、予想以上でした。
松坂桃李、頑張ったな〜って感じ。もちろん、女優さん達もあっぱれです。
小説は読んでないけど、途中に、コント?とも取れるような演出で、はぁ?って首を傾げたくなるようなシーンが多かったな〜。
どうせ映像化するなら、もう少しゾクゾクする感じが欲しかった。ちょっとワンパターンで、後半は飽きてきちゃった。
仕事仲間の東くんの役は、引退してしまった成宮寛貴を思い出してしまった。
愛の渦の監督だったんですね〜。
池松壮亮と、門脇麦の…
こっちは面白かったな〜。
marissa

marissaの感想・評価

3.4
お尻の上のほくろと
お尻の筋肉。

あの大画面で見るお尻と
音!

ある意味で映画館で見るべき映画。
Titie:娼年
監督:三浦大輔
主演:松坂桃李

石田衣良の原作を実写化したR18作品。幼い頃に母を亡くした20歳大学生の領。

女性、セックスをつまらないものと見下していたが、バイト先のバーで会員制ボーイズクラブ『Le Club Passion』のオーナー・御堂静香と出会い娼婦になる。

娼婦の仕事を続けていく中で、領は客の女性にも自分と同じように人に言えない悩み、弱みがあり、自分も過去の暗い思い出もあることから客の願いを叶えることになっていく。

リピーターもつき、数万円プレイヤーのVIP専門の娼婦になった領。しかし、仕事の内容が大学の友人にバレてしまい…みたいなところが大まかな流れ。

多分、セックスのシーンは7回ほどあって、激しいもの、羞恥プレイ、ボーイズラブ、なぜか笑えるものなど多数。そして哀愁漂う悲しいセックスというものもある。

娼婦という仕事を通じて心に傷を負った青年が成長していく話で、食わず嫌いせずに観たい作品。

役者の演技力、そしてイカしたジャズなどの音楽が良かった。

#映画 #映画好きな人と繋がりたい #映画鑑賞 #movie #movienight #娼年 #松坂桃李 #石田衣良 #新作
>|