牝猫たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「牝猫たち」に投稿された感想・評価

んゃぴ

んゃぴの感想・評価

3.0
ラブホで見た
リアルなようでフィクションの様な

ここまで場末のデリで働いてる知り合いはいないからなんとも言えんけど

村田こういう役似合うね!
白石和彌監督、初のロマンポルノ映画!

評価☆3.3だったから見るかどうか迷ってレビュー読んでたら「トロサーモン最高!」ってコメントがちらほらあったから見てみた。二人とも確かにいい味出てた。

オススメかと言われると決してそんなことはないし、もう二度と見ないと思うけれど、なんとも言えないちょっとだけ前向きな(?)終わり方で、85分しかなくてさくっと見られて白石監督作品ファンとして見といて良かったかな。
三人のデリヘル嬢が、それぞれで人生の虚しさを感じながら日常を過ごしていく中で、それぞれの顧客となる男性との接触をきっかけに彼女たちが心のどこかで刺激を求める様子が描かれているのですが、顧客の男性たちも同様にどこか人生に満たされていない感じで、双方の心の隙間を埋めるための手段として、セックスという非常に人間の本能的な行為に解決を委ねる様が、すごく動物的で、また、そこに何らおかしさを感じない点に関して、自分も人間という動物だからなんだろうなぁと感じました。それぞれの心の隙間がそれぞれの形で本能的にセックスに至っていく流れが、人間を捉え切った美しい展開だったと思いました。
青ネコ

青ネコの感想・評価

3.4
泣きたいことと辛いことと楽しいことと不安なことと。生きてりゃいろいろあるし生きてかなきゃいけないから。デリヘル嬢にも利用する客にもいろいろあるんだなって話。
妙にリアルに感じるとこもあるけど、お話としては綺麗にまとめ過ぎな気もする。でもその分お話として楽しめる展開になってるんだと思う。R18だしロマンポルノリブートということなのでエロい場面が多いんだけど、エロメインで押し切るようなくだらない映画では無いかなと。
まだ観ぬ白石和彌館監督を探そう週間。渋谷でも新宿でもなく池袋。5〜6年前の映像だけどもっと古く見えるのは女優さんたちの衣装とメイクに時代を感じるからか…平成感がすごい。
miina

miinaの感想・評価

1.0
白石和彌監督の作品はやっぱり自分に合わない。ロマンポルノとして出された作品だが、ポルノとしてはこの作品の生々しさがあまりにも気持ち悪く感じるしロマンもクソもない救いようのないストーリーの上に自分を正当化することしか能のない馬鹿な登場人物ばっかり。
中本

中本の感想・評価

3.0
ハッピーエンドでもバッドエンドでもなく
ただ大きく変わらん日常が続く。
R

Rの感想・評価

2.3
とろサーモン
村田がめちゃくちゃ俳優してて久保田はめちゃくちゃにされてた
ichi

ichiの感想・評価

2.6
東京。
漫喫暮らし、不妊症、シングルマザーの3人のデリヘル嬢。
好きでもない人に体を売る日々。
そんな彼女達を描く群像劇。

それぞれ体当たりの濡れ場があっただけで、よくあると言えばなんだかそれは悲しい世界だか、夜の世界にはありふれていて、ありきたりな背景、出来事だと感じた。
なんも知らんけど。

裏を返せばリアルを描けているということか。
知らんけど。

なんとなく観ていて、好きでもない人に体を売って、お金を貰って、帰るその夜道。
緊張の糸が切れた安堵や罪悪感、後ろめたさとか、不安、虚しさを感じてる中で、一瞬風が吹いたときに、ふと肯定感を得て安心を覚えるそんな瞬間があるような気がした。

知らんけど。

快楽もいいけどなにが残るの?という歌詞を思い出す。
なにか残るものを見つけてほしいし、気づいてほしい。そして、それを大切にしてほしい。

このレビューはネタバレを含みます

彼女たちの仕事の1番の交換条件は、関心もない"何人もの客"を相手にすること、ただ相手すればするほどお金が貰えるということ、だと思うのだけど
高3の夏、地元が嫌になっちゃって、池袋の塾に通うという名目で1ヶ月池袋に住んだことがある、あの、新宿にも渋谷にも東京駅にもなれない街(池袋に住んでるかたすみません)だなあといつも思っていたんだけど、その感じが彼女たちとマッチしてて良かった
>|

あなたにおすすめの記事