牝猫たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「牝猫たち」に投稿された感想・評価

白石和彌作品だったのでそれなりに期待して見たが、真面目なシーンの台詞がいちいち安っぽいのと展開にやや無理があり興ざめ。池袋の見慣れた風景がよく撮れていただけに残念(東口ばかりなのが気になったが)。シングルマザーの人はこういう人いるなあと思いながら見ていた。
こやま

こやまの感想・評価

3.0
深すぎず、浅すぎず。

デリヘル嬢ってだけで偏見とかあったりしてしまうけど、悩みだってあるし誰かに必要とされたいし誰かを必要としていたい。
そんな感じなのかな。

白石監督がこの作品を撮った意図をすごく考えてしまいました。でも答えが見つからない。
難しい作品でした。
Kensuke

Kensukeの感想・評価

3.4
普段考えることもないけど、
誰かに必要とされる事って重要な生きる理由になるんだと思った。
と同時に親が子から必要とされる事には絶対に応えなければならないとも感じた。

という事は会いたい人、飲みに行きたい人を誘う事は躊躇しない方が良いって事ですね。

ポルノという物を観たことがなかったけど、
これがポルノならポルノも悪くない。
mi

miの感想・評価

3.2
初めて見たポルノ映画。デリヘル嬢のそれぞれの生き方がリアルだった。
とし

としの感想・評価

4.2
さすが白石和彌監督だけあって社会派でかつエンターテインメントしている。 オマージュしている元ネタの作品は観たことないが、きちんと現代社会の闇を浮き彫りにしている上に、昔ながらのロマンポルノ作品に仕上がっている。 社会派で泥臭いのに時折見せるコミカルなドラマが白石和彌の作風であると思うが、その作風とロマンポルノの相性が非常に良いんじゃないだろうか。
Rainbow30

Rainbow30の感想・評価

2.7
日活ロマンポルノ・リブート企画のうちの一作。
白石和彌監督、けっこう頑張った。今回のリブート企画の中では一番の出来かも。

池袋を舞台に描かれる(決して若くはない)女性たちがデリヘル嬢として仕事するうちに様々なドラマが生まれていく。
彼女たちは、ネットカフェ難民だったり、シングルマザーだったり、不妊症だったりする。

ネットカフェ難民の女はデリヘル嬢として派遣された10年ほど部屋から出ていない男とセックスする。(後半のビル屋上での強風の中でのセックスシーンは寒そうである。)

シングルマザーは、子供を他人に(金渡して)預けている間にデリヘル嬢の仕事する。
漫才している男と知り合いになっていく。
この子供の上空で風が吹いて、木が揺れて、手に持っているオモチャの怪獣が空を飛んでいくシーンは、ややシュールである。

不妊症の女は、結婚しているが、夫が若い女を作ったりしているので、自分もデリヘル嬢している様子。

物語の途中で、SMクラブでの緊縛シーンがあるが、ここで白川和子を出演させているあたりは、日活ロマンポルノへの表敬を感じる。

物語もしっかりしていて、ロマンポルノっぽく所々で濡れ場が入って、結構良くできた映画。

池袋を舞台にしているので、新文芸坐(映画館)の隣のビルまでは映っているのだが、惜しいところで新文芸坐が映らなかったのは、惜しかった。
白石和彌監督作品
過去鑑賞

それで観た記憶。
すみません内容を忘れています🙏
まゆ

まゆの感想・評価

1.0
くだらな〜! 時間無駄にした
白石監督なのに
セリフも演技も安っぽくてなにも入ってこない
AiRi

AiRiの感想・評価

1.5
吉村界人くん目当てで鑑賞、なのにフェードアウトとか笑
さらにとろサーモン笑笑
綺麗な人は一人もいなかった…
6

6の感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

●鑑賞日 : 2021.04.07 正午
鑑賞方法 : DVD宅配レンタル | TSUTAYA

青い服の子、胸が胴の半分くらいの位置にあるんだけどどうなってんの?w
風俗に興味がある男は楽しめそうだけど、経験者の女性が制作したようなもっとドロドロしてて心えぐられる作品ないかな〜。この風俗嬢のみんなはむしろ平均以上の幸せを感じてるように見えるw
観ても意味ない感、気分転換にならない作品。

一度見たことあったと見てる途中に気づいたけど、ほぼ記憶ない。


●鑑賞日 : 2016〜2018?
鑑賞方法 : DVDレンタル | ?
>|