宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇の作品情報・感想・評価

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

加藤、その選択はおかしいだろ。そこで波動エンジンを停止させてヤマトもろとも沈んだら、その薬はどうやって子供に届けるんだ。生き残ったとしても、地球にいる人類は子供も含めて全滅しているはずだ。子供のことで冷静な判断ができなくなっているとはいえ、加藤はそこまでバカじゃない。
冒頭のデスラーとテレサの件は少し泣きました。

後半の艦隊戦はド派手で口が開いてしまいました。あれだけ大量にワープアウトしてきたらぶつかったりしないのかな? とか思ってしまいました。

とにかくこのシリーズはダイナミックなシーンが多くて、今時のアニメだなと感じることが多々あります。というか、もうほぼ3DCGアニメーションになってますが(笑)。

個人的には完全3DCGのゴジラより遥かに熱を感じていて、そこは製作している皆さんの「宇宙戦艦ヤマト」という作品への思い入れが強いのかなの感じました。もちろん観ている私も思い入れが強いということもありますが。

ここまで来たら、かつての「愛の戦士たち」とは別物のつもりで観ていますが、それは本当に最後まで見届けないとわかりませんね。

ところで、予告に登場する「銀河」って昔の設定にあった「武蔵」だと思うのですが… 気になる方は検索してみてください。

ところで2、あのでっかいバフンウニの上にくっついてるのって「アレ」ですよね?
Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

4.0
さて第5章最新作です。
濃密な脚本は今まで通り、最新の映像技術を使った艦隊戦のアニメーションも見応え充分でした。
が、なんかこうもの凄い数のズラーッと揃いすぎてる宇宙船団ってちょっと不自然な感じもしたかな。
次章の予告で一番驚かされましたw
滝和也

滝和也の感想・評価

3.5
間違いとは
正さなねばならぬもの

だが人は間違いを
繰り返すものであると。

波動砲艦隊、今、土星沖開戦
に突入す。

「全艦マルチ隊形!」

「宇宙戦艦ヤマト2202
愛の戦士たち 煉獄編」

前作2199にて出渕裕監督は見事な才気により、嘗て無い、リブートを行った。だが、唯一の間違いはデスラー総統の扱いだった…。彼は…愛の狂乱者ではない。彼は民族を守り、愛を知る悲しき独裁者であった筈だった。故に旧作には至高の台詞があった筈だ。

「俺たちは戦うべきではなかった…。愛し合うべきだったのだ。」と…。

だがその、間違いは今作で正された。デスラーは再び愛を知る、愛を求める、悲しき独裁者の美しき衣を纏う。前作では絡まなかったテレサ、そして血縁を語ることで。更に愛を知るもの達の縁と和を持つことによりストーリーは紡がれていくはずだ。

それはいい…。

だが人は間違いを再び犯す。


※ネタバレになるので未見者は撤退せよ!



加藤三郎は断じてあんな男ではない!

残念だ。彼はコスモファルコン隊、コスモタイガーⅡ隊の隊長である。ヤマトを守り、地球のために、最も生命を投げ出した航空隊の隊長であり、その崇高なる生命の使いみちを見てきたはずなのだ。

だからこそ、もう一度言う…断じて彼はそんな男ではない。

嘗て神谷明の声をもち、自らの命をかけ、古代達の命を救うため、コスモタイガーの銃座でひとり奮戦し機体を守り続け、絶命するまで、友と地球のため、戦い抜く誇りある男である。その男を貶めることは許されるものではない…。

間違いを正すこと、正されなければならない。次巻はそこに期待したい…。

期待した土星沖開戦も、残念だ。前作を戦闘シーンで、初めて下回った。アイデアや見せ方の部分で。ヤマト2の開戦は見事な心理をついた作戦展開を見せてくれた。今作で山南アンドロメダ艦長は語る…。

「物量を過信する愚かものよ!」

正にその台詞を制作者に叩きつけたい。物量よりも旧作のようにアイデアはなかったのか。戦術なき戦闘シーンはアッサリ目にならざるを得ないのだから…。

前作までの期待感は次作に感じない。だがその失望を変えてくれることが、できるラストの戦いが更にその先に待っていることをオールドファンは知っている。だからこそ、巻き返してほしい。

刮目して待っている…。
2018/6/2 MOVIXつくばにて鑑賞。

前作の期待を返して欲しい。

そして、本シリーズは、
"オタクの作った自己満ヤマト"
という感じがして鼻持ちならない。

ズウォーダーもそうだったが、別にわざわざ過去を描かなくたって、セリフや現在の行動で想像できるし、何でもかんでもこじつけるのはセンスが無いと思う。
愛がテーマでも、これじゃ安売りだ。

そのくせ、大好きな土星決戦やバルゼーも至極あっさり。
火焔直撃砲は前章の映画版で出たし、拡散波動砲も第一章で描いているから、ただただ撃ちまくるだけの艦隊戦には、驚きも感動も無かった。

でも、山ちゃんデスラーは相変わらずカッコいい!ここが1番の見どころ。
昔と今の使い分け方もさすがだし、特に古代に放つセリフが痺れるねぇ!

あとはゲスト声優に"あの人"が出てたので、オマケの点数。
マサ

マサの感想・評価

3.0
デスラー家と惑星ガミラスの知られざる事情が明らかに!それにしてもデスラーの声と言葉のチョイスが渋すぎる!煉獄編とあってサラッと究極の選択を迫ってきてたな。愛ゆえに地獄へ。そしていよいよ女艦長の出番ですか。どれだけやるか見せてもらおうか。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
2018-088-080-008
2018.5.27 大阪ステーションシテイシネマ Scr.1

・『知ってどうする。今更それが何だと言うのだ。』
総統かっけー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
・(゚д゚) まさか!?(; ̄Д ̄)
・戦闘演出。創作って奥が深い。(^_^)

大阪の部屋の解約引渡し日!
やって来たぜステーションシティシネマ最大のスクリーン1!!
フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪

今回は、大阪を離れるお餞別として、知合いのフォロワーさんに頂いたムビチケで鑑賞してきました♪(^_^)

LALAmariruさんありがとうございました~♪
フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪

さて本編f(^_^;

物語全体の中で、重要なピースとなる回でした(^_^)

明らかになる真の姿。
デスラー、キーマン・・・
・・・そして・・・
ガトランティス。

『知ってどうする。
今更それが何だと言うのだ。』

『だがそれでも。
それでも、私は・・・』

ぐっとくるぜ!デスラー総統!
。・゜゜(ノД`)
第2作目でキャラチェンジするのは、オリジナルからの伝統ですなぁ♪
ヾ(≧∀≦*)ノ〃(爆)


そして物語は、地球とガトランティスとの本格開戦を迎える。

一時は優勢に押す地球連邦艦隊!
( ̄▽ ̄)b!
だけど・・・

(; ̄Д ̄)?

(゚д゚)( ゚д゚)ポカーン

凄い!
まさか!!
そんな風に来たか!?(; ̄Д ̄)

・・・で次回『第6章回生編』に続く!
ですっ!(*`Д´)ノ!!!

・・・
・・・何のことか分からないでしょ?
f(^_^;

でも説明したらネタバレになっちゃう
。・゜゜(ノД`)

えっ?手抜き?
レビュー貯まってんだろって?
いや確かに貯まってますけど・・・f(^_^;(笑)

ま、もう少し書かせて頂くと、

(以下、ネタバレではありませんが、未鑑賞の方で先入観なしに新鮮な感覚で鑑賞されたい方は読まないで下さい。)

先述したように、今回は話として重要です。多分何度か見返す話でしょう。

デスラーかっけー♪って感動しました。
ガトランティス凄っ!( ゚д゚)ポカーン
って回です。
楽しみました(^_^)

ではなぜスコアがそう高くないのかと言うと・・・
(個人の見解です(ФωФ))

ストーリーではなく構成・演出の問題ですね。

前半2話は過去の振り返りや説明が多くて少しテンポが悪く感じました。
でもまぁ、連ドラの中ではそんな回もあるよね。
総統フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
って感じ♪
総統愛はオリジナルより進化してるかも(笑)

後半2話。
戦闘の連続なんですが、なんだか平板で。
白色彗星の設定なんか凄いんだけど、もう一つ盛り上がりきれなかった。
戦闘演出の問題かなと。
CGで描く艦隊戦は、良いところと悪いところが両方出ていた気がします。
そして、後で昔のヤマトを観ててふと思ったのだけど、被弾して艦内で人が吹っ飛ぶシーンとか殆どなかったような・・・
あれってアクセントになってるんだなぁ。
創作って、奥が深い。(^_^)

てな感じで、特に後半の平板さが気になりました。
話自体は面白かったです(^_^)
ヤマト的見せ場も十分作ってあったしね。

次作が楽しみすぎる!(* ̄∇ ̄)ノ
beplum

beplumの感想・評価

3.5
ついに5章まで来た。
キーマン、まさかそう来るとは。
山ちゃんの若デスラーと今デスラーの演じ分けがよかった。
大いなる和とか縁とかなんか頭よさげで苦手。
2199の陽気さが懐かしい。

まぁそうなるとはおもったけど艦隊になったアンドロメダ級は壮観。でもやはりワンアンドオンリーなヤマトこそ主役だなぁと思った。

桂木透子のタンクトップがえっちすぎる……甲斐田裕子ボイスもやばい……好き……。
kazuki

kazukiの感想・評価

4.2
1章から観てきたけど一番良かったと思う。
疑問点があるなら1つ、土星沖での海戦でなぜ艦隊は土星の強力な重力に引っかからなかったのかというところだけ。

前半のデスラーの過去とキーマンについて、この話はすばらしかった。一概に悪いものとは言い難い。物事には様々な側面がある。それについて、改めて考えさせられた。

後半戦の土星沖海戦、これはこれで迫力がすごくワクワクさせるものである。しかし、波動砲連発大丈夫?って思ってしまったり、上記の疑問があったりした。

終盤もとても考えさせられるので、やはり一番良いと思える。
ヤマトファンでして。

まぁ、今更ですが「さらば」とは別物ですね、この作品。

土星中域での艦隊戦、昔のセル画では考えられないような絵、数?でした。輪っかの中から出てくる主力戦艦はえかったですねぇ。
前半はデスラー、後半は土星沖とてんこ盛りの状態です。

〝山南、お前は最善を尽くした〟
第6章が楽しみです。
>|